Dynamics 365 Guides でユーザーに著者やオペレーターのロールを割り当てる

Microsoft Dynamics 365 Guides 管理者の場合、ユーザーに 著者オペレーター のロールを割り当てて、アプリでできる操作を制限できます。 次の表に、各ロールによって付与される権限を示します。

ロール 説明
著者 PC アプリと HoloLens アプリを使用してガイドを作成、編集、操作します。 著者 ロールを持つユーザーは、既存のガイドの名前を変更したり、非アクティブにしたりもできます。
オペレーター HoloLens アプリを使用してガイドを表示および操作します。 オペレーター のロールを持つユーザーは、ガイドを開くときに モードの選択 ダイアログ ボックスをスキップして時間を節約することもできます。

重要

Dynamics 365 Guides のセットアップ時に Dynamics 365 Guides を試用や購入して展開する のトピックの指示に従った場合、追加したユーザーに 著者 ロールが自動的に割り当てられています。 特定のユーザーに 著者 ロールの権限を与えたくない場合は、そのユーザーに オペレーター ロールを明示的に割り当てる必要があります。

前提条件

ユーザーのロールを変更する前に、次の前提条件を満たす必要があります。

ユーザー ロールの割り当て

  1. Power Platform 管理センター を開いて、管理者の資格情報を使用してサインインします。

  2. 環境 ページが表示されない場合は、左側のウィンドウで 環境 を選択して開きます。

  3. 作業する環境を選択して その他の環境アクション (...) ボタンを選択し、設定 を選択します。

    設定コマンド

  4. ユーザー + アクセス許可 を選択してオプションのリストを展開し、ユーザー を選択します。 Dynamics 365 にサインインするよう求められた場合は、必ず管理者の資格情報を使用します。

    選択されたユーザー

  5. 以下の手順のいずれかに従います。

    • ユーザーが既に一覧に含まれている場合は、手順 6 に進んでユーザーのロールを割り当てます。

    • 1 人以上のユーザーを追加する必要がある場合は、ページの上部にある ユーザーの追加 を選択し、ユーザーの追加 ダイアログ ボックスにアカウントの詳細を入力してから 追加 をクリックします。 詳細については、このトピック後半の「トラブルシューティング」セクションを参照してください。

      注意

      この方法でユーザーを追加すると同期がトリガーされるので、 ユーザーは数分以内にインスタンスに追加されます。

  6. ページ上部の Manage users in Dynamics 365 (Dynamics 365 でユーザーを管理する) を選択します。

    [Dynamics 365 でユーザーを管理する] コマンド

  7. 1 人以上のユーザーを選択してページ上部の ロールの管理 を選択します。

    [ロールの管理] ボタン

  8. ユーザー ロールの管理 ダイアログ ボックスで、必ず Common Data Service ユーザー チェック ボックスを選択します。

    Common Data Service ユーザー チェック ボックス

  9. 選択したユーザーに対して適切なロールのチェック ボックスを選択して OK を選択します。

    著者とオペレーターのチェック ボックス

トラブルシューティング

セキュリティ ページ (Dynamics 365 > 設定 > セキュリティ) にユーザーが表示されない場合は、Power Platform 管理センターで、ユーザーの追加 を選択します。 ユーザーの追加 ダイアログ ボックスでアカウントの詳細を入力し、追加を選択します。 この操作は、同期をトリガーします。 ユーザーは数分以内にインスタンスに追加されます。

Power Platform 管理センターでユーザの追加

関連項目

Dynamics 365 Guides にユーザー アカウントをさらに追加する
ガイドの作成の概要
ガイドの操作の概要