財務諸表での列の定義

この記事では、列定義に関する情報を示します。 列定義は、レポートの各列の内容を定義する、レポート コンポーネントまたは構成要素です。 行定義のように、基本的な列の定義は、複数のレポートに使用できます。

列定義の作成および変更

列定義は、2 ~ 255 の列を含めることができます。

列定義の作成

  1. レポート デザイナーのナビゲーション ウィンドウで、列の定義をクリックします。
  2. ファイルメニューの新規をクリックし、列の定義をクリックします。
  3. 列定義の内容を追加します。

列の定義を開く

  1. レポート デザイナーのナビゲーション ウィンドウで、列の定義をクリックします。
  2. 列定義をダブルクリックして開きます。

列定義に列を追加

  1. [レポート デザイナー] で列定義をクリックし、変更する列定義を開きます。
  2. 新しい列を挿入する列を選択します。
  3. 編集メニューで、列の挿入をクリックします。 新しい列は、選択した列の左側に表示されます。

列定義から列を削除

  1. レポート デザイナーで、列の定義をクリックし、変更する列定義を開きます。
  2. 削除する列を選択します。
  3. 編集メニューで、列の削除をクリックします。

列定義の内容

列定義は次の情報を含みます :

  • 行定義の説明の列
  • 財務データからのデータ、Microsoft Excel ワークシート、列定義の他のデータに基づく計算を示す金額列
  • 列の書式設定
  • 属性列

この情報は、列定義の次の領域に表示されます :

  • 列定義のヘッダーの領域には、レポートに表示されるヘッダーのテキストと形式が含まれます。 ヘッダーは、1 つのデータ列、複数の列にわたるスプレッドに適用、または条件付きの列に適用できます。 列定義には必要な数の列ヘッダー行を含めることができます。 注 : 列のヘッダーはレポートの各データ列に適用されます。 レポート ヘッダーはレポート全体に適用されます。 レポート定義の ヘッダーおよびフッター タブのレポート ヘッダーを定義します。

  • 列の詳細行は、列定義のヘッダー行の下の行です。 列の詳細行は、レポートに含まれる情報を定義します。 次の表に、列の詳細行の一覧と説明を示します。

    列の詳細行の名前 説明
    列タイプ (必須) 列のデータのタイプを指定します。
    帳簿のコード / 属性カテゴリ FDATTR タイプの列の財務データ情報を指定します。
    対象となる会計年度期間の期間 FD タイプの列の財務データ情報を指定します。
    フォーミュラ CALC タイプの列の計算式を指定します。
    [列書式が印刷コントロールを上書きする前の列幅の余分な項目] 特別な形式のオプションを指定します。
    [列の制限] データを制限します。
    [レポート単位] 指定されたレポート単位のデータのみが表示されるように、列を制限します。
    [通貨の表示][通貨フィルター] 通貨を形式化します。
    [分析コード フィルター] 特定の財務データ レポート単位にデータを制限するフィルタを指定します。
    [属性フィルター] 財務データを制限するフィルターを指定します。
    [開始日][終了日] 特定の日付に財務データを制限します。
    両端揃え 行定義で指定された説明テキストを、左揃え、中央揃えまたは右揃えにします。

列定義の列制限

列制限を使用して、列定義のデータの使用方法、または情報の計算方法を指定できます。 また、特定の単位にまたは特定の日付に対してレポート列を制限できます。 注 : 列の制限コードは、行定義に割り当てられた競合設定を上書きします。

[列の制限] セル

列の制限セルは、その列に対する行の形式設定、詳細、金額などの情報を制限するか、または抑制するコードを含めることができます。

列定義に列制限を追加

  1. [レポート デザイナー] で、変更する列定義を開きます。
  2. 制限する列の列制限 セルをダブルクリックします。
  3. 列の制限 ダイアログ ボックスで、1 つ以上のリストのコードを選択し、OK をクリックします。

列の制限コード

次の表は、列の制限コードについて説明します。

列制限コード 説明
SU アンダースコアのコマンド (---) または二重アンダースコアのコマンド (===) が行定義に入力されられている列のアンダースコアを抑制します。 たとえば、割合の計算によって生産される金額に下線を差し引くのが望ましくない場合があります。
ST 詳細のみ列で表示するように合計を抑制します (たとえば、統計列など)。
SD 列に TOTCAL 行 (行定義から) のみが表示されるように合計を抑制します。
DR FD 列の金額を借方金額に制限します。
CR FD 列の金額を貸方金額に制限します。
調整 これらの金額が使用可能な場合、列の金額を期間調整金額に制限します。
XAD 期間調整金額が除外されるように、列の金額を制限します。
PT これらのトランザクションが使用できる場合は、転記済トランザクションのみが含まれるように、列の金額を制限します。
UPT これらのトランザクションが使用できる場合は、未転記のトランザクションのみが含まれるように、列の金額を制限します。 注 : すべてのデータ プロバイダー が未転記トランザクションをサポートするわけではありません。 詳細については、 Microsoft Dynamics ERP システムの データ統合ガイド を参照してください。

レポート単位に列を制限

  1. [レポート デザイナー] で、変更する列定義を開きます。
  2. 制限する列の列制限セルをダブルクリックします。
  3. レポート単位選択ダイアログ ボックスで、レポート ツリーの一覧からツリーを選択します。
  4. 単位のリストを展開または折りたたみ、レポート単位を選択し、OK をクリックします 。

書式列のヘッダー

レポート列の上部に表示されるヘッダーを追加、変更、または削除できます。 列定義の期間フィールド、およびレポート定義の基準時間フィールドに基づいて、条件付またがる列ヘッダーをコンフィギュレーションできます。 基準期間機能により、ローリング予測レポートを作成するとき、時間を節約できます。

列ヘッダーの作成および管理

列ヘッダーダイアログ ボックスを使用して、レポート列の上部に表示されるヘッダーを追加、変更、削除ができます。 次の表は、列のヘッダーダイアログ ボックスのフィールドを説明します。

フィールド 説明
列のヘッダーテキスト このテキストは、列のヘッダーに表示されます。 このフィールドにテキストを直接入力することができます。または自動テキストを挿入をクリックして レポートが生成されるたびに列ヘッダーを更新するオプションを選択します。 複数の自動テキスト コードを含めるには、もう一度自動テキストを挿入をクリックし、リストの別のコードをクリックします。
形式オプション ボックスまたは下線などの列ヘッダーに形式を適用します。
[スプレッド開始][スプレッド終了] ヘッダーのテキストを適用する列を定義します。
両端揃え 列またはスプレッド開始およびスプレッド終了フィールドで指定されている列範囲に対しての列のヘッダーテキストの調整方法を指定します。

列のヘッダーの作成

  1. [レポート デザイナー] で、変更する列定義を開きます。
  2. ヘッダー セルをダブルクリックします。
  3. 列のヘッダーダイアログ ボックスで、列ヘッダーのテキストを入力します。 または、自動テキストを挿入をクリックして、オプションを選択します。
  4. 形式オプションフィールドで、ヘッダーの形式を選択します。
  5. スプレッド開始フィールドで、列ヘッダーを開始する列の文字を入力します。 スプレッド終了フィールドで、列ヘッダーを終了する列の文字を入力します。
  6. 両端揃えで、列のヘッダーのテキストを左揃え、中央揃え、右揃えのどれにするかを選択します。
  7. OK をクリックします

列のヘッダー行を追加

  1. [レポート デザイナー] で、変更する列定義を開きます。
  2. ヘッダー行のセルを選択します。
  3. 編集メニューで、行の挿入をクリックします。 新しい行は、ステップ 2 で選択した行の上に挿入されます。 注: レポートにレポート ヘッダーの行が 4 つ以上ある場合、Excel ワークシートにレポートがエクスポートされた場合にヘッダーが重複します。 レポートのすべてのヘッダーを表示するには、レポート定義の上余白を広げます。

列のヘッダー行を削除

  1. [レポート デザイナー] で、変更する列定義を開きます。
  2. ヘッダー行で、削除するセルを選択します。
  3. 編集メニューで、行の削除をクリックします。

自動的に生成されたヘッダーの作成

[レポート デザイナー] は自動テキスト コードに基づいて自動的に列ヘッダーを生成できます。 自動テキスト コードはレポートが生成されるたびに更新される変数です。 すべての列のヘッダーは、日付または期間数などが異なる場合のあるレポート情報を指定するには、これらのコードを含めることができます。 したがって、複数のレポート定義、期間、およびレポート ツリーに対して、1 つの列定義を使用できます。 autotext は列定義の詳細行からのカレンダー情報に依存するため、autotext は CALC 列、FD 列、および WKS 列に対してのみサポートされます。 自動テキスト コードが列のヘッダー セルに表示される方法は、レポートで情報が表示される方法に影響します。 列のヘッダー ダイアログ ボックスでは、autotext コードは大文字と小文字が混在して表示されます。 したがって、テキストは、レポートに混在ケースで表示されます。 たとえば、標準カレンダー年で、@CalMonthLong77 月と決定します。 レポートで月の名前を大文字で表示する場合 (JULYなど)、列のヘッダー テキスト フィールドに autotext コードを大文字で入力します。 たとえば、@CALMONTHLONG と入力します。 コードとテキストを組み合わせられます。 たとえば、次のヘッダーのテキストを入力します : 期間 @FiscalPeriod-@FiscalYear 開始日 @StartDate 終了日 @EndDate 生成されるレポートのヘッダーは、次のテキストのようになります : 期間 1- 02 01/01/02 から 01/31/02 まで注: 長い日付などのテキストの一部の形式は、Finance and Operations サーバーの地域の設定によって異なります。 この設定を変更するには、スタートコントロール パネル をクリックし、地域と言語 をクリックします。 次の表は、列のヘッダーに使用できる自動テキストのオプションを一覧にします。

自動テキストのオプションとコード 説明
月の名前 (@CalMonthLong) 列のヘッダーの現在の月の名前を印刷します。 レポートの金額を千単位、百万単位、十億単位で切り上げる場合、またはレポートの列の幅を 9 文字以内に設定する場合、月の名前は最初の 3 文字に省略されます。
省略した月の名前 (@CalMonthShort) 選択した会計年度期間の月の略称を印刷します。
期間番号 (@FiscalPeriod) その列に対して指定された会計年度期間の数値フォームを印刷します。 列が複数の期間に及べば、範囲の最後の期間が印刷されます。
期間の説明 (@FiscalPeriodName) 財務データで指定されている会計年度期間の説明を印刷します。
決算期 (@FiscalYear) 数値フォームの列の会計年度を印刷します。
暦年 (@CalYear) 数値フォームの列の暦年を印刷します。
開始日 (@StartDate) 列の開始日を印刷します。
終了日 (@EndDate) 列の終了日を印刷します。
ツリーの単位名 (@UnitName) レポート ツリーの特定の単位に列を制限する場合は、列ヘッダーの単位名を印刷します。
単位の説明 (@UnitDesc) レポート ツリーの特定の単位に列を制限する場合は、列ヘッダーの単位の説明を印刷します。
帳簿のコード (@BookCode) 列で指定されている帳簿のコードを印刷します。
空白行 (@Blank) 列のヘッダーに空の明細行を挿入します。

条件付またがるヘッダーを作成します。

条件付またがるヘッダーは、特定の期間のデータに基づく複数の列にまたがることができます。 たとえば、会計年度の予算レポートがあり、将来の月のプロジェクト予算とともに過去月の実際の予算を表示する場合は自動的にレポート ヘッダーを更新するために、条件付またがるヘッダーを使用できます。 条件付スパニング ヘッダーを使用する場合、次の状況を確認してください:

  • 開始条件 (スプレッド開始 フィールド) と一致する停止条件 (スプレッド停止フィールド) は無視されます。 たとえば、列 B に [基準 +1] から [基準] として定義されているスプレッド条件があり、[基準] は C 列に、[基準 +1] は D 列にあるとします。この場合、C 列の停止条件は無視され、ヘッダーの印刷は D 列から始まります。
  • 重複する列のヘッダーを指定すると、レポートに印刷するときに、重複します。 レポートは生成されますが、次の警告がレポート キュー ステータスフィールドに表示されます。「[基準] を使用する列ヘッダーはほかの列ヘッダーと重なりあっており、テキストの重複が発生する可能性があります」。 たとえば、列 B のヘッダー定義は [B] から [基準 +1] で、列 D のヘッダー定義は、[基準 +1] から [F] です。この場合、ヘッダーは、それぞれの上に印刷され、判読不可能です。 [基準] をスプレッド開始 / スプレッド終了定義で使用する場合、生成されるヘッダーが重複するかどうかを確認するためにレポートを表示してください。
  • スプレッドの定義の [基準] を [印刷なし] (NP) に指定する場合、列定義での定義に関係なく、無視されます。 基本的に、このシナリオは、列ヘッダー定義を作成しないのと同じです。
  • 条件付印刷の列 (P<B, P>=B) に対して、条件付またがるヘッダーは、通常の列ヘッダーの定義となります。 たとえば、条件が false のとき、スプレッドの条件に一致する後続の列がヘッダーの印刷を開始します。

条件付またがるヘッダーを作成します。

  1. [レポート デザイナー] で、変更する列定義を開きます。
  2. ヘッダー セルをダブルクリックします。
  3. 列のヘッダーダイアログ ボックスで、列ヘッダーのテキストを入力します。 または、自動テキストを挿入をクリックして、オプションを選択します。
  4. 形式オプションフィールドで、ヘッダーの形式スタイルを選択します。
  5. レポートの生成時に指定されている基準期間に関連する期間を指定します。 スプレッド開始スプレッド終了フィールドに、次の値の 1 つを入力します : 基準基準 -XB基準 +X。X は基準期間の期間数です。 たとえば、スプレッド開始フィールドに基準と入力した場合、条件付またがる列のヘッダー テキストは、レポート定義の基準時間値が列定義の期間値と等しいとき、列ヘッダーで開始します。 スプレッド終了フィールドで指定された列で終了します。 スプレッドが [基準] から M で, レポート定義の基準期間値が 4 の場合、ヘッダーは期間が 4 に設定され、M 列で終了する列で開始します。ヘッダーは印刷列でのみ開始、停止します。
  6. 両端揃えで、列のヘッダーのテキストを左揃え、中央揃え、右揃えのどれにするかを選択します。
  7. OK をクリックします

条件付またがるヘッダーの例

Phyllis は動的 6 か月の予測レポートを作成します。 「実際」 という単語が実際のデータを含む列に印刷され、「予算」 という単語が予算予測を含む列に印刷されます。 レポートが実行される各月に、実際の列が 1 つ多く、予算の列が 1 つ少なくあります。 ヘッダーを調整するレポートが生成されるたびに、Phyllis は列定義を手動で変更できますが、時間と労力の節約のため、レポートが実行されるたびに適切な列にヘッダーを自動的に作成する条件付またがるヘッダーを作成します。 Phyllis は [レポート デザイナー] を開き、ナビゲーション ウィンドウの列定義をクリックし、レポートの列定義を開きます。 次の情報を入力します。 レポート定義の基準期間は 4 です。

A B 貸方 借方 E F G I J K L M
ヘッダー 1 実際 予算
ヘッダー 2 @CalMonthLong @CalMonthLong @CalMonthLong @CalMonthLong @CalMonthLong @CalMonthLong @CalMonthLong @CalMonthLong @CalMonthLong @CalMonthLong @CalMonthLong @CalMonthLong
ヘッダー 3
列タイプ DESC FD FD FD FD FD FD FD FD FD FD FD FD
帳簿のコード / 属性 ACTUAL BUDGET2012 ACTUAL BUDGET2012 ACTUAL BUDGET2012 ACTUAL BUDGET2012 ACTUAL BUDGET2012 ACTUAL BUDGET2012
会計年度 BASE BASE BASE BASE BASE BASE BASE BASE BASE BASE BASE BASE
期間 1 1 2 2 3 3 4 4 5 5 6 6
対象となる期間 PERIODIC PERIODIC PERIODIC PERIODIC PERIODIC PERIODIC PERIODIC PERIODIC PERIODIC PERIODIC PERIODIC PERIODIC
[列の幅] 30 10 10 10 10 10 10 10 10 10 10 10 10
[印刷コントロール] P<=B P>B P<=B P>B P<=B P>B P<=B P>B P<=B P>B P<=B P>B

Phyllis は、次の情報を入力する列のヘッダーダイアログ ボックスを開くには、列のヘッダー セルをダブルクリックします。

フィールド
列のヘッダーテキスト 実際
自動テキストの挿入 選択はなされません。
形式オプション フィールド
両端揃え 選択はなされません。
スプレッド開始 B
スプレッド終了 基準
予算ヘッダー 基準 +1 列を終了

情報を入力完了後、Phyllis は OK をクリックします。 次の情報を入力する列のヘッダーダイアログ ボックスを開くには、C 列の列のヘッダー セルをダブルクリックします。

フィールド
列のヘッダーテキスト 予算
自動テキストの挿入 選択はなされません。
形式オプション フィールド
両端揃え 選択はなされません。
スプレッド開始 貸方
スプレッド終了 [基準 +2]

これで、このレポートが生成されるたびに、「実際」 という単語が実際のデータを含む列に印刷され、「予算」 という単語が予算予測を含む列に印刷されます。 また、列の数は毎月調整されます。

列の両端揃えの適用

両端揃えセルはレポートの列の説明に両端揃え形式を適用するために使用されます。 このオプションは、実際の値ではなく列の説明にのみ影響します。

  1. [レポート デザイナー] で、変更する列定義を開きます。
  2. 両端揃えセルをダブルクリックします。
  3. リストから次の値のいずれか 1 つを選択します :
    • なし両端揃えは適用されません。
    • - 列の説明を左揃えにします。
    • 中央揃え – 列の説明を中央揃えにします。
    • - 列の説明を右揃えにします。

特別な書式オプションの追加

列定義で、書式列の詳細行は選択済列に特別な書式を適用します。 印刷コントロールオプションや列の制限オプションの一部は FD 列特定ですが、ほとんどのオプションはすべての列タイプに適用します。 列定義で指定された書式は、レポート定義で指定された書式を上書きします。 ただし、行定義で指定された形式は、列定義で指定された形式を上書きします。 次の行は、行を書式行と見なされます :

  • 列の幅
  • 列の前の余分な項目
  • 書式 / 通貨の上書き
  • 印刷コントロール

列の幅の変更

列幅セルは、印刷レポートでこの列の幅に使用する文字数を指定します。 列幅は、金額 (CALCWKSFD タイプの列)、説明 (DESC タイプの列)、入力 (入力タイプの列) に対して重要です。 既定では、自動調整オプションが選択され、各列の幅がコンテンツに合わせて自動的に調整されます。

レポートの列の幅を指定

  1. [レポート デザイナー] で、変更する列定義を開きます。
  2. 列幅セルに、列の幅のスペース数を入力します。 列の最大幅は 255 文字です (この数にはセント、コンマ、かっこが含まれます)。 または、レポート デザイナーを有効にして、適切な列の幅を選択するには、セルのコンテンツに基づいて、列幅セルをダブルクリックし、自動調整をクリックします。

列の間にスペースを追加

列の前の余分な項目セルは、列定義の 1 つの列と隣接している列の区切りの幅を指定します。 列の前の余分な項目設定は、列ヘッダー行ではなく、列に対してすべての列の詳細行に影響します。 このオプションを使用して、列グループを分けるか、または説明の前にスペースを追加し、レポートの左揃えのタイトルから説明列をインデントします。 各列間のスペースの既定値は 2 です。 レポート定義の設定タブでこの設定を変更できます。

列の間のスペースを指定

  1. [レポート デザイナー] で、変更する列定義を開きます。
  2. 列の前の余分な項目セルで、列の間に挿入するにスペースの数を入力します。

通貨の指定

形式 / 通貨の上書きセルは、列の小数位、通貨、割合の形式を指定します。 この書式は、レポート定義またはシステムの既定値で指定された書式を上書きします。

レポート列に形式/通貨の上書きを割り当てる

  1. レポート デザイナーで、変更する列定義を開きます。
  2. 金額列の形式/通貨の上書き の列のセルをダブルクリックします。
  3. 書式の上書きダイアログ ボックスで、書式のオプションを選択します。

印刷コントロール コードを追加

印刷コントロールセルは、列の表示または印刷の特性を調整するコードを含めることができます。 印刷コントロール コードには 2 つのタイプがあります : 通常の印刷コントロール コードおよび条件付印刷コントロール コードです。

通常の印刷コントロール コード

印刷コントロール コード 翻訳 説明
NP 印刷なし 印刷されるレポートおよび計算から、この列の金額を除外します。 計算にノン プリンティングの列を含めるには、計算式の列を直接参照してください。 たとえば、次の計算にノン プリンティングの C 列が含まれます : B+C+D。 ただし、次の計算にはノン プリンティングの C 列は含まれません : B:D
XCR 行の一般的な残高が貸方の場合、符号を変更 好ましくない差異 (収益不足、経費超過など) がいつもマイナスの場合、予算または比較レポートを作成します。 特定の行の一般的な残高が貸方である場合、列金額の符号を逆にするのに CALC 列にこのコードを適用します(行定義の通常残高C によって識別されます)。 注: 通常、貸方残高のある TOT 行および CAL 行に対して、行定義の通常残高列に C を入力してください。
X0 ゼロか空白の場合、列は非表示 列のすべてのセルが空白であるか、ゼロである場合、レポートから FD 列を除外します。
SR 丸めの抑制 この列の金額が丸められることを防止します。
XR ロールアップの抑制 ロールアップを抑制します。 レポートがレポート ツリーを使用する場合、この列の金額は、後続の親ノードにロールアップされません。
RP 各ページの列の繰り返し レポートの各ページの指定された列を繰り返します。 たとえば、RP 印刷コントロール コードを使用して、すべてのページで、行コードを引込む タイプの列を含むことができます。
重量 ラップ テキスト 列のテキストが長すぎてスペースに合わない場合、列にすべてのテキストを保持するため、テキストをラップします。

条件付印刷コントロール コード

条件付印刷コントロール コード 説明
(なし) 条件付印刷選択をクリアします。
P<B 期間が基準期間より短くなった場合にのみ指定列を表示します。
P>B 期間が基準期間より長くなった場合にのみ指定列を表示します。
P=B 期間が基準期間と等しい場合にのみ指定列を表示します。
P<=B 期間が基準期間より短いか、等しい場合にのみ指定列を表示します。
P>=B 期間が基準期間より長いか、等しい場合にのみ指定列を表示します。

レポート列に印刷コントロール コードを追加

  1. レポート デザイナーで、変更する列定義を開きます。
  2. 印刷コントロール セルをダブルクリックします。
  3. 印刷コントロールダイアログ ボックスで、印刷コントロール オプションを選択リストのコードを選択します。 コードを 1 つ以上選択する場合、Ctrl キーを押しながら、コードを選択します。
  4. 条件付印刷オプションフィールドのオプションを選択します。 既定では、(なし) が選択されています。 一度に選択できる条件付印刷コードは 1 つだけです。
  5. OK をクリックします。

ヒント

印刷コントロールセルに直接印刷コードを入力することもできます。 コンマで複数の印刷コントロール コードを区切ります。

列タイプ

レポートの各列に含まれる情報のタイプは列定義の列タイプ行の値によって指定されます。 各列定義は少なくとも 1 つの説明 (DESC) 列と 1 つの金額 (FDWKSCALC) 列を含める必要があります。 注 : 列タイプ コードはすべての会計システムには適用されません。 会計システムで無効なタイプを選択する場合、レポートの列は空白になります。

列タイプの指定

  1. [レポート デザイナー] で、変更する列定義を開きます。
  2. 適切な列で、列タイプ行のセルを ダブルクリックします。
  3. 一覧で、列タイプを選択します。 次の表では、さまざまな列タイプについて説明します。
    列タイプコード 説明
    FD 行定義で財務分析コードへのリンク列またはワークシートへのリンク列を使用するときに、財務データまたは Excel ワークシートのデータを表示します。 FD の列タイプを選択するとき、既定の設定は以下の行に自動的に指定されます。
    • 帳簿コードおよび属性カテゴリ: ACTUAL
    • 帳簿コードおよび属性カテゴリ: ACTUAL
    • 会計年度: BASE
    • 期間: BASE
    • 対象となる期間: PERIODIC
    • 列の幅: 14

これらの既定の設定は変更できます。 CALC セルで指定された、単純または複雑な計算の結果を表示します。 詳細については、「財務レポートの高度な形式オプション」を参照してください。 DESC 行定義の行の説明を表示します。 多くの場合、説明列はレポートの最初の列にありますが、どこにでも位置できます。 行 行定義の 行コード 列から財務行の個々の行コードを表示します。 詳細については、「財務レポートの行定義」を参照してください。 ACCT (アカウント コード) 各行に適用される財務データの区分値または分析コード値を表示します。 勘定およびトランザクションの詳細レポートには、完全に記述された勘定が印刷されます (たとえば 110140-070-0101)。 関連する行定義の財務分析コードへのリンク列に範囲が指定されている場合、その範囲は角カッコで囲まれ、1 つの値として処理されます (たとえば [110140:110700]-070-[0101:0200])。 複数のアカウントを組み合わせる財務レポートおよび上位レベルのレポートでは、行定義からの財務データ リンクが印刷されます (たとえば 1100:1200)。 塗りつぶし 単一引用符に含める文字でセルを塗りつぶします。 文字を入力しない場合、列は空になります。 たとえば、省略記号 (...) で列を塗りつぶす場合、塗りつぶし.を入力します。 [ページ] レポートに垂直改ページを挿入します。 PAGE 列の右側にある列は別のページに表示されます。 WKS Excel ワークシートから引き出されるデータを表示します。 WKS の列タイプを選択するとき、既定の設定は以下の行に自動的に指定されます。

  • 会計年度: PERIODIC
  • 期間: BASE
これらの既定の設定は変更できます。 ATTR 会計システムが属性をサポートする場合は、列の勘定またはトランザクションの属性を表示します。 単一の完全勘定に適用する必要がある属性は、財務データの基になる勘定またはトランザクション情報を抽出します。 アカウント レベルの属性はアカウントからのデータを表示し、トランザクション レベルの属性はトランザクションが転記されるときに発生するデータを表示します。 列タイプとして ATTR を選択するときは、列定義の帳簿コードおよび属性カテゴリ詳細行で属性カテゴリを指定します。

[財務分析コード] 列

次の列定義行定義は FD の列タイプのある列に適用されます (財務分析コードの金額)。

[帳簿のコード / 属性カテゴリ] セル

帳簿のコード / 属性カテゴリセルは、FD 列のデータの帳簿コードを識別します。 列定義は、複数の実績、予算、統計列を含めることができます。 列定義は、現在または年度累計など異なる期間、およびさまざまな金額を表示できます。 帳簿コードの一覧は、財務データで確立された実績、予算、および統計 (非財務) オプションを反映します。

[会計年度] セル

会計年度セルは列が含める必要のある会計年度を識別します。 年度は、レポートの生成時に指定されている基準年を基準とする場合があります。 次のオプションを使用できます。

オプション 説明
基準 レポート時に指定されている基準年を使用します。
基準 +# 基準年の # 年後の年の年を使用します。 たとえば、基準年の後、3年目の年を使用するには基準 +3 を入力します。
基準 -# 基準年の # 年前の年度を使用します。 たとえば、前年度を使用するには、基準 -1を入力します。
# 実際の会計年度を入力します。

期間セル

期間セルは、列が含める必要のある会計年度を識別します。 期間は、レポートの生成時に指定されている基準期間を基準とする場合もあります。 次のオプションを使用できます。

オプション 説明
基準 基準期間を使用します。
基準 +# 基準期間の # 期間後の期間を使用します。 たとえば、基準期間の 3 期間後の期間を使用するには基準 +3 を入力します。
基準 -# 基準期間の # 期間前の期間を使用します。 たとえば、前期を使用するには、基準 -1を入力します。
基準 -#: 基準 基準期間の数期間前から基準期間まで、複数の期間を使用します。 たとえば、以前の 3 期間と基準時間を使用するには基準 -3 : 基準を入力します。
基準 : 基準 +# 基準期間から、基準期間の数期間後まで、複数の期間を使用します。 たとえば、基準時間とその後の 2 期間を使用するには基準 : 基準 +2 を入力します。
基準 -#: 基準 +# 基準期間の数期間前から基準期間の数機関後まで、複数の期間を使用します。 たとえば、以前の 3 期間と基準期間、その後の 2 期間を使用するには基準 -3 : 基準 +2 を入力します。
[1: 基準] 最初の期間から基準期間まで、複数の期間を使用します。
# 常に特定の期間番号を使用します。 ただし、列定義の柔軟性を減らすため、このオプションを使用することはお勧めしません。
#:# 常に特定の期間の範囲を使用します。 ただし、列定義の柔軟性を減らすため、このオプションを使用することはお勧めしません。

会計年度の境界を越えて期間指定できます。また、期間の範囲では、年度を組み合わせられます。 たとえば、期間を基準 -5 (過去 6 か月間を表す) と指定し、基準期間 2 のレポートを実行します。 この場合、レポートは指定された会計年度の最初の 2 期間、および以前の会計年度の最後の 4 期間のデータを表示します。

FD 列の期間を指定

  1. レポート デザイナーで、変更する列定義を開きます。
  2. FD 列で、期間行のセルをダブルクリックし、リストのオプションを選択します。
  3. ナビゲーション ウィンドウの上部の数式バー、または期間セルで、式を完了します。 番号記号 (#) を適切な値に置き換えます。

[対象となる期間] セル

対象となる期間セルは、列が表示する必要のある金額を識別します。 この金額は、会計年度および列の期間セルの値を基準とします。 次のオプションを使用できます。

オプション 説明
定期処理 現在の期間または期間の範囲の活動の合計を表示します。
[定期処理 / BB] 現在の期間または期間の範囲の期首残高を表示します。
YTD 年間活動の合計を表示します。
YTD/BB 年の期首残高を表示します。

FD 列の対象となる期間を指定

  1. [レポート デザイナー] で、変更する列定義を開きます。
  2. FD 列で、対象となる期間行のセルをダブルクリックし、リストのオプションを選択します。

列定義の属性フィルター

属性は、さらに勘定またはトランザクションを定義する財務データの値です。 勘定の属性は、資産負債収益支出を含みます。 トランザクションの属性はトランザクションの説明およびトランザクションの適用日を含みます。 属性のサポートは、Microsoft Dynamics ERP システム間で異なる場合があります。 属性のフィルターセルは、FD 列のデータを属性のカテゴリの特定の値または範囲に制限します。 この機能は ATTR 列と共に使用できますが、ATTR 列は必要ではありません。 FD 列で、属性のフィルタからのレポートが含む勘定またはトランザクションには限度があります。 注 : ERP システムがサポートする属性を表示するには、システム統合ガイドを参照してください。

レポートの [FD] 列に対して属性のフィルターを適用

  1. [レポート デザイナー] で、変更する列定義を開きます。
  2. FD 列の 属性フィルター セルをダブルクリックします。
  3. 属性フィルター ダイアログ ボックスで、属性 列のセルをダブルクリックし、フィルターのタイプを選択します。
  4. さらに結果を制限するには、開始および終了列に範囲を入力します。 開始セルは値を含んでいる必要があります。
  5. OK をクリックします

属性フィルターの例

次の例では、帳簿のコード / 属性カテゴリ行の勘定の属性を持つ列の説明の一部を示します。 この列の属性のフィルターは、レポートに含める値の範囲を指定します。

A B
列タイプ DESC FD
帳簿コードおよび属性カテゴリ ACTUAL
会計年度 BASE
期間 1:BASE
対象となる期間 定期処理
...
[列の幅] 30
...
[属性フィルター] 参照 =[01:10]

列定義の分析コード フィルター

分析コード フィルターは、 FD 列を特定の分析コード値に制限するために使用されます。 フィルターには、分析コードの一つの分析コード、範囲、または分析コード グループを含めることができます。 フィルターは、分析コード値セットを含めることができます。 分析コード値が異なる場合があるため、..\financial-dimensions\dimension-based システムが正確な長さに対応する必要はありません。 レポートにレポート ツリーが含まれているかどうかに関係なく、フィルターが適用されます。 ワイルドカード文字 (* または ?) をどの位置にも使用できます。 複数の勘定を指定する場合に、次の例のように、勘定の間にコンマ区切りを入力します: +Account=[1200],+Account=[1100], Department=[01?] 特定の勘定のすべての部門を受信するために、分析コード フィルターから部門分析コードを除外できます。 たとえば、次の分析コード フィルターの両方が同じ方法で処理されます :

    • 勘定 =[1100],[部門]
    • 勘定 =[1100]

また、完全な一致のため、英数字の組み合わせを使用でき、部分的な分析コードを定義できます。 たとえば、場所 = [10*] は 10 で始まるすべての場所分析コード値を含みます。

レポートの列に対する分析コード フィルターを適用します。

  1. [レポート デザイナー] で、変更する列定義を開きます。
  2. FD 列に対する分析コード フィルターをダブルクリックします。
  3. 分析コードダイアログ ボックスで、適用するフィルターを入力します。
  4. OK をクリックします

列定義の複数の通貨レポートの書式設定

複数の通貨レポートは、自然な (国内) 通貨、機能 (既定) 通貨、またはレポート通貨を表示できます。 会社の機能通貨は、Microsoft Dynamics ERP システムで定義されます。 レポートで使用される既定通貨記号をコンフィギュレーションするための、オペレーティング システムの地域オプション設定と、この ERP の設定を間違えないでください。 次の通貨関連付けられたセルは列定義で使用できます :

  • 通貨の表示 – トランザクションが表示される通貨 (自然、機能、またはレポート) のタイプを指定します。 この機能は、為替換算と呼ばれます。 為替換算は、会社の機能通貨またはトランザクションに入力された通貨ではない場合もある通貨での一般会計金額をレポートする機能です。
  • 通貨フィルター – 通貨フィルターを指定します。 選択した通貨で入力されたトランザクションのみがレポートに表示されます。

注意

複数の通貨を使用するレポートを作成するには、レポート定義のレポートタブのすべてのレポート通貨を含むチェック ボックスを選択する必要があります。 会社の機能通貨を確認するには、次の手順に従います。

  1. [レポート デザイナー] の会社メニューで、会社をクリックします。
  2. 会社ダイアログ ボックスで、会社を選択し、表示をクリックします。
  3. 会社を表示ダイアログ ボックスの地域オプションで、選択した会社で定義された通貨を表示できます。

複数の通貨レポートで通貨を指定

  1. [レポート デザイナー] で、変更する列定義を開きます。
  2. 適切な FD 列の通貨の表示セルをダブルクリックして、通貨情報を表示するためのオプションを選択します : 自然 / 元の通貨会社情報からの機能通貨、またはレポート通貨。
  3. 該当 FD 列の通貨フィルターセルをダブルクリックし、一覧で適切な通貨コードを選択します。 この通貨で入力されたトランザクションのみがレポートに表示されます。

注意

ここで説明しているオプションは、ERP システムによって、異なる場合があります。 詳細については、「Microsoft ERP システムのドキュメント」を参照してください。

[通貨の表示] と [通貨フィルター] セルの例

Phyllis は、列定義で次の通貨の選択をしました :

  • 通貨のフィルター :
  • 通貨の表示: 機能 (米国ドル)

Phyllis が選択した通貨フィルターのため、レポートは日本円 (JPY) で入力されたトランザクションのみを含みます。 選択した通貨の表示のため、レポートは機能通貨、米国ドル (USD) でのトランザクションを表示します。

[通貨のフィルター] および [通貨の表示] の組み合わせ

次の表に、Phyllis のした選択のため通貨の表示および通貨フィルターセル のオプションのさまざまな組み合わせに対して発生するレポートの結果を表示します。 機能通貨は USD です。

[通貨の表示] セル [通貨のフィルター] セル レポート結果
自然 / 元の通貨 YEN (日本円) Y6,000 – 結果には、JPY (日本円) で入力されたトランザクションだけが表示されます。
会社情報からの機能通貨 YEN (日本円) $60 – 結果には、JPY (日本円) で入力されたトランザクションのみが表示され、これらのトランザクションは USD (米国ドル)で表示されます。 注記: 為替レートを 1 ドルおよそ 100 円とします。
会社情報による機能通貨 $2,310*</strong>* – 会社情報で指定された機能通貨ですべてのデータが表示されます。 注記: この金額は、機能通貨のすべてのトランザクションの合計です。
自然 / 元の通貨 $2,250 – 結果には、すべての金額がトランザクションで実行された通貨で表示されます。

列定義の計算列

列定義の列タイプ CALCセルで複雑な計算をサポートし、IF/THEN/ELSE 文および +-</strong> */ 演算子を使用することができます。 計算列は他の列、後続の列さえも参照できます。 また、計算列には、列のヘッダーをサポートするために、会計年度、および期間を含めることができます。 計算式の上限は 1,024 文字です。 割合として計算の結果を表すには、特別な形式の上書きを使用します。 注記: 計算式の結果には、印刷対象外の列の範囲の値は含まれません。 たとえば、A:D0 (ゼロ) を印刷しますが、出力印刷対象外の値に対する A+B+C は値を計算します。

計算列の演算子

列を加減乗除するには、列の文字を計算の順序で入力し、各列の文字を区切るのに適切な演算子を使用します。 次の表では、計算列で使用できる演算子を説明します。

オペレーター 計算の例 説明
+ A+C 列 C の金額に列 A の金額を追加します。
: A:C A:C-D 連続した列の範囲を追加します。 たとえば、式 A:C は列 A から列 C の合計を加算し、式 A:C-D は列 A から列 C の合計を加算してから列 D の金額を差し引きます。
- A-C 列 C の金額から列 A の金額を引きます。注 : または、列の符号を逆にするのにマイナス記号 (-) を使用できます。 たとえば、- A+B を使用して、列 B の金額に列 Aの逆の金額を加算します。
* A*C 列 C の金額で列 A の金額を乗算します。
/ A/C 列 A の金額を列 C の金額で除算します。

列定義の計算式を使用

  1. [レポート デザイナー] で、変更する列定義を開きます。
  2. 適切な CALC 列で、 セルに式を入力します。

複雑な計算

複雑な計算は入れ子になったかっこのセルの参照、演算子、値、およびレベルの組み合わせを含めることができます。 たとえば、列 A と B の平均を計算する場合、計算式 ((A+B)/2) を使用します。

列の計算にレポートのセルを指定します。

列の文字と行コードを入力して、特定のレポートのセルを参照できます。 たとえば、B.100 は列 B の 100 行コードを参照します。列全体を、同じ列の特定のレポート セルの金額で分割できます。 たとえば、計算 B/B.100 は、列 B の金額を列 B の 100 行コードの値で分割することを意味します。計算が別の列に依存する列を参照している場合、依存列は、最初に解決されます。 最初の列に戻って参照する別の列に列が参照する場合、循環参照のエラーになります。 注 : レポートの計算優先順位を変更すると、計算は間違っている場合があります。 計算優先順位は、レポート定義の設定タブで設定できます。

基準行によって、列を乗算、または除算します。

指定されている列の値すべてを、基準数の割合として表示する列を作成できます。 したがって、販売行の割合、経費の合計行の割合など、行間の関係を表示できます。 基準行により特定の列の各行を乗算するか、または除算するために、計算に使用する列を入力し、*基準行 または /基準行を入力します。 たとえば、C*基準行または C/ 基準行を入力します。 注 : 列定義の基準行計算を使用する場合、この列定義で使用する各行定義に少なくとも 1 つ、計算の基準行が含まれていることを確認します。

期間の数で列の金額を分割

指定された期間の数で列の金額を除算できます。 たとえば、B/ 期間式は、列 B の期間の数で列 B の値を除算します。計算が複数の列に及んだら、計算に使用する期間の数を指定します。 たとえば、(B+C) / 期間式は 、列 B および列 C の金額を加算し、結果を期間の値で除算します。

その他のリソース

財務諸表での行の定義

財務諸表の高度な形式オプション