実績対予算 Power BI コンテンツ

このトピックでは、[実績対予算] Microsoft Power BI コンテンツについて説明します。 Power BI レポートにアクセスする方法を説明し、コンテンツを作成するために使用したデータ モデルおよびエンティティについての情報を提供します。

概要

[実績対予算] Power BI コンテンツは、組織内で実績対予算パフォーマンスの監視を担当する各個人に対して作成されました。 [実績対予算] Power BI コンテンツは、予算差異の可視性を提供します。 勘定カテゴリ、予算コード、主勘定、主勘定の説明、または差異の原因をより良く理解するための会計年度期間ごとに、今年度の予算を分析できます。

Power BI コンテンツへのアクセス

Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations、Enterprise Edition (2017 年 7 月) を使用している場合、[実績対予算] Power BI コンテンツからのレポートは [元帳予算および予測] および [CFO] ワークスペースで表示されます。

Power BI コンテンツに含まれるレポート

次の表は、[実績対予算] Power BI コンテンツの各レポート ページに表示されるメトリックスの詳細について説明しています。

レポート メトリックス
経費 - 実績対予算
  • 今年度の経費合計
  • 今年度の合計経費予算
収益 - 実績対予算
  • 今年度の総収益
  • 今年度の予算の総収益
    支出
    • 今年度の経費合計
    • 予算に基づく経費目標
      収益
      • 今年度の総収益
      • 予算に基づく収益目標
        純利益
        • 今年度の純利益
        • 予算に基づく目標純利益

          Power BI コンテンツの拡張

          Microsoft Dynamics Lifecycle Services (LCS) で利用できるコンテンツ パックを使用すると、Microsoft Dynamics 365 にログインしない人々に関する優れた分析ができます。 ほかのレポートまたはビジュアルを含めるよう、これらのコンテンツ パックを変更できます。次いで分析のためにコンテンツ パックを Power BI.com テナントに発行します。

          LCS の共有資産ライブラリに [実績対予算] Power BI コンテンツがあります。 コンテンツのダウンロード方法および組織で実装する方法の詳細については、「Microsoft およびパートナーからの LCS での Power BI コンテンツ」を参照してください。 Power BI コンテンツの実装方法を示すデモを視聴するには、「Microsoft の Power BI コンテンツおよび Dynamics Lifecycle Services のパートナー」の Office Mix を参照してください。

          データ モデルおよびエンティティの理解

          エンティティ コンテンツ
          総勘定元帳アクティビティ 総勘定元帳のトランザクション金額
          予算アクティビティ 予算登録のトランザクション金額
          主勘定 レポートをフィルター処理する主勘定
          会計カレンダー レポートをフィルター処理する会計カレンダー
          元帳 現在の元帳へのレポートをフィルター処理するために使用される元帳
          予算コード レポートをフィルター処理する予算コード
          法人 現在の法人へのレポートをフィルター処理するために使用される法人