倉庫パフォーマンス Power BI コンテンツ

このトピックでは、[倉庫パフォーマンス] Microsoft Power BI コンテンツに何が含まれているのか説明します。 Power BI レポートにアクセスする方法を説明し、コンテンツを作成するために使用するデータ モデルおよびエンティティについての情報を提供します。

概要

[倉庫パフォーマンス] Power BI コンテンツは、倉庫と工程マネージャーが重要な受信、送信、および在庫指標を監視できるように設置されました。 倉庫管理、製品、およびその他のシステムからのトランザクション データを使用して、倉庫パフォーマンスおよび仕入先、製品グループと製品、サイトと倉庫の内訳の両方の集計ビューを提供します。

倉庫管理者は、次の 3 つのエリアを測るために Power BI コンテンツ 倉庫パフォーマンス を使うことができます。

  • [受信パフォーマンス] – 仕入先が顧客要求に対する業務をどれだけ実行しているか測定し (つまり、配送パフォーマンスを測定)、そして一定期間に従業員または品目に関する問題を識別できるようにプット アウェイ パフォーマンスを測定します。 仕入先パフォーマンスがどのようにすべてのプット アウェイ パフォーマンスに影響を与えているか決定するために、仕入先が予定通りに配送しているかどうかを知ることは重要です。 合意した日程外に配送する仕入先には、予期しない作業によって倉庫に追加の圧力をかけ、平均プット アウェイ時間を増加させることができます。
  • [出荷パフォーマンス] – 製品やサイト、または倉庫、専用の顧客に関する問題を認識するために、倉庫が全て期日通りに顧客へ配送しているかどうかを測定 (つまり、出荷および配送のパフォーマンスを測定) します。 特定の領域や都市への出荷に遅れを発見した場合は、輸送機関またはアカウント管理などにより注意する必要があります。
  • [位置在庫の精度] – 在庫精度とは、重要な内部倉庫のビジネス インテリジェンス (BI) です。 一般に、集計精度を知ることは非常に重要です。 もちろん、品目のより良い位置発見や特定品目の合計着手ができるように、どの程度正確に品目を適切な場所で保管しているのか確認し、その上データの不一致を強調表示することも重要です。 (現時点では、集計機能に基づく新しい品目は修正プログラムとして配信されます。) 場所ごとの手持在庫データが正しいかどうか確認するためにこの Power BI コンテンツを使用する場合は、店舗での盗難を識別することもできます。 また、すべての場所にエンタープライズ リソース プランニング (ERP) データとは異なる手持数量があるかどうかを確認することもできます。 それらの場所が大きすぎるか、または集計不可能なのかもしれません。 または、いくつかの物理的な位置が間違っているので、手持データと同期して単一タイプの品目を保持することが困難なのかもしれません。

Power BI コンテンツ パックへのアクセス

Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations, Enterprise Edition (2017 年 7 月) を使用している場合、[倉庫パフォーマンス] Power BI コンテンツは、[倉庫パフォーマンス] ページ ([倉庫管理] > [照会およびレポート] > [倉庫パフォーマンスの分析] > [倉庫パフォーマンス]) に表示されます。

Power BI コンテンツに含まれるメトリックス

Power BI コンテンツの 倉庫パフォーマンス には、レポートが含まれています。 このレポートは、グラフやタイル、テーブルとして視覚化される一連のメトリックスで構成されています。 次の表は、倉庫パフォーマンス Power BI コンテンツの表示の概要を示します。

レポート ページ グラフ 説明
受信パフォーマンス プット アウェイ合計 一定期間で処理されたプット アウェイ作業ラインの数。
受信パフォーマンス プット アウェイ平均時間 品目の登録から最終プットが処理されるまでの全ての発注書プット アウェイ ラインにおける、時単位の平均時間。
受信パフォーマンス 前倒しの受入 早期に受信した発注書ラインの数。
受信パフォーマンス 期限遵守の受入 期限内に受信した発注書ラインの数。
受信パフォーマンス 受入遅延 遅延して受信した発注書ラインの数。
受信パフォーマンス 仕入先別の期限内 仕入先または仕入先グループから期日前、期限内、遅延にて受信した発注書ラインの割合を表示。
受信パフォーマンス 平均プット アウェイ (時間) を置くドック 時単位の時間経過にてプット アウェイ時間を置く平均ドック。
受信パフォーマンス 作業者別の平均プット アウェイ 作業者が発注書ラインのプット アウェイ処理を配置する時単位の平均時間。
受信パフォーマンス 仕入先別の平均プット アウェイ時間 仕入先または仕入先グループ別の時単位による平均プット アウェイ時間。
受信パフォーマンス 製品別の平均プット アウェイ時間 品目または品目グループ別の時単位による平均プット アウェイ時間。
位置在庫の精度 合計数 一定期間で処理された棚卸作業ラインの数。
位置在庫の精度 不一致率 指定した期間に反映される全てのラインの割合における合計不一致率。
位置在庫の精度 不一致なし総計 処理される棚卸作業の総数から成る、不一致なしで処理されたライン番号。
位置在庫の精度 時間経過にて集計される品目 時間経過にて不一致ありで集計される品目と、不一致なしで集計される品目の割合。
位置在庫の精度 % より大きい品目数量の不一致 指定した割合を超えた不一致のある棚卸ラインのテーブル表示。 テーブルには、位置、品目、平均不一致、集計された合計棚卸作業ライン、位置に不一致のある棚卸ライン番号、集計された平均数量、集計される期待合計数量、そして集計された実品目数量の情報が含まれます。
位置在庫の精度 作業者別品目カウント 作業者の棚卸パフォーマンス。 パフォーマンスは、不一致がある棚卸作業ライン、または不一致がない棚卸作業ラインの割合として表されます。
位置在庫の精度 サイト / 倉庫別品目カウント 不一致があるおよび不一致がないサイトまたは倉庫別に処理した棚卸作業番号による棚卸パフォーマンス。
位置在庫の精度 製品別不一致率 棚卸パフォーマンスの不一致率。 率は、品目または品目グループ別に処理された棚卸作業ラインの割合として表されます。
出荷パフォーマンス 出荷済ライン 特定期間に出荷された出荷ラインの合計数。
出荷パフォーマンス 期日前 期日前に出荷される出荷ラインの割合。
出荷パフォーマンス 期限内 期限内に出荷される出荷ラインの割合。
出荷パフォーマンス 遅延 遅延出荷される出荷ラインの割合。
出荷パフォーマンス 時間の経過と共に出荷 特定期間において期限内、期日前、または遅延出荷される出荷ラインの割合。 トレンド ラインでは、期限内に出荷されるラインの傾向を表示します。
出荷パフォーマンス 市町村別の遅延出荷 遅延出荷に影響される市町村と地域のマップ視覚化。
出荷パフォーマンス 製品別出荷 品目または品目グループ別に期日前、期限内、または遅延出荷される割合。
出荷パフォーマンス 顧客別出荷 顧客または顧客グループ別に期日前、期限内、または遅延出荷される割合。
出荷パフォーマンス サイト / 倉庫別出荷 サイトまたは倉庫別に期日前、期限内、または遅延出荷される割合。

Power BI コンテンツの拡張

Microsoft Dynamics Lifecycle Services (LCS) で利用できるコンテンツ パックを使用すると、Microsoft Dynamics 365 にログインしない人々に関する優れた分析ができます。 ほかのレポートまたはビジュアルを含めるよう、これらのコンテンツ パックを変更できます。次いで分析のためにコンテンツ パックを Power BI.com テナントに発行します。

LCS の共有資産ライブラリに [倉庫パフォーマンス] Power BI コンテンツがあります。 コンテンツのダウンロード方法および組織で実装する方法の詳細については、「Microsoft およびパートナーからの LCS での Power BI コンテンツ」を参照してください。 Power BI コンテンツの実装方法を示すデモを視聴するには、「Microsoft の Power BI コンテンツおよび Dynamics Lifecycle Services のパートナー」の Office Mix を参照してください。

ご使用のバージョンの Microsoft Dynamics 365 に適用する [倉庫パフォーマンス] コンテンツをダウンロードしてください。

注意

Microsoft Dynamics 365 for Operations バージョン 1611 を使用している場合、この Power BI コンテンツの前提条件はサポート技術情報 4011327 です。 LCS にサインインすると、https://fix.lcs.dynamics.com/issue/results/?q=kb4011327 でサポート技術情報にアクセスできます。

データ モデルと計算の理解

次のデータは、[倉庫パフォーマンス] Power BI コンテンツのレポート ページに入力するために使用されます。 このデータは、エンティティ ストアで実施される集計の測定として表されます。 エンティティ ストアは、分析に最適化された Microsoft SQL Server データベースです。 詳細については、「エンティティ ストアとの Power BI の統合」を参照してください。

以下のキー集計の測定は、コンテンツの基準として使用されます。

レポート ページ グラフ テーブル 計算の説明
受信パフォーマンス プット アウェイの合計 WHSWorkLine 作業タイプが プット とある、作業ラインの数。
受信パフォーマンス プット アウェイ平均時間 WHSWorkLine 作業ライン最大時間の総計は、作業開始日と終了日間の最大ギャップとなる作業ライン最大時間を出し、その回数で割った数値です。
受信パフォーマンス 前倒しの受入 WHSWorkLine 使用される配送日より早い作業開始日の作業ライン数。 配送日が確定されていない場合は、既定の配送日を使用します。
受信パフォーマンス 期限遵守の受入 WHSWorkLine 使用される配送日と同じ作業開始日の作業ライン数。 配送日が確定されていない場合は、既定の配送日を使用します。
受信パフォーマンス 受入遅延 WHSWorkLine 使われる出荷日より遅い作業開始日の作業ライン数。 配送日が確定されていない場合は、既定の配送日を使用します。
受信パフォーマンス 仕入先別の期限内 WHSWorkLine 前倒しの受入、期限厳守の受入、遅延受入 (この表で前の説明を参照してください)。
受信パフォーマンス 平均プット アウェイ (時間) を置くドック WHSWorkLine プット アウェイ平均時間 (この表で前の説明を参照してください)。
受信パフォーマンス 作業者別の平均プット アウェイ WHSWorkLine プット アウェイ平均時間 (この表で前の説明を参照してください)。
受信パフォーマンス 仕入先別の平均プット アウェイ時間 WHSWorkLine プット アウェイ平均時間 (この表で前の説明を参照してください)。
受信パフォーマンス 製品別の平均プット アウェイ時間 WHSWorkLine プット アウェイ平均時間 (この表で前の説明を参照してください)。
位置在庫の精度 合計数 WHSWorkLineCycleCount 絶対不一致数量が、0 (ゼロ) に等しいか、または超える循環数。
位置在庫の精度 不一致率 WHSWorkLineCycleCount 合計数で割った数値で、不一致となる循環数。 循環数が、絶対不一致数量が0 (ゼロ) を超える場合、不一致を持つと見なされます。
位置在庫の精度 不一致なし総数 WHSWorkLineCycleCount 絶対不一致数量が、0 (ゼロ) を超える循環数。
位置在庫の精度 不一致あり総計 WHSWorkLineCycleCount 絶対不一致数量が、0 (ゼロ) を超える循環数。
位置在庫の精度 時間経過にて集計される品目 WHSWorkLineCycleCount 不一致あり総数と不一致なし総数 (この表で前の説明を参照してください。)
位置在庫の精度 % より大きい品目数量の不一致 WHSWorkLineCycleCount 平均不一致とは、絶対不一致数量が 0 (ゼロ) を超える予想数量で割った絶対不一致数量です。 平均不一致数量とは、絶対不一致数量が0 (ゼロ) を超える平均絶対不一致数量です。 不一致あり総数、合計数、予測数量、および品目と場所別にグループ化された全数量となる棚卸数 (この表で前の説明を参照してください)。
位置在庫の精度 作業者別品目カウント WHSWorkLineCycleCount 不一致あり総数と不一致なし総数 (この表で前の説明を参照してください)。
位置在庫の精度 サイト / 倉庫別品目カウント WHSWorkLineCycleCount 不一致あり総数と不一致なし総数 (この表で前の説明を参照してください)。
位置在庫の精度 製品別不一致率 WHSWorkLineCycleCount 不一致率 (この表で前の説明を参照してください)。
出荷パフォーマンス 出荷済ライン SalesLine 出荷される販売ラインの数。
出荷パフォーマンス 期日前 CustPackingSlipOnTimeStatus 出荷日の状態が、1 (期日前) の販売ライン。 期日前とは、販売ラインの確定出荷日より早い梱包明細の出荷日。 出荷日が確定されていない場合は、出荷予定日を使用します。
出荷パフォーマンス 期限内 CustPackingSlipOnTimeStatus 出荷日の状態が、2 (期限内) の販売ライン。 期限内とは、販売ラインの確定出荷日と等しい梱包明細の出荷日。 出荷日が確定されていない場合は、出荷予定日を使用します。
出荷パフォーマンス 遅延 CustPackingSlipOnTimeStatus 出荷日の状態が、3 (遅延) の販売ライン。 遅延とは、販売ラインの確定出荷日より遅い梱包明細の出荷日。 出荷日が確定されていない場合は、出荷予定日を使用します。
出荷パフォーマンス 時間の経過と共に出荷 SalesLine CustPackingSlipOnTimeStatus 期日前、期限内、および遅延にて出荷された販売ラインの全数量の出荷済の注文書 (この表で前の説明を参照してください)。
出荷パフォーマンス 市町村別の遅延出荷 CustPackingSlipOnTimeStatus 遅延 (この表で前の説明を参照してください)。
出荷パフォーマンス 製品別出荷 CustPackingSlipOnTimeStatus 期日前、期限内、遅延 (この表で前の説明を参照してください)。
出荷パフォーマンス 顧客別出荷 CustPackingSlipOnTimeStatus 期日前、期限内、遅延 (この表で前の説明を参照してください)。
出荷パフォーマンス サイト / 倉庫別出荷 CustPackingSlipOnTimeStatus 期日前、期限内、遅延 (この表で前の説明を参照してください)。