システム テーブル

このトピックでは、システム テーブルについて説明します。

共通

共通テーブルとは、すべてのテーブルに対して基本クラスです。 これにデータは含まれていません。 多様な方法で任意のテーブルを参照するために主に X++ コードで使用されます。

メソッド

方法 説明
aosValidateDelete サーバー上で、指定されたレコードをテーブルから削除できることを検証します。
aosValidateInsert サーバー上で、指定されたレコードを挿入できることを検証します。
aosValidateRead サーバー上で、指定されたレコードを読み取れることを検証します。
aosValidateUpdate サーバー上で、指定されたレコードを更新できることを検証します。
buf2con X++ コンテナーに xRecord インスタンスのテーブル バッファーをパックします。
canSubmitToWorkflow ワークフローへの送信が可能かどうかを示します。
caption テーブルのキャプション プロパティを取得および設定します。
checkInvalidFieldAccess 無効なフィールド アクセスを取得および設定します。
checkRecord 必須フィールドをチェックするかどうかを示すプロパティを取得および設定します。
checkRestrictedDeleteActions レコードが削除されるかどうかを示すプロパティを取得および設定します。
クリア テーブル バッファーからすべての行を削除します。
会社 レコードの法人を示すプロパティを取得および設定します。
con2buf コンテナをテーブル バッファに展開します。
concurrencyModel レコードの更新に使用する既定の同時実行モデルを取得および設定します。
context コンテキスト プロパティを取得および設定します。
データ テーブルから行を取得します。
dataSource テーブルのデータ ソースを取得します。
dbOpInTransaction 失敗した場合にデータベース操作が正しく閉じられていることを確認します。
defaultField テーブルのフィールドの既定値を設定します。
defaultRow 非対話型の場合、テーブルのフィールドの既定値を設定します。
削除 テーブルから現在のレコードを削除します。
disableCache キャッシュが無効かどうかを示すプロパティを取得および設定します。
dispose XRecord オブジェクトによって使用されているリソースを解放します。
doClear 現在の行をテーブル バッファーから削除し、テーブルの clear メソッドの追加ロジックをバイパスします。
doDelete 現在のレコードをテーブルから削除し、テーブルの delete メソッドの追加ロジックをバイパスします。
doInsert テーブルにレコードを挿入し、テーブルの挿入メソッドで追加のロジックをバイパスします。
doUpdate 現在のレコードを更新し、テーブルの更新メソッドにある追加ロジックをバイパスします。
doValidateDelete レコードを削除できる検証するアクションを実行します。
等しい 指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。
fieldAccessRight フィールドのアクセス権を返します。
fieldBufferAccessRight 現在のレコードのフィールド アクセス権を返します。
fieldState テーブル バッファーのフィールドの状態を設定するか返します。
getAllowRedefault 既定値に再度設定することを許可されているフィールドの一覧を返します。
getDefaultingDependencies デフォルトの依存関係を保持するコンテナーを返します。
getExtension テーブル拡張機能を返します。
getFieldValue テーブル バッファから指定したフィールドの値を取得します。
getInstanceRelationType InstanceRelationType ID に対応するテーブルの名前を返します。
getPhysicalTableName 物理テーブル名を返します。SQL Temp DB テーブルの場合は、テーブル インスタンス名です。
getPresenceFieldData 指定されたフィールドから PresenceInfo 値を取得します。
getSQLStatement レコードをデータベースから取得するために使用される SQL ステートメントを取得します。
getTableInInstanceHierarchy
getTableType テーブルのタイプを示します。
helpField 指定したフィールドのヘルプ テキストを含む文字列を取得します。
initValue フィールドを既定値に初期化します。
inputStatus テーブル バッファーの現在の入力ステータスを設定するか返します。
insert テーブルにレコードを挿入します。
interactiveContext テーブル バッファーの現在のインタラクティブ コンテキストを設定するか返します。
isFieldDataRetrieved 指定されたフィールドのデータが取得されたかどうかをチェックします。
isFieldSet フィールドがセットまたは既定状態かどうかをチェックします。
isFormDataSource データ ソースがフォームであるかどうかを示します。
isNewRecord レコードがまだ保存されていない新しいレコードである場合は true を返します。
isPartOfUOWSaveChanges
isTempDb テーブルのタイプが SQL TempDB であるかどうかを示します。
isTmp これが一時テーブルであるかどうかを示します。
joinChild 現在のレコードの結合子を検索します。
joinParent 現在のレコードの結合の親を検索します。
linkPhysicalTableInstance レコードの物理テーブル インスタンスへのリンクがあるかどうかを確認します。
マージ 現在のテーブルを指定されたテーブルとマージします。
modifiedField 指定したフィールドを元通りに変更します。
modifiedFieldValue 指定したフィールドを元の値に変更します。
orig 現在のレコードの元の値を取得します。
overwriteSystemfields システム フィールドを上書きできるかどうかを示すプロパティを取得および設定します。
postLoad レコードが読み取られた後に実行されます。
queryTimedOut クエリが実行の時間制限を超過したかどうかを示します。
queryTimeout クエリの実行に対する時間制限を示すプロパティを取得および設定します。
readCommittedLock
readPast レコードの読み取り時に、他のプロセスによりロックされる行をスキップするかどうかを示すプロパティを取得および設定します。
recordLevelSecurity レコード レベルのセキュリティを適用するかどうかを示すプロパティを取得および設定します。
relatedTable テーブル バッファのリンクに関連するバッファーを設定するか返します。
hasRelatedTable 外部キー制約バッファがテーブルにリンクされているかどうかを示します。
renamePrimaryKey この表の対応する主キーの値の変更に従って、他のテーブルの外部キーの名前を変更します。
reread テーブルからレコードを再読み取りします。
RowCount テーブル内の行数を取得します。
selectForUpdate 読み取り時に更新用のレコードを選択するかどうかを示すプロパティを取得および設定します。
selectLocked ロックされているレコードを選択するかどうかを示します。
selectRefRecord 参照されているフィールド ID によりレコードを選択します。
selectWithRepeatableRead 反復可能な読み取りが有効かどうかを示すプロパティを取得および設定します。
setConnection この表のユーザー接続を設定します。
setCrossPartition テーブルのパーティション間分割を設定またはリセットします。
setFieldValue レコード バッファーのフィールド値を設定します。
setSQLTracing SQL トレース モードを有効または無効にします。
setTempDB
setTmp データベースに保存されていない場合にテーブルを設定します。
setTmpData 一時的なテーブルの内容を指定されたデータに設定します。
setXDSContext 新しい XDS コンテキストを設定します。
skipDatabaseLog データベース ログ要求をスキップするかどうかを示すプロパティを取得および設定します。
skipDataMethods オーバーロードされたメソッドを破棄するかどうかを示すプロパティを取得および設定します。
skipDeleteActions テーブルで削除アクションをスキップするかどうかを示すプロパティを取得および設定します。
skipDeleteMethod オーバーロードされたメソッドを破棄するかどうかを示すプロパティを取得および設定します。
skipEvents xRecord オブジェクトの有効期間の Application.event* メソッドの呼び出しをオフにするオプションを提供します。
skipPostLoad テーブルで xRecord.postLoad メソッドの実行をスキップするかどうかを示すプロパティを取得および設定します。
skipTTSCheck 更新用にレコードが選択されているかどうかを決定するため、チェックをスキップするかどうかを示すプロパティを取得および設定します。
suppressWarnings このポインタの警告を非表示にするかどうかを示すプロパティを取得および設定します。
tableAccessRight テーブルのアクセス権を返します。
tableBufferAccessRight 現在のレコードのテーブル アクセス権を返します。
toolTipField 指定されたフィールドの HelpText 値を取得します。
toolTipRecord 現在のレコードのツールヒント値を取得します。
ttsabort ttsbegin メソッドの呼び出しによって開始されたトランザクションの廃棄。
ttsbegin ttscommit メソッドによりコミット、または ttsabort メソッドによって中止できるトランザクションを開始します。
ttscommit ttsbegin メソッドの呼び出しによって開始されたトランザクションをコミットします。
更新 現在のレコードを更新します。
validateDelete 現在のレコードが有効で、データベースから削除する準備ができているかどうかを調べます。
validateField 指定されたフィールドが有効かどうかを判定します。
validateFieldValue
validateRelations
validateWrite 現在のレコードが有効で、書き込み可能な状態かどうかを判別します。
validTimeStateUpdateMode カーソルで有効な時間状態更新モードを設定します。
wasCached データの取得元となった場所を指定します。
write レコードが存在する場合は更新します。存在しない場合はレコードを挿入します。
xml 現在のオブジェクトを表す XML 文字列を取得します。
takeOwnershipOfTempDBTable
useExistingTempDBTable

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
CreatedBy 文字列 CreatedBy
CreatedDateTime UtcDateTime CreatedDateTime
CreatedTransactionId Int64 CreatedTransactionId
dataAreaId 文字列 DataAreaId
DEL_CreatedTime Int DEL_CreatedTime
DEL_ModifiedTime Int DEL_ModifiedTime
ModifiedBy 文字列 ModifiedBy
ModifiedDateTime UtcDateTime ModifiedDateTime
ModifiedTransactionId Int64 ModifiedTransactionId
パーティション Int64 パーティション
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
RelationType Int64 RelationType
RowNumber Int RowNumber
SequenceNum Int64 SequenceNum
TableId Int TableId
UnionAllBranchId Int UnionAllBranchId

リレーション

リレーション テーブル
dataAreaId DataArea

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecId

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル

DataArea

DataArea テーブルには、データベースで作成された会社の一覧が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
alwaysNative 列挙 ブール値
id 文字列 DataAreaId データ領域の ID
isVirtual 列挙 ブール値
名前 文字列 UserIdStr 氏名
パーティション Int64 パーティション (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
timeZone 列挙 タイム ゾーン

リレーション

リレーション テーブル
id DataArea
パーティション パーティション

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
ID
IdOnly

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル DataArea テーブル

DatabaseLog

DatabaseLog テーブルは、SysDatabaseLog テーブルのコンフィギュレーション情報を格納します。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
createdBy 文字列 CreatedBy
createdDateTime UtcDateTime CreatedDateTime
dEL_CreatedTime 整数 DEL_CreatedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
dEL_ModifiedTime 整数 DEL_ModifiedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
domainId 文字列 DomainId ドメインの ID
logField 整数 FieldId フィールド ID
logTable 整数 TableId テーブル ID
logType 列挙 DatabaseLogType
modifiedBy 文字列 ModifiedBy
modifiedDateTime UtcDateTime ModifiedDateTime
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion

フィールド グループ

フィールド グループ フィールド
logFieldRelation

リレーション

リレーション テーブル
Relation_DatabaseLog DEL_DomainInfo

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
ログリスト
RecId

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル DatabaseLog テーブル

DEL_AccessRightsList

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
accessType 列挙 AccessType
accessTypeFkeyUse 列挙 AccessType
createdBy 文字列 CreatedBy
createdDateTime UtcDateTime CreatedDateTime
dEL_CreatedTime 整数 DEL_CreatedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
dEL_ModifiedTime 整数 DEL_ModifiedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
domainId 文字列 DomainId ドメインの ID
elementName 文字列 UtilElementName アプリケーション要素の名前です。
groupId 文字列 UserGroupId ユーザー グループの ID
id Int
modifiedBy 文字列 ModifiedBy
modifiedDateTime UtcDateTime ModifiedDateTime
parentId Int
RecId Int64 RecId
レコード タイプ 列挙 AccessRecordType
recVersion 整数 RecVersion

リレーション

リレーション テーブル
Relation_AccessRightsList1 UtilIdElements
Relation_AccessRightsList2 UtilIdElements
Relation_AccessRightsList3 DEL_DomainInfo
Relation_AccessRightsList4 DEL_UserGroupInfo

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
要素
グループ化
RecId

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル DEL-AccessRightsList テーブル

DEL_CompanyDomainList

CompanyDomainList テーブルには、DomainInfo および DataArea テーブル間の関連付けが含まれています。 ドメインごとにセキュリティ権限が付与されます。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
companyId 文字列 SelectableDataArea 選択可能な会社の ID
createdBy 文字列 CreatedBy
createdDateTime UtcDateTime CreatedDateTime
dEL_CreatedTime 整数 DEL_CreatedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
dEL_ModifiedTime 整数 DEL_ModifiedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
domainId 文字列 DomainId ドメインの ID
modifiedBy 文字列 ModifiedBy
modifiedDateTime UtcDateTime ModifiedDateTime
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion

リレーション

リレーション テーブル
companyId DataArea
domainId DEL_DomainInfo

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
法人
ドメイン
RecId

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル DEL_CompanyDomainList テーブル

DEL_DomainInfo

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
id 文字列 DomainId ドメインの ID
名前 文字列 UserIdStr 氏名
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion

リレーション

リレーション テーブル
id DEL_DomainInfo

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
ID

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル DEL_DomainInfo テーブル

DEL_UserGroupInfo

UserGroupInfo テーブルには、使用可能なユーザー グループの一覧が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
id 文字列 UserGroupId ユーザー グループの ID
名前 文字列 UserIdStr 氏名
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion

リレーション

リレーション テーブル
id UserGroupInfo

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
ID

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル DEL_UserGroupInfo テーブル

DEL_UserGroupList

UserGroupList テーブルには、各ユーザー グループに関連付けられているユーザーのリストが含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
createdBy 文字列 CreatedBy
createdDateTime UtcDateTime CreatedDateTime
dEL_CreatedTime 整数 DEL_CreatedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
dEL_ModifiedTime 整数 DEL_ModifiedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
groupId 文字列 UserGroupId ユーザー グループの ID
modifiedBy 文字列 ModifiedBy
modifiedDateTime UtcDateTime ModifiedDateTime
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
userId 文字列 UserId ユーザー ID

リレーション

リレーション テーブル
Relation_UserGroupList1 DEL_UserGroupInfo
Relation_UserGroupList2 UserInfo

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
GroupId
RecId
UserId

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル DEL_UserGroupList テーブル

ModelSecPolRuntimeEx

ModelSecPolRuntimeEx テーブルは、セキュリティ ポリシーを適用するために必要なランタイム メタデータが保存されます。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
ConstrainedTable 文字列
ContextString 文字列
ContextType Int
DEL_ElementHandle Int
DEL_IsEnabled Int
DEL_LayerId Int
ElementHandle Int
IsDirty Int
IsEnabled Int
IsModeled Int
LayerId Int
ModeledQueryDebugInfo 文字列
ModeledQueryPackData コンテナー
氏名 文字列
工程 Int
PrimaryTableAOTName 文字列
QueryObjectAOTName 文字列
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
ConstrainedTableIdx ConstrainedTable
RecIDIdx RecId

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル ModelSecPolRuntimeEx テーブル

ModelSecPolRuntimeView

ModelSecPolRuntimeView ビューは、現在アクティブなセキュリティ ポリシーのランタイム メタデータを表示します。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
ConstrainedTable 文字列
ContextString 文字列
ContextType Int
ElementHandle Int
IsDirty Int
IsModeled Int
LayerId Int
ModeledQueryDebugInfo 文字列
ModeledQueryPackData コンテナー
氏名 文字列
工程 Int
PrimaryTableAOTName 文字列
QueryObjectAOTName 文字列
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル ModelSecPolRuntimeView テーブル

パーティション

Partitions テーブルには、システム内のデータ パーティションの一覧が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
createdBy 文字列 CreatedBy (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
createdDateTime UtcDateTime CreatedDateTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
dEL_CreatedTime 整数 DEL_CreatedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
dEL_ModifiedTime 整数 DEL_ModifiedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
modifiedBy 文字列 ModifiedBy (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
modifiedDateTime UtcDateTime ModifiedDateTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
名前 文字列 UserIdStr 名前 (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
PartitionKey 文字列 PartitionKey パーティション キー (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
RecId Int64 RecId (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
recVersion 整数 RecVersion (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))

フィールド グループ

フィールド グループ フィールド
AutoIdentification

リレーション

リレーション テーブル
PartitionKey パーティション

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
PartitionIdx
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル Partitions テーブル

PrintJobHeader

PrintJobHeader テーブルには、現在のプリント ジョブに関する情報が含まれています

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
createdBy 文字列 CreatedBy
createdDateTime UtcDateTime CreatedDateTime
dataAreaId 文字列 DataAreaId
dEL_CreatedTime 整数 DEL_CreatedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
deviceName 文字列
形式 列挙 PrintFormat
ジョブの説明 文字列
ジョブ ステータス 列挙 PrintJobStatus
ジョブ タイプ 文字列
ページ数 Int
パーティション Int64 パーティション (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
printedBy 文字列 UserId ユーザー ID
印刷日 日付
印刷時刻 Int
printerInfo コンテナー
printFromPage Int
printNumcopies Int
printOnServer 列挙 ブール値
printToPage Int
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
unlimitedPageHeight 列挙 ブール値

リレーション

リレーション テーブル
dataAreaId DataArea
パーティション パーティション
printedBy UserInfo

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
CreatedBy
CreatedDate
JobType
RecId

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル PrintJobHeader テーブル

PrintJobPages

PrintJobPages テーブルには、プリント ジョブの現在印刷中のページに関する情報が含まれています

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
dataAreaId 文字列 DataAreaId
numberOfLines Int
pageContents コンテナー
pageNo Int
pagesHeaderRecId Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
パーティション Int64 パーティション (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion

リレーション

リレーション テーブル
dataAreaId DataArea
pagesHeaderRecId PrintJobHeader
パーティション パーティション
Relation_PrintJobPages1 PrintJobHeader

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
PageNo
RecId

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル PrintJobPages テーブル

SecurableObject

SecurableObject テーブルには、セキュリティ フレームワークによるすべてのセキュリティ コンポーネント参照が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
ChildName 文字列 SecurableChildName セキュリティ保護可能なオブジェクトの子の名前です。
氏名 文字列 SecurableName セキュリティ保護可能なオブジェクトの名前です。
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
種類 列挙 SecurableType

フィールド グループ

フィールド グループ フィールド
AutoLookup

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
NameChildTypeIdx
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecurableObject テーブル

SecurityDuty

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
識別子 文字列 SecurityDutyIdentifier
氏名 文字列 SecurityDutyName
説明 文字列 SecurityDutyDescription

フィールド グループ

フィールド グループ フィールド
AutoIdentification 氏名

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx RecId
IdentifierIdx 識別子
NameIdx 氏名

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecurityDuty テーブル

SecurityEntryPointInferredTables

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
EntryPointName 文字列 SecurableName
種類 列挙 SecurableType
TableName 文字列 SecurableName
AllowEdit 列挙 ブール値
AllowCreate 列挙 ブール値
AllowDelete 列挙 ブール値
ValidTimeStateUpdate 列挙 ValidTimeStateUpdate

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx RecId
EntryPointTableIdx EntryPointName, Type, TableName, ValidTimeStateUpdate

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecurityEntryPointInferredTables テーブル

SecurityEntryPointLink テーブルには、メニュー項目や Web メニュー項目の AOT ノードで指定されているセキュリティ保護可能なオブジェクト マッピングへのエントリ ポイントが含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
EntryPoint Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
PermissionOwner Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
有効期間開始日 UtcDateTime
ValidTo UtcDateTime

リレーション

リレーション テーブル
Relation_SecurityEntryPointLink1 SecurableObject
Relation_SecurityEntryPointLink2 SecurableObject

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
EntryPointIdx
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecurityEntryPointLink テーブル

SecurityPermission

SecurityPermission テーブルには、フォーム、レポート、セキュリティ コードのアクセス許可、およびサービス操作の AOT ノードで指定されているアクセス許可の一覧が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
アクセス 列挙 AccessRight
グループ化 列挙 AccessRight
所有者 Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
SecurableObject Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
有効期間開始日 UtcDateTime
ValidTo UtcDateTime

リレーション

リレーション テーブル
Relation_SecurityPermission1 SecurableObject
Relation_SecurityPermission2 SecurableObject

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
OwnerGroupObjectIdx
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecurityPermission テーブル

SecurityPrivilege

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
識別子 文字列 SecurityPrivilegeIdentifier
氏名 文字列 SecurityPrivilegeName
説明 文字列 SecurityPrivilegeDescription

フィールド グループ

フィールド グループ フィールド
AutoIdentification 氏名

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx RecId
IdentifierIdx 識別子
NameIdx 氏名

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecurityPrivilege テーブル

SecurityRole

SecurityRole テーブルには、セキュリティ AOT ロール ノードで定義したロールの一覧が反映されます。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
AllowCurrentRecords 列挙 AccessRight
AllowFutureRecords 列挙 AccessRight
AllowPastRecords 列挙 AccessRight
AotName 文字列 SecurityRoleAotName AOT のロールの名前です。
ContextString 文字列
DEL_AllowCurrentRecords 列挙 AccessRight
DEL_AllowFutureRecords 列挙 AccessRight
DEL_AllowPastRecords 列挙 AccessRight
DEL_IsEnabled 列挙 ブール値
説明 文字列 SecurityRoleDescription セキュリティ ロールの説明です。
IsEnabled 列挙 ブール値
氏名 文字列 SecurityRoleName セキュリティ ロールの名前です。
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
UserLicenseType 列挙 UserLicenseType

フィールド グループ

フィールド グループ フィールド
AutoIdentification

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
AotNameIdx
NameIdx
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecurityRole テーブル

SecurityRoleAssignmentRule

動的にユーザーをロールに割り当てるためのルール

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
MembershipRuleDescription 文字列 MembershipRuleDescription 自動ロール メンバーシップ ルールの説明
MembershipRuleName 文字列 MembershipRuleName 自動ロール メンバーシップ ルールの名前
パーティション Int64 パーティション (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
RuleQuery コンテナー
SecurityRole Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
有効期間開始日 UtcDateTime
ValidTo UtcDateTime

リレーション

リレーション テーブル
パーティション パーティション
SecurityRole SecurityRole
SecurityRoleRelationShip SecurityRole

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
AlternateKey
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecurityRoleAssignmentRule テーブル

SecurityRoleDutyExplodedGraph

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
SecurityRole Int64 RecId
SecurityDuty Int64 RecId

リレーション

リレーション テーブル
SecurityRole SecurityRole
SecurityDuty SecurityDuty

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx RecId
RoleDutyIdx SecurityRole、SecurityDuty

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecurityRoleDutyExplodedGraph テーブル

SecurityRoleExplodedGraph

SecurityRoleExplodedGraph テーブルには、セキュリティ ロール ノードの AOT サブロール ノードで定義されているすべてのロール関係 (直接または間接) が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
RefCount Int
SecurityRole Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
SecuritySubRole Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID

リレーション

リレーション テーブル
Relation_SecurityRole1 SecurityRole
Relation_SecurityRole2 SecurityRole
SecurityRole SecurityRole
SecuritySubRole SecurityRole

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx
RoleSubRoleIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecurityRoleExplodedGraph テーブル

SecurityRolePermissionOverride

SecurityRolePermissionOverride テーブルには、セキュリティ ロール AOT ノードで指定されているアクセス許可の一覧が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
アクセス 列挙 AccessRight
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
SecurableObject Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
SecurityRole Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
有効期間開始日 UtcDateTime
ValidTo UtcDateTime

リレーション

リレーション テーブル
Relation_SecurityRolePermissionOverride1 SecurityRole
Relation_SecurityRolePermissionOverride2 SecurableObject

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx
RoleObjectIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecurityRolePermissionOverride テーブル

SecurityRolePrivilegeExplodedGraph

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
SecurityRole Int64 RecId
SecurityPrivilege Int64 RecId

リレーション

リレーション テーブル
SecurityRole SecurityRole
SecurityPrivilege SecurityPrivilege

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx RecId
RolePrivilegeIdx SecurityRole、SecurityPrivilege

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecurityRolePrivilegeExplodedGraph テーブル

SecurityRoleRuntime

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
SecurityRole Int64 RecId
氏名 文字列 SecurableName
ChildName 文字列 SecurableChildName
種類 列挙 SecurableType
CreateAccess Int
ReadAccess Int
UpdateAccess Int
DeleteAccess Int
CorrectAccess Int
InvokeAccess Int
PastCreateAccess Int
PastReadAccess Int
PastUpdateAccess Int
PastDeleteAccess Int
PastCorrectAccess Int
PastInvokeAccess Int
CurrentCreateAccess Int
CurrentReadAccess Int
CurrentUpdateAccess Int
CurrentDeleteAccess Int
CurrentCorrectAccess Int
CurrentInvoke Int
FutureCreateAccess Int
FutureReadAccess Int
FutureUpdateAccess Int
FutureDeleteAccess Int
FutureCorrectAccess Int
FutureInvokeAccess Int

フィールド グループ

フィールド グループ フィールド
AutoIdentification Name、ChildName、Type

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx RecId
RoleIDIdx SecurityRole
SecurableObjectIdx タイプ、名前、ChildName

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecurityRoleRuntime テーブル

SecurityRoleTaskGrant

SecurityRoleTaskGrant テーブルには、AOT セキュリティ ロール ノードによって定義されるとおり、ローカルから職務権限へのマッピングとロールから特権へのマッピングの一覧が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
SecurityRole Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
SecurityTask Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID

リレーション

リレーション テーブル
Relation_SecurityRoleTaskGrant1 SecurityRole
Relation_SecurityRoleTaskGrant2 SecurityTask

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx
RoleTaskIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecurityRoleTaskGrant テーブル

SecuritySegregationOfDutiesConflict

SecuritySegregationOfDutiesConflict テーブルには、ロールへのユーザーの割り当て試行の結果生じた職務分掌競合と、権限のあるユーザーから提供された競合の解決策に関する情報が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
AssignmentMode 列挙 RoleAssignmentMode
createdBy 文字列 CreatedBy
createdDateTime UtcDateTime CreatedDateTime
dEL_CreatedTime 整数 DEL_CreatedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
DEL_ExistingTask Int64 RecId
dEL_ModifiedTime 整数 DEL_ModifiedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
DEL_NewTask Int64 RecId
ExistingDuty Int64 RecId
ExistingRole Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
ExistingTask Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
modifiedBy 文字列 ModifiedBy
modifiedDateTime UtcDateTime ModifiedDateTime
NewDuty Int64 RecId
NewRole Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
NewTask Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
パーティション Int64 パーティション (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
ReasonForOverride VarString SegregationOfDutiesOverrideComment 職務分掌違反を上書きする理由に関するコメント
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
解像度 列挙 SegregationOfDutiesResolution
SegregationOfDutiesRule Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
ユーザー 文字列 UserId ユーザー ID

リレーション

リレーション テーブル
ExistingDuty SecurityDuty
ExistingRole SecurityRole
ExistingRoleRelationship SecurityRole
ExistingTaskRelationship SecurityTask
NewDuty SecurityDuty
NewRole SecurityRole
NewRoleRelationship SecurityRole
NewTaskRelationship SecurityTask
パーティション パーティション
Relation_SecuritySegregation7 UserInfo
SecuritySODRuleRelationship SecuritySegregationOfDutiesRule
SegregationOfDutiesRule SecuritySegregationOfDutiesRule
ユーザー UserInfo

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
AlternateKey
ExistingDutyIdx ExistingDuty
ExistingRoleIdx
ExistingTaskIdx
NewDutyIdx NewDuty
NewRoleIdx
NewTaskIdx
RecIDIdx
UserInfoIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecuritySegregationOfDutiesConflict テーブル

SecuritySegregationOfDutiesRule

SecuritySegregationOfDutiesRule テーブルは、職務分掌を規定するルールを格納します。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
DEL_FirstSecurityTask Int64 RecId
DEL_SecondSecurityTask Int64 RecId
FirstDuty Int64 RecId
FirstSecurityTask Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
軽減策 文字列 SecurityMitigation 職務分掌ルールの違反に関するリスクの軽減策
氏名 文字列 SegregationOfDutiesRuleName 職務分掌ルールの名前
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
リスク 文字列 SecurityRisk 職務分掌ルールの違反に関するリスク
SecondDuty Int64 RecId
SecondSecurityTask Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
重要度 列挙 SegregationOfDutiesSeverity
有効期間開始日 UtcDateTime
ValidTo UtcDateTime

フィールド グループ

フィールド グループ フィールド
AutoIdentification

リレーション

リレーション テーブル
FirstDuty SecurityDuty
FirstSecurityTaskRelationship SecurityTask
SecondDuty SecurityDuty
SecondSecurityTaskRelationship SecurityTask

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
AlternateKey
FirstSecurityDuty FirstDuty
NameIdx
RecIDIdx
SecondSecurityDuty SecondDuty
SecondSecurityTask

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecuritySegregationOfDutiesRule テーブル

SecuritySubRole

SecuritySubRole テーブルには、セキュリティ ロール AOT ノードで指定されているすべてのサブロールが含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
SecurityRole Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
SecuritySubRole Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
有効期間開始日 UtcDateTime
ValidTo UtcDateTime

リレーション

リレーション テーブル
Relation_SecuritySubRole1 SecurityRole
Relation_SecurityTaskPermission2 SecurityRole
SecurityRole SecurityRole
SecuritySubRole SecurityRole

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx
RoleSubRoleIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecuritySubRole テーブル

SecuritySubTask

SecuritySubTask テーブルには、セキュリティ職務権限 AOT ノードで指定されている職務権限から特権へのマッピングが含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
SecuritySubTask Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
SecurityTask Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
有効期間開始日 UtcDateTime
ValidTo UtcDateTime

リレーション

リレーション テーブル
Relation_SecuritySubTask1 SecurityTask
Relation_SecuritySubTask2 SecurityTask

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx
TaskSubTaskIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecuritySubTask テーブル

SecurityTask

SecurityTask テーブルには、AOT セキュリティ職務権限およびセキュリティ特権ノードで定義されている職務権限と権限の一覧が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
AotName 文字列 SecurityTaskAotName AOT のタスクの名前です。
説明 文字列 SecurityTaskDescription プロセス サイクル、職務権限、または権限の説明です。
IsEnabled 列挙 ブール値
IsPermissionSet 列挙 ブール値
氏名 文字列 SecurityTaskName プロセス サイクル、職務権限、または権限の名前です。
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
種類 列挙 SecurityTaskType

フィールド グループ

フィールド グループ フィールド
AutoIdentification

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
AotNameIdx
NameIdx
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecurityTask テーブル

SecurityTaskEntryPoint

SecurityTaskEntryPoint テーブルには、AOT セキュリティ権限ノードで指定されている特権からエントリ ポイントへのマッピングの一覧が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
EntryPoint Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
PermissionGroup 列挙 AccessRight
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
SecurityTask Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
有効期間開始日 UtcDateTime
ValidTo UtcDateTime

リレーション

リレーション テーブル
Relation_SecurityTaskEntryPoint1 SecurityTask
Relation_SecurityTaskEntryPoint2 SecurableObject

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx
TaskEntryPointIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecurityTaskEntryPoint テーブル

SecurityTaskExplodedGraph

SecurityTaskExplodedGraph テーブルには、セキュリティ職務権限 AOT ノードで指定されている職務権限から特権へのマッピングが含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
RefCount Int
SecuritySubTask Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
SecurityTask Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID

リレーション

リレーション テーブル
Relation_SecurityTaskExplodedGraph1 SecurityTask
Relation_SecurityTaskExplodedGraph2 SecurityTask

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx
SubTaskIdx
TaskSubTaskIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecurityTaskExplodedGraph テーブル

SecurityTaskPermission

SecurityTaskPermission テーブルは使用されていません。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
アクセス Int
レベル Int
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
SecurableObject Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
SecurityTask Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID

リレーション

リレーション テーブル
Relation_SecurityTaskPermission1 SecurityTask
Relation_SecurityTaskPermission2 SecurableObject

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx
TaskObjectIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecurityTaskPermission テーブル

SecurityTaskPermissionOverride

SecurityTaskPermissionOverride テーブルには、セキュリティ権限 AOT ノードで指定されているアクセス許可の一覧が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
アクセス 列挙 AccessRight
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
SecurableObject Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
SecurityTask Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
有効期間開始日 UtcDateTime
ValidTo UtcDateTime

リレーション

リレーション テーブル
Relation_SecurityTaskPermissionOverride1 SecurityTask
Relation_SecurityTaskPermissionOverride2 SecurableObject

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx
TaskObjectIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecurityTaskPermissionOverride テーブル

SecurityUserRole

SecurityUserRole テーブルには、ユーザーからロールへのマッピングが含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
AssignmentMode 列挙 RoleAssignmentMode
AssignmentStatus 列挙 RoleAssignmentStatus
パーティション Int64 パーティション (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
SecurityRole Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
ユーザー 文字列 UserId ユーザー ID
有効期間開始日 UtcDateTime
ValidTo UtcDateTime

リレーション

リレーション テーブル
パーティション パーティション
Relation_SecurityRole SecurityRole
Relation_SecurityUserRole3 UserInfo
SecurityRole SecurityRole
ユーザー UserInfo

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx
UserRoleIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecurityUserRole テーブル

SecurityUserRoleCondition

SecurityUserRoleCondition テーブルには、ユーザーからロールへのマッピングを制限する会社の一覧が含まれています。 役割のマッピングに特定のユーザーのエントリが存在しない場合、ユーザーには、その役割の権限がすべての企業に付与されます。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
ControllingKey int64
DataArea 文字列 DataAreaId データ領域の ID
パーティション Int64 パーティション (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
SecurityUserRole Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID

リレーション

リレーション テーブル
DataArea DataArea
パーティション パーティション
Relation_SecurityUserRoleCondition1 SecurityUserRole
Relation_SecurityUserRoleCondition2 DataArea
SecurityUserRole SecurityUserRole

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx
UserRoleDataAreaIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SecurityUserRoleCondition テーブル

SqlDescribe

SqlDescribe テーブルは、テーブルおよびフィールドのメタデータを格納するために使用します。 SqlDataDictionary::tablemetadata メソッドは、バックエンド データベース クエリを使用して、このテーブルを設定します。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
array Int
fieldId 整数 FieldId フィールド ID
fieldType 列挙 種類
flags Int
名前 文字列 UtilElementName アプリケーション要素の名前です。
nullable 列挙 ブール値
numericPrecision Int
numericScale Int
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
rightJustify 列挙 ブール値
影付き 列挙 ブール値
sqlName 文字列 UtilElementName アプリケーション要素の名前です。
strSize Int
tabId 整数 TableId テーブル ID

フィールド グループ

フィールド グループ フィールド
fieldIdRelation

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
フィールド
RecId
SqlName

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SqlDescribe テーブル

SqlDictionary

SqlDictionary テーブルは、テーブルおよびフィールド メタデータに関するデータベースの現在の状態について説明します。 このテーブルには、ビューおよび表の依存関係情報も含まれています。 データベース同期エンジンは、SqlDictionary テーブルを使用して、AOT とデータベースを同期させるために必要なアクションを決定します。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
array Int
fieldId 整数 FieldId フィールド ID
fieldType 列挙 種類
flags Int
名前 文字列 UtilElementName アプリケーション要素の名前です。
nullable 列挙 ブール値
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
rightJustify 列挙 ブール値
影付き 列挙 ブール値
sqlName 文字列 UtilElementName アプリケーション要素の名前です。
strSize Int
tabId 整数 TableId テーブル ID

フィールド グループ

フィールド グループ フィールド
fieldIdRelation

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
フィールド
RecId

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SqlDictionary テーブル

SqlParameters

SqlParameters テーブルは、パラメーターと値の組み合わせの形式でデータベースに関連する情報を格納します。 このテーブルは Microsoft Dynamics AX 2009 では使用されません。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
id Int
iParm Int
iValue Int
parm 文字列
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
文字列

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
Parm

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SqlParameters テーブル

SqlStatistics

SqlStatistics テーブルは、ユーザーの関連するデータベースの統計情報を格納します。 このテーブルは Microsoft Dynamics AX 2009 では使用されません。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
dEL_ModifiedTime 整数 DEL_ModifiedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
indexId 整数 IndexId インデックス ID
modifiedBy 文字列 ModifiedBy
modifiedDateTime UtcDateTime ModifiedDateTime
objectType 列挙 SqlStatType
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
tabId 整数 TableId テーブル ID
userId 文字列 UserId ユーザー ID
value1 Int
value10 Int
value11 Int
value12 Int
value2 Int
value3 Int
value4 Int
value5 Int
value6 Int
value7 Int
value8 Int
value9 Int

フィールド グループ

フィールド グループ フィールド
indexIdRelation

リレーション

リレーション テーブル
Relation_SqlStats1 SqlStatistics
Relation_SqlStats2 UserInfo
tabId SqlStatistics
userId UserInfo

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
ID
RecId

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SqlStatistics テーブル

SqlStorage

SqlStorage テーブルには、テーブル スペースに関する情報とその Oracle 属性が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
id Int
indexId 整数 IndexId インデックス ID
objectType Int
上書き 列挙 ブール値
parm 文字列
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
tabId 整数 TableId テーブル ID
文字列

フィールド グループ

フィールド グループ フィールド
indexIdRelation

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
ID

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SqlStorageテーブル

SqlSyncInfo

SqlSyncInfo テーブルは、データベース同期プロセス中にメッセージと DDL ステートメントをキャプチャします。 同期プロセスが完了すると、テーブル内の情報が削除されます。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
ID Int
LogType 列挙 SqlSyncLogType
MessageType 列挙 SqlSyncMessageType
ParentID Int
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
順番 Int
SyncTable 列挙 ブール値
TableName 文字列
テキスト 文字列
WarningOk 列挙 ブール値

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
TableName

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateReadUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、読み取り、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SqlSyncInfo テーブル

サブクエリ

Subquery テーブルは、職位に基づくページング機能によって使用されます。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
dataAreaId 文字列 DataAreaId
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion

リレーション

リレーション テーブル
dataAreaId DataArea

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecId

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル Sebquery テーブル

SysActiveTempTable

SysActiveTempTable テーブルは、現在作成されている一時データベース テーブルに関するデータを提供します。 このテーブルは、これらのテーブルの存続期間を管理するためにフレームワークによって使用されます。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
createdDateTime UtcDateTime CreatedDateTime
dEL_CreatedTime 整数 DEL_CreatedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
InstanceId 文字列 UtilElementName アプリケーション要素の名前です。
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
RelationTypeId Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
ServerId Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
SessionId Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
InstanceIdIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysActiveTempTable テーブル

SysBCProxyUserAccount

SysBCProxyUserAccount テーブルは、SysBcAliasForm セキュリティ フォームを通じて入力されているビジネス コネクタ プロキシ情報を格納します。 このテーブルには、常に 1 つのレコードが格納されます。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
networkAlias 文字列 NetworkAlias
networkDomain 文字列 NetworkDomain
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
sid 文字列 Sid

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecID
Sid

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysBCProxyUserAccount テーブル

SysBreakpointList

SysBreakpointList テーブルには、MorphX にブレークポイントを持つ開発者の一覧が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
createdBy 文字列 CreatedBy
createdDateTime UtcDateTime CreatedDateTime
dEL_CreatedTime 整数 DEL_CreatedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
machineName 文字列 NetworkDomain
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
userId 文字列 UserId ユーザー ID
のバージョン Int

リレーション

リレーション テーブル
userId UserInfo

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecId
UserId

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysBreakpointList テーブル

SysBreakpoints

SysBreakpoints テーブルには、MorphX にあるすべてのブレークポイントの一覧が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
codePath コンテナー
lineNo Int
listRecId Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
ステータス Int
のバージョン Int

リレーション

リレーション テーブル
listRecId SysBreakpointList
Relation_SysBreakpoints1 SysBreakpointList

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
ListRecId

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysBreakpoints テーブル

SysCacheFlush

SysCacheFlush テーブルには、複数の AOS サーバー間のキャッシュの同期に使用されるデータが含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
ClearData コンテナー
FlushData コンテナー
FlushVersion Int
modifiedDateTime UtcDateTime ModifiedDateTime
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
スコープ 文字列 GlobalObjectCacheScope グローバル オブジェクト キャッシュのインスタンスの名前です。

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
CacheScopeIdx
RecIDIdx

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysCacheFlush テーブル

SysClientAccessLog

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
ClientComputer 文字列 UserIdStr 氏名
createdBy 文字列 CreatedBy
createdDateTime UtcDateTime CreatedDateTime
EventsContainer コンテナー
パーティション Int64 パーティション (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
SessionId Int

リレーション

リレーション テーブル
パーティション パーティション

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
CreatedByIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysClientAccessLog テーブル

SysClientSessions

SysClientSessions には、システムで現在アクティブなクライアント セッションのデータが含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
clientComputer 文字列 UserIdStr 氏名
clientType Int
DataPartition 文字列 PartitionKey パーティション キー (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
DEL_会社 文字列
DEL_ログイン_時間 Int
helpLanguage 文字列 InstalledLanguageId
LoginDateTime UtcDateTime
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
ServerId Int
SessionId Int
sessionType Int
sid 文字列 Sid
ステータス Int
userId 文字列 UserId ユーザー ID
userLanguage 文字列 InstalledLanguageId
バージョン Int

リレーション

リレーション テーブル
DataPartition パーティション
Relation_SysClientSessions1 SysServerSessions
Relation_SysClientSessions2 UserInfo
ServerId SysServerSessions
userId UserInfo

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
ServerId
SessionId
ステータス ステータス
Status_ClientType_UserId

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysClientSessions テーブル

SysConfig

SysConfig テーブルには、ライセンスおよびコンフィギュレーション情報が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
configType 列挙 ConfigType
createdBy 文字列 CreatedBy
createdDateTime UtcDateTime CreatedDateTime
dEL_CreatedTime 整数 DEL_CreatedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
dEL_ModifiedTime 整数 DEL_ModifiedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
expiration 文字列
id Int
modifiedBy 文字列 ModifiedBy
modifiedDateTime UtcDateTime ModifiedDateTime
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
shadowValue 文字列 (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
timestamp 文字列 (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
userCount Int
文字列

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
ConfigType
RecId

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysConfig テーブル

SysEncryptionKey

SysEncryptionKey テーブルには、EP クエリ文字列を暗号化し、データ パラメーターを転記するために使用される暗号化キーが格納されます。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
createdBy 文字列 CreatedBy
createdDateTime UtcDateTime CreatedDateTime
dEL_CreatedTime 整数 DEL_CreatedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
dEL_ModifiedTime 整数 DEL_ModifiedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
キー コンテナー
modifiedBy 文字列 ModifiedBy
modifiedDateTime UtcDateTime ModifiedDateTime
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecID

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysEncryptionKey テーブル

SysGlobalConfiguration

SysGlobalConfiguration テーブルには、特定のコンポーネントを構成するために使用できるシステム レベル グローバル設定が保存されます。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
氏名 文字列
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
ServerId 文字列
SettingLevel Int
先頭値 文字列

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
NameIdx
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysGlobalConfiguration テーブル

SysInheritanceRelations

テーブル継承の SysInheritanceRelations フレームワーク ヘルパー テーブル。 テーブルには、テーブル継承階層関連の情報が格納されます。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
MainTableId Int
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
RelatedTableId Int

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
主要
RelatedMain

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysInheritanceRelations テーブル

SysLastValue

SysLastValue テーブルは、ユーザーがシステムを移動したときに記録される使用状況データの記憶域です。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
会社 文字列 SelectableDataArea 選択可能な会社の ID
designName 文字列 UtilElementName アプリケーション要素の名前です。
elementName 文字列 UtilElementName アプリケーション要素の名前です。
Is Kernel 列挙 ブール値
パーティション Int64 パーティション (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
RecId Int64 RecId
レコード タイプ 列挙 UtilElementType
recVersion 整数 RecVersion
userId 文字列 UserId ユーザー ID
コンテナー

リレーション

リレーション テーブル
isVirtual_Extern DataArea
パーティション パーティション
Relation_SysLastValue1 UserInfo
Relation_SysLastValue2 DataArea
userId UserInfo

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecordType
UserId

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysLastValue テーブル

SysModel

SysModel テーブルには、システムにインストールされているモデルに関する情報が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
createdBy 文字列 CreatedBy
createdDateTime UtcDateTime CreatedDateTime
レイヤー Int64 LayerRecid レイヤーの ID です。
modifiedBy 文字列 ModifiedBy
modifiedDateTime UtcDateTime ModifiedDateTime
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
行政単位 (区画) 文字列

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysModel テーブル

SysModelElement

SysModelElement テーブルは、インストールが保持する ModelElements を一覧表示します。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
AxId 整数 UtilElementId アプリケーション オブジェクトの一意の内部識別番号です。
ElementType Int64 ModelElementType ElementType の ID
氏名 文字列
元金額
ParentId 整数 UtilElementParentId 親アプリケーション オブジェクトの一意の内部識別番号
ParentModelElement Int64 ParentModelElementRecid 親モデル要素の ID
PartOfInheritance Int
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
RootModelElement Int64 RootModelElementRecid ルート モデル要素の ID

リレーション

リレーション テーブル
ElementType SysModelElementType
Relation_SysModelElementType SysModelElementType

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysModelElement テーブル

SysModelElementData

SysModelElementData テーブルは、任意の SysModelElement のレイヤー固有のデータを提供します。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
createdBy 文字列 CreatedBy
createdDateTime UtcDateTime CreatedDateTime
レイヤー Int64 LayerRecid レイヤーの ID です。
LegacyId Int
ModelElement Int64 ModelElementRecid ModelElement の ID
ModelId 整数 ModelId モデルの ID です。
modifiedBy 文字列 ModifiedBy
modifiedDateTime UtcDateTime ModifiedDateTime
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
SaveCount Int

リレーション

リレーション テーブル
レイヤー SysModelLayer
ModelElement SysModelElement
ModelId SysModel
Relation_SysModel SysModel
Relation_SysModelElement SysModelElement
Relation_SysModelLayer SysModelLayer

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysModelElementData テーブル

SysModelElementDataOld

SysModelElementDataOld テーブルは、任意の SysModelElementOld のレイヤー固有のデータを提供します。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
createdBy 文字列 CreatedBy
createdDateTime UtcDateTime CreatedDateTime
レイヤー Int64 LayerRecid レイヤーの ID です。
LegacyId Int
ModelElement Int64 ModelElementRecid ModelElement の ID
ModelId 整数 ModelId モデルの ID です。
modifiedBy 文字列 ModifiedBy
modifiedDateTime UtcDateTime ModifiedDateTime
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
SaveCount Int

リレーション

リレーション テーブル
レイヤー SysModelLayerOld
ModelElement SysModelElementOld
ModelId SysModelOld
Relation_SysModelElementOld SysModelElementOld
Relation_SysModelLayerOld SysModelLayerOld
Relation_SysModelOld SysModelOld

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysModelElementDataOld テーブル

SysModelElementLabel

SysModelElementLabel テーブルには、特定の言語のラベル テキストが含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
コメント 文字列
ID Int
LabelId 文字列
言語 文字列
モジュール 文字列
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
テキスト 文字列

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
ModuleLangIDIdx
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysModelElementLabel テーブル

SysModelElementLabelOld

SysModelElementLabelOld テーブルには、特定の言語のラベル テキストが含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
コメント 文字列
ID Int
LabelId 文字列
言語 文字列
モジュール 文字列
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
テキスト 文字列

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysModelElementLabelOld テーブル

SysModelElementOld

SysModelElementOld テーブルは、インストールが保持する ModelElements を一覧表示します。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
AxId 整数 UtilElementId アプリケーション オブジェクトの一意の内部識別番号です。
ElementType Int64 ModelElementType ElementType の ID
氏名 文字列
元金額
ParentId 整数 UtilElementParentId 親アプリケーション オブジェクトの一意の内部識別番号
ParentModelElement Int64 ParentModelElementRecid 親モデル要素の ID
PartOfInheritance Int
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
RootModelElement Int64 RootModelElementRecid ルート モデル要素の ID

リレーション

リレーション テーブル
ElementType SysModelElementTypeOld
Relation_SysModelElementTypeOld SysModelElementTypeOld

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysModelElementOld テーブル

SysModelElementSource

SysModelElementSource テーブルには、ソースを持つすべての SysModelElements のソース テキストが含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
レイヤー Int64 LayerRecid レイヤーの ID です。
ModelElement Int64 ModelElementRecid ModelElement の ID
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
配賦元 コンテナー

リレーション

リレーション テーブル
レイヤー SysModelElementData
Relation_SysModelElementData SysModelElementData

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysModelElementSource テーブル

SysModelElementSourceOld

SysModelElementSourceOld テーブルには、ソースを持つすべての SysModelElementsOld のソース テキストが含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
レイヤー Int64 LayerRecid レイヤーの ID です。
ModelElement Int64 ModelElementRecid ModelElement の ID
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
配賦元 コンテナー

リレーション

リレーション テーブル
レイヤー SysModelElementDataOld
Relation_SysModelElementDataOld SysModelElementDataOld

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysModelElementSourceOld テーブル

SysModelElementType

SysModelElementType テーブルは、使用可能な SysModelElement 型を指定します。 その Recid は「古い」要素タイプの UtilRecordType 列挙の下位互換性です。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
氏名 文字列 ModelElementTypeName 要素タイプの名前です。
ParentType Int64 ModelElementType ElementType の ID
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
TreeNodeName 文字列

リレーション

リレーション テーブル
氏名 SysModelElementType

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx
TypeNameIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysModelElementType テーブル

SysModelElementTypeOld

SysModelElementTypeOld テーブルは、使用可能な SysModelElementOld 型を指定します。 その Recid は「古い」要素タイプの UtilRecordType 列挙の下位互換性です。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
氏名 文字列 ModelElementTypeName 要素タイプの名前です。
ParentType Int64 ModelElementType ElementType の ID
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
TreeNodeName 文字列

リレーション

リレーション テーブル
氏名 SysModelElementType

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysModelElementTypeOld テーブル

SysModelLayer

SysModelLayer テーブルは、考えられる LayerId と Name を一覧表示します。 レイヤーにモデル データが存在する場合は、そのレイヤーの集計バージョン番号を報告します。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
IsDirty Int
レイヤー 列挙 UtilEntryLevel
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
VersionNumber Int

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysModelLayer テーブル

SysModelLayerOld

SysModelLayerOld テーブルは、考えられる LayerId と Name を一覧表示します。 レイヤーにモデル データが存在する場合は、そのレイヤーの集計バージョン番号を報告します。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
レイヤー 列挙 UtilEntryLevel
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
VersionNumber Int

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysModelLayerOld テーブル

SysModelManifest

SysModelManifest テーブルには、説明、発行元、モデルのバージョンなど、配置されたモデルに関するマニフェスト情報が含まれます。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
カテゴリ 整数 ModelManifestCategoryRecId モデル カテゴリの ID
説明 文字列 ModelDescription モデルの説明です。
DisplayName 文字列 ModelDisplayName モデルの表示名です。
モデル Int64 ModelRecid モデルの ID です。
氏名 文字列 ModelName モデル ストアのモデル名です。
パブリッシャー 文字列 ModelPublisher モデルの発行元です。
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
署名済 Int
VersionBuildNo Int
VersionMajor Int
VersionMinor Int
VersionRevision Int

フィールド グループ

フィールド グループ フィールド
AutoIdentification

リレーション

リレーション テーブル
カテゴリ SysModelManifestCategory
モデル SysModel
Relation_SysModel SysModel
Relation_SysModelManifestCategory SysModelManifestCategory

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
ModelNameIdx
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysModelManifest テーブル

SysModelManifestCategory

SysModelManifestCategory テーブルには、展開されたモデルのマニフェスト情報のカテゴリ面が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
氏名 文字列 ModelManifestCategoryName モデル カテゴリの名前です。
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
NameIdx
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysModelManifestCategory テーブル

SysModelManifestCategoryOld

SysModelManifestCategoryOld テーブルには、展開されたモデルのマニフェスト情報のカテゴリ面が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
氏名 文字列 ModelManifestCategoryName モデル カテゴリの名前です。
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysModelManifestCategoryOld テーブル

SysModelManifestOld

SysModelManifestOld テーブルには、説明、発行元、モデルのバージョンなど、配置されたモデルに関するマニフェスト情報が含まれます。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
カテゴリ 整数 ModelManifestCategoryRecId モデル カテゴリの ID
説明 文字列 ModelDescription モデルの説明です。
DisplayName 文字列 ModelDisplayName モデルの表示名です。
モデル Int64 ModelRecidOld 古いモデルの ID です。
氏名 文字列 ModelName モデル ストアのモデル名です。
パブリッシャー 文字列 ModelPublisher モデルの発行元です。
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
署名済 Int
VersionBuildNo Int
VersionMajor Int
VersionMinor Int
VersionRevision Int

フィールド グループ

フィールド グループ フィールド
AutoIdentification

リレーション

リレーション テーブル
カテゴリ SysModelManifestCategoryOld
モデル SysModelOld
Relation_SysModelManifestCategoryOld SysModelManifestCategoryOld
Relation_SysModelOld SysModelOld

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
ModelNameIdx
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysModelManifestOld テーブル

SysModelOld

SysModelOld テーブルには、システムにインストールされているモデルに関する情報が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
createdBy 文字列 CreatedBy
createdDateTime UtcDateTime CreatedDateTime
レイヤー Int64 LayerRecid レイヤーの ID です。
modifiedBy 文字列 ModifiedBy
modifiedDateTime UtcDateTime ModifiedDateTime
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
行政単位 (区画) 文字列

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysModelOld Table

SysOccConfiguration

SysOccConfiguration テーブルは、グローバルな同時実行モデルの設定を保存し、競合例外ログイン ポリシーを更新します。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
AutoUpdateRecVersion 列挙 ブール値
GlobalOccMode 列挙 GlobalOccMode
LogHandledUpdateConflicts 列挙 ブール値
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
UniqueIndex Int
UseReadUncommitedForAll 列挙 ブール値

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
UniqueIndex

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysOccConfiguration テーブル

SysRecordLevelSecurity

SysRecordLevelSecurity テーブルには、システム管理者によって構成されているすべてのレコード レベルのセキュリティ制限が含まれています。 この制限は、企業ごと、グループごとに保持されます。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
_未使用 列挙 ブール値
companyId 文字列 SelectableDataArea 選択可能な会社の ID
createdBy 文字列 CreatedBy
createdDateTime UtcDateTime CreatedDateTime
dEL_CreatedTime 整数 DEL_CreatedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
DEL_groupId 文字列 UserGroupId ユーザー グループの ID
dEL_ModifiedTime 整数 DEL_ModifiedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
modifiedBy 文字列 ModifiedBy
modifiedDateTime UtcDateTime ModifiedDateTime
パーティション Int64 パーティション (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
制限 コンテナー
SecurityRole Int64 RecId セキュリティ ロールの名前です
tabId 整数 TableId テーブル ID

リレーション

リレーション テーブル
companyId DataArea
DEL_groupId UserGroupInfo
パーティション パーティション
Relation_SecurityRole SecurityRole
SecurityRole SecurityRole

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecId
役割

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysRecordLevelSecurity テーブル

SysServerSessions

SysServerSessions テーブルを使用して、システムにアクティブな AOS サーバーに関する情報を格納します。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
AOSAccount 文字列
AOSId 文字列
DEL_LastUpdateTime Int
DEL_ログイン_時間 Int
Instance_Name 文字列
LastUpdateDateTime UtcDateTime
LoadBalance Int
LoginDateTime UtcDateTime
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
ServerId Int
ステータス Int
バージョン Int
ワークロード Int

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
LoadBalance
ServerId

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysServerSessions テーブル

SysSetbasedHelper

テーブル継承セットに基づく操作の SysSetbasedHelper フレームワーク ヘルパー テーブル。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
CandidateRecId Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
CandidateRecIDIdx
RecIDIdx

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SysSetbasedHelper テーブル

SystemSequences

SystemSequences テーブルには、各テーブルの次に利用可能なレコード ID ブロックが保持されます。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
cycle 列挙 ブール値
dataAreaId 文字列 DataAreaId
id Int
maxVal Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
minVal Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
名前 文字列
nextVal Int64 RecId データベースのレコードの固有 ID
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
tabId 整数 TableId テーブル ID

リレーション

リレーション テーブル
dataAreaId DataArea

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
ID

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル SystemSequences テーブル

TableCollectionList

TableCollectionList テーブルには、テーブル コレクションと仮想会社の間のマッピングが格納されます。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
パーティション Int64 パーティション (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
tableCollection 文字列 UtilElementName アプリケーション要素の名前です。
virtualDataArea 文字列 VirtualDataArea 仮想会社の ID

リレーション

リレーション テーブル
isVirtual_Extern DataArea
parentId_Extern UtilElements
パーティション パーティション
Relation_CollectionList1 UtilElements
Relation_CollectionList2 DataArea

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
VirtualDataArea

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル TableCollectionList テーブル

TimeZonesList

TimeZonesList テーブルには、サポートされているタイム ゾーンの一覧が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
EnumName 文字列
EnumPosition Int
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
TimeZoneKeyName 文字列
TzEnum 列挙 タイム ゾーン

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
EnumPosition
TzEnum

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル TimeZonesList テーブル

TimeZonesRulesData

TimeZonesRulesData テーブルには、GMT オフセット、およびサポートされているすべてのタイム ゾーンの夏時間情報が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
バイアス Int
DBias Int
DDay Int
DDayOfWeek Int
DHour Int
DMinute Int
DMonth Int
DSecond Int
DYear Int
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
RuleId Int
SBias Int
SDay Int
SDayOfWeek Int
SHour Int
SMinute Int
SMonth Int
SSecond Int
SYear Int
TzEnum 列挙 タイム ゾーン
Int

リレーション

リレーション テーブル
Relation_TimeZonesRulesData1 TimeZonesList
TzEnum TimeZonesList

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RuleId

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル TimeZonesRulesData テーブル

UserDataAreaFilter

UserDataAreaFilter テーブルには、ユーザーが選択できる会社の一覧が含まれています。 これは、SecurityRights クラスの populateSelectableCompanies メソッドを呼び出すことによって入力されます。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
DataArea 文字列 DataAreaId データ領域の ID
パーティション Int64 パーティション (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
ユーザー 文字列 UserId ユーザー ID

リレーション

リレーション テーブル
DataArea DataArea
パーティション パーティション
Relation_DataArea DataArea
Relation_User UserInfo
ユーザー UserInfo

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
DataAreaIdx
RecIdIdx

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル UserDataAreaFilter テーブル

UserInfo

UserInfo テーブルには、ユーザー、そのアクティブなディレクトリ、および既定の情報の一覧が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
accountType 列挙 UserAccountType
autoInfo Int
autoLogOff Int
autoUpdate Int
clientAccessLogLevel Int
会社 文字列 SelectableDataArea 選択可能な会社の ID
compilerWarningLevel 列挙 CompilerWarningLevel
confirmDelete Int
confirmUpdate Int
credentialRecId int64
debuggerPopup Int
debugInfo Int
defaultPartition 列挙 ブール値 (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
DEL__unused1 文字列
DEL__unused2 文字列
DEL_defaultModelId Int
DEL_osAccountName 文字列
DEL_パスワード 文字列
DEL_startupMenu 文字列 UtilElementName アプリケーション要素の名前です。
enable 列挙 ブール値
enabledOnce 列挙 ブール値
externalId 文字列
externalIdType 列挙 ExternalIdType
externalUser 列挙 ブール値
filterByGridOnByDefault 列挙 ブール値
formFontName 文字列
formFontSize Int
garbagecollectlimit Int
generalInfo Int
globalExcelExportFilePath 文字列 (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
globalExcelExportLocation Int
globalExcelExportMode Int
globalFormOpenMode Int
globalListPageLinkMode Int
helplanguage 文字列 InstalledLanguageId
historyLimit Int
homePageRefreshDuration Int
id 文字列 UserId ユーザー ID
IdentityProvider 文字列 NetworkDomain
infologLevel Int
issuerRecId int64
言語 文字列 InstalledLanguageId
messageLimit Int
名前 文字列 UserIdStr 氏名
networkAlias 文字列 NetworkAlias
networkDomain 文字列 NetworkDomain
notifyTimeZoneMismatch 列挙 ブール値
パーティション Int64 パーティション (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
preferredCalendar 列挙 PreferredCalendar
PreferredLocale 文字列 PreferredLocale
preferredTimeZone 列挙 タイム ゾーン
propertyFontName 文字列
propertyFontSize Int
querytimeLimit Int
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
reportBottomMargin 文字列
reportFontName 文字列
reportFontSize Int
reportLeftMargin 文字列
reportRightMargin 文字列
reportTopMargin 文字列
showAOTLayer Int
showModelNameInAOT Int
showStatusLine Int
showToolbar Int
sid 文字列 Sid
startupProject 文字列 UtilElementName アプリケーション要素の名前です。
statuslineInfo Int
toolbarInfo Int
traceInfo Int

フィールド グループ

フィールド グループ フィールド
AutoLookup id, accountType, name, networkAlias, networkDomain, enable
AutoReport

リレーション

リレーション テーブル
id UserInfo
isVirtual_Extern DataArea
パーティション パーティション
Relation_UserInfo DataArea

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
ID
IdOnly
Sid
SidOnly

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル UserInfo テーブル

UserInfoStartupModel

UserInfoStartupModel テーブルには、各ユーザーの各レイヤーの優先スタートアップ モデルが保持されます。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
レイヤー 列挙 UtilEntryLevel
ModelId Int64 ModelRecid モデルの ID です。
パーティション Int64 パーティション (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
UserId 文字列 UserGroupId ユーザー グループの ID

リレーション

リレーション テーブル
ModelId SysModelManifest
パーティション パーティション
Relation_SysModelManifest SysModelManifest
Relation_UserInfo UserInfo
Relation_UserInfoStartupModel3 DEL_UserGroupInfo
UserId UserInfo

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
RecIDIdx
UserID_Layer_Idx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル UserInfoStartupModel テーブル

UtilElements

UtilElements テーブルには、AOT 内に表示されるアプリケーションが含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
baseVersion Int
コード コンテナー
createdBy 文字列 CreatedBy
createdDateTime UtcDateTime CreatedDateTime
dEL_CreatedTime 整数 DEL_CreatedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
dEL_ModifiedTime 整数 DEL_ModifiedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
modifiedBy 文字列 ModifiedBy
modifiedDateTime UtcDateTime ModifiedDateTime
名前 文字列 UtilElementName アプリケーション要素の名前です。
parentId Int
RecId Int64 RecId
レコード タイプ 列挙 UtilElementType
recVersion 整数 RecVersion
saveCount Int
ソース コンテナー
utilLevel 列挙 UtilEntryLevel
のバージョン Int

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
名前 recordType, parentId, name, utilLevel
RecId

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル UtilElements テーブル

UtilElementsOld

UtilElementsOld テーブルには、アプリケーション フォルダーに格納されているアプリケーション モデルが含まれています。 アップグレード プロセス中に使用されます。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
baseVersion Int
コード コンテナー
createdBy 文字列 CreatedBy
createdDateTime UtcDateTime CreatedDateTime
dEL_CreatedTime 整数 DEL_CreatedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
dEL_ModifiedTime 整数 DEL_ModifiedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
modifiedBy 文字列 ModifiedBy
modifiedDateTime UtcDateTime ModifiedDateTime
名前 文字列 UtilElementName アプリケーション要素の名前です。
parentId Int
RecId Int64 RecId
レコード タイプ 列挙 UtilElementType
recVersion 整数 RecVersion
saveCount Int
ソース コンテナー
utilLevel 列挙 UtilEntryLevel
のバージョン Int

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
名前 recordType, parentId, name, utilLevel
RecId

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル UtilElementsOld テーブル

UtilIdElements

UtilIdElements テーブルには、AOT 内に表示されるアプリケーション モデルが含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
baseVersion Int
コード コンテナー
createdBy 文字列 CreatedBy
createdDateTime UtcDateTime CreatedDateTime
dEL_CreatedTime 整数 DEL_CreatedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
dEL_ModifiedTime 整数 DEL_ModifiedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
id Int
modifiedBy 文字列 ModifiedBy
modifiedDateTime UtcDateTime ModifiedDateTime
名前 文字列 UtilElementName アプリケーション要素の名前です。
parentId Int
RecId Int64 RecId
レコード タイプ 列挙 UtilElementType
recVersion 整数 RecVersion
saveCount Int
utilLevel 列挙 UtilEntryLevel
のバージョン Int

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
ID
名前 recordType, parentId, name, utilLevel
RecId

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル UtilIdElements テーブル

UtilIdElementsOld

UtilIdElementsOld テーブルには、アプリケーション フォルダーに格納されているアプリケーション モデルが含まれています。 アップグレード プロセス中に使用されます。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
baseVersion Int
コード コンテナー
createdBy 文字列 CreatedBy
createdDateTime UtcDateTime CreatedDateTime
dEL_CreatedTime 整数 DEL_CreatedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
dEL_ModifiedTime 整数 DEL_ModifiedTime (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
id Int
modifiedBy 文字列 ModifiedBy
modifiedDateTime UtcDateTime ModifiedDateTime
名前 文字列 UtilElementName アプリケーション要素の名前です。
parentId Int
RecId Int64 RecId
レコード タイプ 列挙 UtilElementType
recVersion 整数 RecVersion
saveCount Int
utilLevel 列挙 UtilEntryLevel
のバージョン Int

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
ID
名前 recordType, parentId, name, utilLevel
RecId

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル UtilIdElementsOld テーブル

UtilModels

UtilModels テーブルには、システムにインストールされているモデルに関する情報が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
CategoryId Int
説明 文字列 ModelDescription モデルの説明です。
DisplayName 文字列 ModelDisplayName モデルの表示名です。
ID Int
InstallMode Int
レイヤー 列挙 UtilEntryLevel
MarkedForRemoval Int
ModelGroupId Int
氏名 文字列 ModelName モデル ストアのモデル名です。
パブリッシャー 文字列 ModelPublisher モデルの発行元です。
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
署名済 Int
行政単位 (区画) 文字列
VersionBuildNo Int
VersionMajor Int
VersionMinor Int
VersionRevision Int

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
ModelIDIdx
ModelNameIdx
RecIDIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル UtilModels テーブル

VirtualDataAreaList

VirtualDataAreaList テーブルには、実際の会社と仮想会社の間のマッピングが格納されます。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
id 文字列 SelectableDataArea 選択可能な会社の ID
パーティション Int64 パーティション (このフィールドは次のバージョンにのみ適用されます: Microsoft Dynamics AX 2012 R3、Microsoft Dynamics AX 2012 R2 (SYS))
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
virtualDataArea 文字列 VirtualDataArea 仮想会社の ID

フィールド グループ

フィールド グループ フィールド
virtualDataAreaRelation

リレーション

リレーション テーブル
isVirtual_Extern DataArea
パーティション パーティション
Relation_DataAreaList1 DataArea
Relation_DataAreaList2 DataArea

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
ID
RecId

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル VirtualDataAreaList テーブル

VSAssembly

VSAssembly テーブルには、AOT 内で Visual Studio プロジェクト ノードの下に格納されているアセンブリの最後の配置を説明する同期情報が含まれています。

フィールド

フィールド 種類 拡張型 列挙型タイプ 説明
DeployTo 列挙 DeployTo
氏名 文字列 AssemblyName
ProjectName 文字列 ProjectName
ProjectType 文字列 ProjectType
RecId Int64 RecId
recVersion 整数 RecVersion
ServerId Int
UpdatedDate UtcDateTime

インデックス

指数 重複を許可します フィールド
NameIdx

セキュリティ メモ

このテーブルを使用すると、権限昇格攻撃またはサービス拒否攻撃につながるおそれがあります。 したがって、AOSAuthorization プロパティは CreateUpdateDelete の列挙値に設定されます。 Application Object Server は、現在のユーザーがそのテーブルで要求された操作を実行するためのアクセス許可を持っていることを確認することで、テーブルに対する作成、更新、および削除アクションをそれぞれ許可します。 操作を開始したユーザーが操作を実行する権限がない場合は、例外が発生します。

継承階層

xRecord クラス 共通テーブル VSAssembly テーブル