拡張機能のホーム ページ

Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations は、パートナー、付加価値再販業者 (VAR) や、さらには一部の顧客によって大幅にカスタマイズされます。 製品をカスタマイズする機能は、アプリケーション コードのオーバーレイによって長くサポートされてきた強みです。 クラウドへの移行を、柔軟なサービスの提供や頻繁な更新と合わせて行う場合、更新がカスタム ソリューションに及ぼす影響を小さくとどめるため、侵入性の低いカスタマイズが必要となります。 この新しいモデルは 拡張性 と呼ばれており、オーバーレイによるカスタマイズに取って代わる存在となりました。

拡張性は、Finance and Operations と Microsoft Dynamics 365 for Retail における唯一のカスタマイズ フレームワークです。 オーバーレイはサポートされません。

はじめに

この概要のトピックでは、カスタマイズに関する一般情報を取り上げています。 カスタマイズからオーバーレイを経て純粋な拡張ベース モデルに至る場合などに関する情報が含まれます。 このトピックでは、Microsoft への拡張性の要求を記録する方法と、よく寄せられる質問 (FAQ) への回答についても解説します。

新機能

2017 年 7 月以降に行われた拡張性関連の更新については 拡張性の新機能 を参照してください。

はじめに

このセクションのトピックは、拡張機能の構築を開始するのに役立ちます。 また、オーバーレイ コードに基づいた現在のソリューションを、拡張機能ベースのソリューションに移行する上でも参考になる内容です。 このセクションには、簡単なカスタマイズについて説明した実践ラボが含まれています。

拡張機能の基本

このセクションでは、拡張機能の作成に関する基本や原則、手法について説明します。 以下のトピックの指針では、拡張機能を使用してカスタマイズに取り組む方法について説明します。 この原則には、名前付けのガイドラインが含まれています。 また、これらのトピックでは、拡張機能やコマンド チェーンなど、基盤となるフレームワークについても説明します。

拡張機能の作成方法

このセクションは "方法" を含みます トピックが含まれています。 このトピックのほとんどは、簡潔で要点を押さえた内容となっています。 ここには多くのトピックがあるため、特定のトピックを検索すると便利にご利用いただける場合があります。

データ型

クラス

テーブル

フォーム

その他

レポート

ブログの投稿

カスタマイズに関する情報は、さまざまなトピックが取り上げられるブログでも共有されます。 このセクションには、そのようなブログの一部への参照が含まれています。

拡張可能なソリューションを作成するには

このセクションでは、コードのユーザーがソリューションを拡張できるように、拡張可能なソリューションを作成する方法や、ソリューションを拡張可能にする方法に関するベスト プラクティスについて説明します。

重大な変更

ソリューションを拡張可能にすると、後で拡張ポイントを壊さずに済むことにもなります。 消費者に重大な影響が及ぶのを防ぐ指針に関しては、重大な変更 をご覧ください。