ヘルプ概要

この記事では、Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations のヘルプ システム コンポーネントの概要が示されます。 また、組織の独自のドキュメントやトレーニングを提供する方法について説明します。

注意

次の製品間には密接な関係があります: Dynamics 365 for Finance and Operations、Enterprise edition、Dynamics 365 for Retail、および Dynamics 365 for Talent。 すべての 3 つの製品上に同じ機能が表示されることがあります。 結果として、主に [Retail] に関連するトピックでの製品名は Dynamics 365 for Retail、主に [Talent] に関連するトピックでの製品名は Dynamics 365 for Talent、コア製品に関連するトピックでの製品名は、Dynamics 365 for Finance and Operations となります。 1 つの製品用に書かれたトピックは、関連する製品での同じ機能に適用されます。

ヘルプ システムは、すべての Unified Operations 製品により共有されます。

  • Dynamics 365 for Finance and Operations, Enterprise エディション
  • Dynamics 365 for Retail
  • Dynamics 365 for Talent

Finance and Operations には、2 つの主要なコンポーネントに基づくまったく新しいヘルプ システムが含まれています。

  • ドキュメント サイト
  • タスク ガイド

使用しているどの製品においても [ヘルプ] ウィンドウからヘルプ トピックおよびタスク ガイドの両方にアクセスできます。 次のスクリーンショットは、Dynamics 365 for Finance and Operations を示します。

[ヘルプ] ウィンドウ

このトピックは、ヘルプ システムについて説明し、組織のカスタム ドキュメントおよびトレーニング リソースを作成方法を説明します。

重要

[タスク ガイド] タブは、Microsoft Dynamics 365 for Talent および Microsoft Dynamics 365 for Retail で現在使用できません。 将来のリリースではこの機能を有効にするよう、作業が進行中です。 [Talent] での [はじめに] の経験タスク ガイドは、基本的機能をカバーするために引き続き使用可能です。 [Retail] および [Talent] の両方に関する docs.microsoft.com サイト上 (docs.microsoft.com/dynamics365/operations) でも利用可能な、手順を追ったヘルプ。

docs.microsoft.com のヘルプ

docs.microsoft.com サイト (docs.microsoft.com/dynamics365/operations) が Finance and Operations の製品ドキュメントの基本ソースです。 サイトには次のような機能が含まれています。

  • 最新のコンテンツへのアクセス – サイトは、製品のドキュメントのより速い、より柔軟な作成、出荷、および更新方法を提供します。 したがって、最新の技術情報にアクセスできることを確実にするために役立ちます。
  • 専門家が記述した内容 – サイトは Microsoft 内外のコミュニティ メンバーによって拡張できる豊富な製品ドキュメントのセットを提供します。
  • [異なるタイプのコンテンツへのアクセス] – サイトにより、Microsoft Office Mix プレゼンテーション、タスク ガイド、ビデオ、トピックなど、Finance and Operations に関する異なる内容にすばやくアクセスできるようになります。
  • 業務プロセスをサポートするコンテンツ – サイトには Microsoft Dynamics Lifecycle Services (LCS) のビジネス プロセス モデラー (BPM) を活用する、業務プロセス指向のコンテンツが含まれます。

docs.microsoft.com での検索

コンテンツを検索する方法について多くの質問が寄せられています。 当サイトでは、Finance and Operations に関するページから始めると、検索の範囲は Finance and Operations のコンテンツに限定されます。 範囲を解除するには、検索ボックスの [Operations] の横にある [X] をクリックします。

検索

任意の検索エンジンを使ってコンテンツを探すこともできます。 最適な結果を得るには、次のようなサイト検索を使用することをお勧めします: site:docs.microsoft.com dynamics 365 "検索用語"。

サイト検索

サイト検索の結果

Unified Operations の docs.microsoft.com 目次

すべての製品は docs サイトの 1 つの目次を共有し、顧客がトピックのコンテキストを確認できるようにします。 探しているトピックを検索するフィルター コントロールを使用できるようにもします。

どのように貢献できますか?

コメントをお送りください。

1 [コメント] をクリックして、ページ下部のコメントに移動します。

コメント

2 コメントを入力して、[コメントを投稿] をクリックします。

コメントを投稿

3 サインインするアカウントの種類を選択します。
このサイトを既存のアカウント (Twitter、Facebook、Microsoft など) に関連付けるために、左側にあるいずれかのアイコンをクリックします。

又は

このサイト用に新しいアカウントを作成するために、右側で電子メール アドレスと新しいパスワードを入力します。

サインイン オプション

タスク ガイド

タスク ガイドは、制御された、ガイド付きでインタラクティブな方法による、タスクまたは業務プロセスの手順の説明です。 [ヘルプ] ウィンドウからタスク ガイドを開く (再生する) ことができます。 最初にタスク ガイドをクリックすると、[ヘルプ] ウィンドウには、タスクのステップ バイ ステップの手順が表示されます。 ローカライズされたタスク ガイドが利用可能になりました。

Unified Operations 製品ごとにさまざまなタスク ガイドのセットを提供します。 [ヘルプ ウィンドウからタスク ガイドへのアクセス] セクションでは、製品の正しいタスク ガイドを検索する方法について説明します。

タスク ガイドの読み取りビュー

ガイドのあるインタラクティブな経験を開始するには、[ヘルプ] ページ下部の [タスク ガイドの開始] をクリックします。 黒のポインタが、実行する必要があるアクションを開いて、表示します。 UI に表示される指示に従い、指示されたデータを入力します。 タスク ガイドの手順書

重要

タスク ガイドの再生時には、実際のデータを入力します。 実稼働環境である場合、データは現在使用している会社で入力されます。

すべてタスク レコーダーから始まります。

タスク ガイドは、タスク レコーダーを使用して作成されます。 タスク レコーダーを使用すると、Finance and Operations UI で実行するアクション (メニューのクリック、設定の変更、データの入力) はすべて記録されます。 記録する手順は、[タスク記録] と呼ばれます。 前のセクションで説明したように、タスク記録は [ヘルプ] ウィンドウに表示され、タスク ガイドとして再生できます。 ただし、タスク記録を使用できるそのほかの方法があります。

  • タスク記録を BPM に保存 – LCS の BPM ライブラリの階層の明細行にタスク記録を保存できます。 BPM にタスク記録を保存すると、フローチャートの図が生成され、記録のステップとともに表示されます。 メモ: Finance and Operations の [ヘルプ] ウィンドウに表示させてタスク ガイドとして再生するには、記録を BPM ライブラリに保存します。
  • タスク記録をWord文書として保存 – Microsoft Word文書としてタスク記録を保存すると、組織の印刷可能なトレーニング ガイドを簡単に作成できます。

タスク レコーダーの詳細については、「Finance and Operations のタスク レコーダー」を参照してください。

カスタマイズされたタスク記録の作成

独自のタスク記録を作成するか、Microsoft の提供するタスク記録をダウンロードしてカスタマイズすることができます。 したがって、固有の Finance and Operations の実装を反映する、組織のカスタマイズされたヘルプを作成できます。 Finance and Operations の [ヘルプ] ウィンドウに表示させてタスク ガイドとして再生するには、LCD で記録を BPM ライブラリに保存します。 パートナーの場合、ライブラリを会社のライブラリに昇格してソリューションに含める場合、顧客が使用できます。 詳細な手順については、「ドキュメントとトレーニングの作成にタスク記録を使用」を参照してください。

製品内ヘルプ

Finance and Operations 内のヘルプ コンテンツにアクセスするには、ヘルプ アイコンをクリックしてからヘルプを選択するか、Ctrl + Shift + ? を押します。 どちらの場合も、[ヘルプ] ウィンドウが開きます。 [ヘルプ] ウィンドウから記事またはタスク ガイドにアクセスできます。

[ヘルプ] ウィンドウ

ヘルプ ウィンドウからヘルプ トピックへのアクセス

[ヘルプ] ウィンドウから、Finance and Operations クライアントに適用する記事にアクセスできます。 最初に [ヘルプ] ウィンドウを開いてから [Wiki] タブをクリックすると、Finance and Operations の現在のページに対応する記事が表示されます。 記事がない場合は、検索するキーワードを入力できます。 [ヘルプ] ウィンドウで記事をクリックすると、ブラウザで新しいタブが開いて記事を表示します。

重要

このセクションは、Dynamics 365 for Talent には適用されません。 [Talent] のヘルプ システムは、製品のタスクのガイドに自動的に関連付けられます。 さらに、[Talent] のカスタム タスク ガイドを作成することはできません。

ヘルプ ウィンドウからタスク ガイドへのアクセス

[ヘルプ] ウィンドウからタスク ガイドにアクセスできるようになる前に、システム管理者が Finance and Operations の [システム パラメーター] ページに進み、設定をコンフィギュレーションする必要があります。

注意
  • ヘルプを設定するには、Finance and Operations を導入したテナントと同じテナントのアカウントを使用してサインインする必要があります。
  • ローカル仮想ハード ドライブ (VHD) で実行されている Finance and Operations のインスタンスから、LCS ライブラリに接続することはできません。

システム パラメーター フォームとヘルプ設定

[システム パラメーター] ページで、次の手順に従います。

  1. [重要:] ヘルプ タブを初めて開く際には、Lifecycle Services に接続する必要があります。 フォームの中程のリンクをクリックし、接続されるまで待機し、ダイアログ ボックスを閉じ、[OK] をクリックしてパラメーター フォームを取得します。 LCS に接続
  2. 接続する Lifecycle Services プロジェクトを選択します。
  3. タスク記録を取得する BPM ライブラリ (選択したプロジェクト内) を選択します。

    • Finance and Operations、Microsoft のコンテンツ用に、Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations の「2017 年 2 月 QPC 統合ライブラリ」を選択します。
    • [Retail] 用に、7 月にライブラリをリリースする予定です。
    • [Talent] のライブラリを選択する必要はありません。適切なライブラリへの接続が確立されます。
  4. BPM ライブラリの表示順序を選択します。 これにより、ライブラリからのタスク記録が [ヘルプ] ウィンドウに表示される順序が決まります。

システム管理者がこれらの手順を完了したら、[ヘルプ] ウィンドウを開いて [タスク ガイド] タブをクリックします。 これで、Finance and Operations の現在のページに対応するタスク ガイドを見ることができます。 タスク ガイドがない場合は、検索するキーワードを入力できます。 [ヘルプ] ウィンドウでタスク ガイドをクリックした後、[ヘルプ] ウィンドウにはステップ バイ ステップの手順が表示され、タスク ガイドが再生できます。

タスク ガイドの読み取りビュー

翻訳されたタスク ガイドはどこにありますか。

翻訳されたタスク ガイドは、タイトルの「すべての言語」を持つライブラリでリリースされます。 Finance and Operations でローカライズされたタスク ガイドのヘルプを参照するには、適切なライブラリに接続できることを確認してください。 タスク ガイドの表示言語は、[オプション] > [基本設定] の [言語の設定] でユーザーごとに制御されます。

  • タスク ガイドが翻訳されている場合、そのタスク ガイドを開くと、タスク ガイドのすべてのテキストは選択した言語で表示されます。
  • タスク ガイドが翻訳されていない場合、それを開くと、一部のテキスト (コントロールのテキスト) のみが選択した言語で表示されます。

その他のリソース

次の表に、Unified Operations のコンテンツを提供する Web サイトを示します。 コンテンツ Web サイトは顧客のライフ サイクルをサポートするために編成されています。 各フェーズは、別の一連のサイトによってサポートされます。 名前の横にアスタリスク (*) のあるサイトには、サービス計画と関連付けられたアカウントでサインインする必要があります。

サイト 説明
Docs.microsoft.com Dynamics 365 のすべての製品ドキュメントのホストまたはリンクです。
Lifecycle Services* 事前販売からの実装および工程にいたるまで Dynamics 365 for Finance and Operations のプロジェクトを管理するのに、顧客とパートナーが使用できるクラウドベースの共同ワークスペースを提供します。 このサイトは、実装のすべてのフェーズに役立ちます。
CustomerSource* 徹底したトレーニング リソースのホストであり、Dynamics 365 for Finance and Operations の主なサポート サイトです。 サイト固有のリソースにアクセスするためにサインインが必要な場合があります。
サポート ブログ Dynamics 365 for Finance and Operations のサポート チームによって投稿されるヒントおよび秘訣を提供します。
MSDN 開発者向けに書き込まれた以前のリリースのコンテンツをホストします。
TechNet IT プロフェッショナルやアプリケーション ユーザー向けに書き込まれた以前のリリースのコンテンツをホストします。
Dynamics コミュニティ ブログ、フォーラムおよびビデオをホストします。
Microsoft.com/Dynamics/ 評価と販売情報を提供します。

参照

Finance and Operations のヘルプ システム (ダウンロード可能なファクト シート)

タスク レコーダー

タスク記録を使用してドキュメントやトレーニングを作成

新規または更新されたタスク ガイド (2016 年 11 月) 新規または更新されたタスク ガイド (2016 年 8 月) 新規または更新されたタスク ガイド (2016 年 5 月) 新規または更新されたタスク ガイド (2016 年 2 月)