Dynamics AX application version 7.0.1 (2016 年 5 月) の新機能および変更された機能

この記事では、Microsoft Dynamics AX application version 7.0.1 の新機能または変更された機能について説明します。 このバージョンは、2016 年 5 月にリリースされ、7.0.1265.23014 のビルド番号を持ちます。

電子申告 (ER)

何ができますか。 これは、なぜ重要ですか。
ユーザーが必要な財務分析コードを選択するために、電子申告 (ER) レポートをデザインするための実行時間のダイアログ ボックスをコンフィギュレーションします。 ER レポートを実行するためのダイアログ ボックスでは、実行時にユーザーが複数の財務分析コードを選択することができます。 選択した財務分析コードの詳細は、生成される電子ドキュメントに表示されます。
目的のデータ ソースへの単一のマッピングを介して、ER レポートのデザイン時に複数の財務分析コードへのアクセスをコンフィギュレーションします。 ユーザーが選択するか、現在の法人またはインスタンス用にコンフィギュレーションするかによる財務分析コードの数に関係なく、財務分析コードの詳細と共にトランザクション データを表示する電子ドキュメントを生成するのには、同じ ER レポートのコンフィギュレーションを使用できます。
OPENXML ワークシート形式で作成した電子文書の動的に生成された列にデータを入力するため、ER レポートをコンフィギュレーションします。 ER レポートでは、水平方向に複製された列を使用して、生成された OPENXML ワークシートにデータを入力します。 したがって、同じ ER レポートのコンフィギュレーションは、動的に生成された列の数が異なる電子ドキュメントを生成するために再利用できます。
形式の出力結果が特定の送信先に指定されるように ER の送信先をコンフィギュレーションします。ファイル、電子メール、またはアーカイブ (Microsoft SharePoint フォルダーまたは Microsoft Azure ストレージ)。 以前は、ER コンフィギュレーションを実行したときに、ユーザーはメッセージ ボックスに保存したりファイルを開く必要がありました。 現在は各形式のコンフィギュレーション、および各出力のコンポーネント (フォルダやファイル) の出力先を別々に事前にコンフィギュレーションできます。 適切なアクセス権を持っているユーザーは、実行時に送信先の設定を変更することもできます。

POS – Microsoft Dynamics AX Retail

何ができますか。 これは、なぜ重要ですか。
Google Chrome ブラウザーを使用します。 小売業者は、クラウド POS のChrome ブラウザーから起動でき、クラウド POS の Microsoft Edge および Internet Explorer バージョンで利用可能なすべての機能を経験することができます。

財務報告

何ができますか。 これは、なぜ重要ですか。
財務レポートのデータ マートを再構築します。 Dynamics AX データベースを環境間で移動したり、Dynamics AX 環境への他の侵害となる変更をする場合、財務レポート データベースを再構築する必要があります。 その再構築をするために Windows PowerShell スクリプトが提供されています。
有効ではないレポート デザイナー オプションを選択する必要はありません。 Management reporter の市場バージョンで使用されていたいくつかのレポート デザイナー オプションは、この Dynamics AX バージョンには適用されません。 これらのオプションは、財務諸表のデザイン、出力、およびリンクに関連していました。 これらのオプションは、ユーザーによるエラーを防ぐために財務諸表デザイナーから削除されました。

財務管理

何ができますか。 これは、なぜ重要ですか。
買掛金勘定支払の確認後支払ファイルを生成します。 確認後支払ファイルは小切手の不正を禁止するのに役立つよう生成されます。

倉庫および生産

何ができますか。 これは、なぜ重要ですか。
特定の場所で一連の製品を作成する作業を管理するための倉庫作業ポリシーを定義します。 倉庫のプロセスは作業を常に含みません。 新しい倉庫作業ポリシーを使用して、原材料のピッキング用に作成される作業、および特定の場所での一連の製品に対する完成品のプット アウェイを防ぐことができます。
生産出荷の場所がライセンス プレートにより制御されていないことを指定します。 これにより生産出荷の場所がライセンス プレートにより制御されていないことを指定できます。 この機能はたとえば、上流製造オーダー品目が下流製造オーダーの生産入荷の場所として機能する場所に直接完了を報告するとき、便利です。
同じ品目でさまざまな製品分析コードを持つ品目を含む BOM をサポートします。 実稼動環境で 1 つまたは複数の製品分析コードを使用している場合、同じ品目の異なるバリアントに基づいて、品目を生産したい状況を手に入れることができます。 詳細については、このブログを参照してください。
BOM の最初のレベルでの循環構造による製造オーダーは、原材料リソースを計画するための BOM レベルの計算から除外されます。 BOM 階層で循環を引き起こす製造オーダーの製品バリアントには、適切な BOM レベルを割り当てることはできません。
原材料リソースの計画および原価計算のため、個別の BOM レベルを計算します。• 原材料リソースを計画するため、BOM レベルが計算される新しい ReqItemLevel テーブルです。 終了した製造オーダーは、計算で無視されます。 • 製造原価計算のため、BOM レベルが計算されるInventTableです。 終了した製造オーダーは、計算で含められます。 • 原材料リソース計画、たとえば、マスター プランの計画のスケジューリングと展開を実行する場合、原材料リソースを計画するために使用される BOM レベルのみ再計算する必要があります。 つまり、製造原価計算に使用される BOM レベルを計算する必要はありません。 • 原価操作、たとえば、在庫原価計算を実行している場合、製造原価計算に使用される BOM レベルのみ再計算する必要があります。

参照

新規または変更

新規または更新されたタスク ガイド (2016年 5月)