Microsoft Dynamics 365 Finance and Operations 環境への最新のプラットフォーム更新プログラムの適用

ここでは、Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations 環境に最新のプラットフォーム リリースを適用する方法について説明します。

概要

Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations プラットフォームは、次のコンポーネントで構成されます。

  • Application Object Server (AOS)、データ管理フレームワーク、レポートおよびビジネス インテリジェンス (BI) フレームワーク、開発ツール、および分析サービスなどの Finance and Operations プラットフォーム バイナリ。
  • 次のアプリケーション オブジェクト ツリー (AOT) パッケージ。
    • アプリケーション プラットフォーム
    • アプリケーション基準
    • Test Essentials

重要

最新の Finance and Operations プラットフォームに移行するためには、Finance and Operations の実装で、プラットフォームに属する AOT パッケージのカスタマイズ (オーバーレイヤー) を行うことはできません。 この制限は、プラットフォーム更新 3 で導入されたため、プラットフォームにシームレスに継続的な更新を行うことができます。 プラットフォーム 更新プログラム 3 よりも古いプラットフォームで実行している場合、「以前のビルドからプラットフォーム更新プログラム 3 にアップグレードする」というセクションを参照します。

全体的な流れ

次の図は、Finance and Operations プラットフォームを最新の更新プログラムにアップグレードするための全体的なプロセスを示しています。

プラットフォームのカスタマイズがない実装のアップグレード プロセス

既にプラットフォーム更新プログラム 4 以降で実行している場合は、Finance and Operations プラットフォームを最新のリリースに更新することが単純なサービス工程となります。 プラットフォーム更新プログラムのパッケージが LCS アセット ライブラリに入ったら、LCS 環境ページから更新を適用するためにフローに従います。メンテナンスで更新プログラムの適用を選択し、プラットフォーム更新プログラム パッケージを選択します。

更新プログラムの適用

次のセクションでは最新のプラットフォーム パッケージを取得して、LCS を通じて配置された環境に適用する方法について説明します。

最新のプラットフォーム更新プログラム パッケージを適用

LCS で、環境ページから最新のプラットフォーム更新パッケージを入手するには、2つの方法があります。

  • プラットフォーム バイナリ更新プログラム タイルをクリックします。
  • すべてのバイナリ更新プログラム タイルをクリックすると、アプリケーションとプラットフォームのバイナリ アップデートのパッケージの一覧が表示されます。 (現在のプラットフォーム更新プログラム 4 では、LCS のバイナリ更新プログラムに、最新のプラットフォームへのアップグレードが含まれています)。

注意

LCS の環境ページのタイルは、現在のバージョンと環境の状態に基づいて、環境に適用される更新のみを表示します。

上記に示されたように、2 つのタイルのいずれかをクリックして、最新のプラットフォーム更新プログラム パッケージを取得します。 プラットフォームに含まれる修正を確認した後に、パッケージの保存をクリックして、プロジェクト アセット ライブラリにパッケージを保存します。

プロセスの観点では、プラットフォーム更新プログラム パッケージの展開は、バイナリ修正プログラムの展開可能なパッケージに似ています。

  • クラウド開発、ビルド、デモ、第 2 層サンド ボックス、または実稼働環境にプラットフォーム更新パッケージを適用するには、LCS から直接更新します。 更新プログラムの適用

詳細については、配置可能パッケージの適用 で、バイナリ修正プログラムを適用するための指示に従って下さい。

注意

ドキュメント管理用のファイルの移行: プラットフォーム更新プログラム 6 以降にアップグレードした後、管理者はドキュメント管理パラメーターページのファイルの移行ボタンをクリックして、アップグレード プロセスを完了する必要があります。 これにより、データベースに格納されている添付ファイルが BLOB ストレージに移行されます。 移行はバッチ プロセスとして実行され、データベースから Azure Blob Storage に移動されるファイルの数とサイズに応じて、時間がかかる可能性があります。 移行プロセスの実行中に、ユーザーは引き続き添付ファイルを使用できるため、移行には、ユーザーが気づくほどの影響はありません。 バッチ処理がまだ実行されているかどうかを確認するには、バッチ ジョブ ページで データベースに格納されたファイルをブロブ ストレージに移行する プロセスを探します。

LCS に接続されていない環境にプラットフォーム更新プログラムを適用します

このセクションでは、プラットフォーム更新パッケージをローカル開発環境 (LCS に接続されていないもの) に適用する方法について説明します。

プラットフォーム更新プログラム パッケージを取得する方法

プラットフォーム更新プログラム パッケージは、Microsoft によってリリースされ、Microsoft Dynamics Lifecycle Services (LCS) の共有資産ライブラリからインポートすることができます。 パッケージ名の先頭に Dynamics 365 Unified Operations Platform Update が付きます。 プラットフォーム更新プログラムのパッケージをインポートするには、次の手順を使用します。

  1. LCS プロジェクトの資産ライブラリに移動します。
  2. ソフトウェア配置可能パッケージタブで、インポートをクリックし、プラットフォーム更新プログラム パッケージへの参照を作成します。 ボタンのインポート
  3. 目的のプラットフォーム更新プログラム パッケージを選択します。

注意

共有アセット ライブラリのパッケージは、目的のプラットフォーム リリースの最新ビルド (ホットフィックス付き) に対応していない可能性があります。 最新のビルドを保証するには、この記事の前半で説明した LCS 環境ページを使用します。

開発環境にプラットフォーム更新プログラム パッケージを適用

注意

これらの手順は、LCS から直接更新できない環境にのみ適用されます。

配置可能パッケージのインストール

  1. プラットフォーム更新パッケージ (AXPlatformUpdate.zip) を使用中の仮想マシン (VM) にダウンロードします。
  2. コンテンツをローカル ディレクトリに解凍します。
  3. アップグレードする環境のタイプに応じて、\AOSService\ スクリプトの下の PlatformUpdatePackages.Config ファイルを開き、MetaPackage 値を変更します。
    • 開発をアップグレードする場合、またはソース コードが含まれているデモ環境をアップグレードする場合は、MetaPackage 値を dynamicsax-meta-platform-development に変更します。
    • レベル 2 のサンド ボックスやソース コードが含まれていない別の環境を含むランタイム環境をアップグレードする場合は、既定値の dynamicsax-meta-platform-runtime は正しい値になります。

注意

Platform Update 4 以降にアップグレードするときは、手順 3 は適用されません。

  1. 配置可能パッケージをインストールする指示に従ってください。 配置可能パッケージのインストールをご覧ください。
  2. 開発環境で作業している場合、アプリケーションのコードをリビルドします。

AXUpdateInstaller.exe generate -runbookid="OneBoxDev" -topologyfile="DefaultTopologyData.xml" -servicemodelfile="DefaultServiceModelData.xml" -runbookfile="OneBoxDev-runbook.xml"

    AXUpdateInstaller.exe import -runbookfile=OneBoxDev-runbook.xml

    AXUpdateInstaller.exe execute -runbookid=OneBoxDev

Visual Studio 開発ツール (プラットフォーム更新プログラム 3 またはそれ以前) をインストールします

注意

プラットフォーム更新プログラム 4 またはそれ以降を更新する場合はこのセクションをスキップすると、開発ツールは配置可能パッケージのインストールの一部として自動的にインストールされます。

Visual Studio 開発ツールの更新の説明に従って、Visual Studio 開発ツールを更新します。

フォーム アダプタ モデルの再生成

フォーム アダプター モデルは、テストの自動化に必要です。 新たに更新されたプラットフォーム モデルに基づいて、プラットフォーム フォーム アダプターのモデルを再生成します。 フォーム アダプター モデルを生成するには、xppfagen.exe ツールを使用します。 このツールは、パッケージの bin フォルダー (通常は、j:\AosService\PackagesLocalDirectory\bin) にあります。 プラットフォームのフォーム アダプター モデルの一覧を次に示します。

  • ApplicationPlatformFormAdaptor
  • ApplicationFoundationFormAdaptor
  • DirectoryFormAdaptor

次の例は、フォーム アダプター モデルを生成する方法を示しています。

xppfagen.exe -metadata=j:\AosService\PackagesLocalDirectory -model="ApplicationPlatformFormAdaptor" -xmllog="c:\temp\log1.xml"

xppfagen.exe -metadata=j:\AosService\PackagesLocalDirectory -model="ApplicationFoundationFormAdaptor" -xmllog="c:\temp\log2.xml"

xppfagen.exe -metadata=j:\AosService\PackagesLocalDirectory -model="DirectoryFormAdaptor" -xmllog="c:\temp\log3.xml"

データ管理サービス (プラットフォーム更新プログラム 3 またはそれ以前) をインストールします

注意

プラットフォーム更新プログラム 4 またはそれ以降を更新する場合はこのセクションをスキップすると、データ管理サービスは配置可能パッケージのインストールの一部として自動的にインストールされます。

配置可能なパッケージのインストール後、以下の手順に従って、新しい Data Management サービスをインストールします。 管理者としてコマンド プロンプトウィンドウを開き、.\DIXFService\Scripts フォルダーから次のコマンドを実行します。

msiExec.exe /uninstall {5C74B12A-8583-4B4F-B5F5-8E526507A3E0} /passive /qn /quiet

Microsoft SQL Server の統合サービス 2016 (13.0) に接続している場合は、次のコマンドを実行します。

msiexec /i "DIXF_Service_x64.msi" ISSQLSERVERVERSION="Bin\2012" SERVICEACCOUNT="NT AUTHORITY\NetworkService" /qb /lv DIXF_log.txt

Microsoft SQL Server の統合サービスの早期リリースに接続している場合は、次のコマンドを実行します。

msiexec /i "DIXF_Service_x64.msi" ISSQLSERVERVERSION="Bin" SERVICEACCOUNT="NT AUTHORITY\NetworkService" /qb /lv DIXF_log.txt

ビルド環境 (プラットフォーム アップデート 6 またはそれ以前) にプラットフォーム更新プログラムのパッケージを適用

注意

プラットフォーム更新プログラム 7 またはそれ以降を更新する場合はこのセクションをスキップします。 これは、ビルド環境のための前提条件ステップでした。

ビルド マシンを 1 つ以上のビルドに使用している場合、メタデータのバックアップ フォルダーからメタデータのパッケージ フォルダーを復元してから、VM をより新しい Dynamics 365 for Finance and Operations プラットフォームにアップグレードする必要があります。 その後、メタデータのバックアップを削除してください。 これらの手順は、プラットフォームの更新がクリーンな環境に確実に適用されるようにします。 次のビルド プロセスはメタデータ バックアップが存在しないことを検出し、新しいメタデータ バックアップが自動的に作成されます。 この新しいメタデータ バックアップには、更新されたプラットフォームが含まれます。 完全なメタデータ バックアップが存在するかどうかを確認するには、I:\DynamicsBackup\Packages (またはダウンロード可能な仮想ハード ディスク [VHD] 上の C:\DynamicsBackup\Packages) で、BackupComplete.txt ファイルを探してください。 このファイルが存在する場合、メタデータ バックアップが存在し、ファイルにはその作成日時を示すタイムスタンプが含まれています。 展開のメタデータ パッケージ フォルダーをメタデータ バックアップから復元するには、上位の Windows PowerShell コマンド プロンプト ウィンドウを開き、以下のコマンドを実行します。 このコマンドは、ビルド プロセスの最初のステップで使用したのと同じスクリプトを実行します。

if (Test-Path -Path "I:\DynamicsBackup\Packages\BackupComplete.txt") { C:\DynamicsSDK\PrepareForBuild.ps1 }

完全なメタデータ バックアップが存在しない場合、コマンドは新しいバックアップを作成します。 このコマンドも ファイルをメタデータ バックアップから展開のメタデータ パッケージ フォルダーに復元する前に、Finance and Operations 配置サービスおよびインターネット インフォメーション サービス (IIS) を停止します。 次の例のような出力が表示されます。

6:17:52 PM: Preparing build environment...* <em>6:17:53 PM: Updating Dynamics SDK registry key with specified values...</em> <em>6:17:53 PM: Updating Dynamics SDK registry key with values from AOS web config...</em> <em>6:17:53 PM: Stopping Finance and Operations deployment...</em> <em>6:18:06 PM: **A backup already exists at: I:\\DynamicsBackup\\Packages. No new backup will be created</em><em>.</em> <em>6:18:06 PM: **Restoring metadata packages from backup...</em>** <em>6:22:56 PM: **Metadata packages successfully restored from backup</em><em>.</em> <em>6:22:57 PM: Preparing build environment complete.</em> <em>6:22:57 PM: Script completed with exit code: 0</em> 

メタデータ バックアップが復元された後、ビルド プロセスでは検出されないようにメタデータ バックアップ フォルダー (DynamicsBackup\Packages) を削除します。

プラットフォーム更新プログラム パッケージを適用

更新プログラムのビルド環境を準備した後、他の環境で使用する同じメソッドでプラットフォームの更新プログラム パッケージを適用します。

以前のビルドからプラットフォーム更新プログラム 3 へのアップグレード

以前のビルドからプラットフォーム アップデート 3 にアップグレードする場合、アップデート 3 の 2 つの重要な変更のためにいくつかの非常に重要な考慮事項があります。

  • プラットフォーム モデル (アプリケーション プラットフォーム、アプリケーション基準、Test Essentials) をオーバーレイすることはできなくなりました。
  • すべての X++ の修正プログラムをバージョン管理下にあるプラットフォームまで削除する必要があります (下記のセクションを参照してください)
  • ディレクトリ モデルはプラットフォームには存在しなくなり、Finance and Operations リリース 1611 でアプリケーションに移動しました。

これは、2 つのことを意味します。

  1. プラットフォーム更新プログラム 3 のみを使用し、アプリケーションの更新プログラム (Finance and Operations バージョン 1611) を使用しない場合、次のどのモデルでもオーバーレイすることはできません。 更新プログラム 3 をインストールする前に、これらのモデルのすべてのオーバーレイヤを削除する必要があります。

    • アプリケーション プラットフォーム
    • アプリケーション基準
    • Test Essentials
    • Directory
  2. ディレクトリ モデルからオーバーレイを削除できなくてもアップグレードする必要がある場合は、Finance and Operations の最新アップデートへの移行概要に記載されているように、プラットフォームとアプリケーション (Finance and Operations version 1611) を完全にアップグレードする必要があります。

VSTS プロジェクト (プラットフォーム アップデート 2、またはそれ以前) から、プラットフォーム メタデータの修正プログラムの削除

注意

このセクションは、既にプラットフォーム更新プログラム 3 および新しいプラットフォームに更新している場合には関係ありません。

新しいプラットフォーム更新プログラムをインストールする前に、Microsoft Visual Studio Team Services (VSTS) ソース コントロール プロジェクトをクリーンアップする必要があります。 既存のプラットフォームにインストールしたすべての X++ またはメタデータの修正プログラムを削除します。 次の Microsoft モデルのいずれかの VSTS プロジェクトでチェックされている X++ またはメタデータの修正プログラムがある場合は、Microsoft Visual Studio のソース管理エクスプローラーを使用してプロジェクトから削除します。

  • アプリケーション プラットフォーム
  • アプリケーション基準
  • TestEssentials
  • Directory

これらの修正プログラムは、Microsoft モデルでこれらのチェックイン履歴を参照することにより見つけることができます。 たとえば、ソース管理エクスプローラーを使用して、Trunk\Main\Metadata\ApplicationFoundation\ApplicationFoundation フォルダーのチェックイン履歴を参照し、チェックインされているすべての XML ファイルを削除します。 履歴の表示

その他のリソース

Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations の最新更新への移行の概要