クラウド配置のシステム要件

このトピックでは、クラウド配置における 現在のバージョン Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations、Enterprise Edition のシステム要件を一覧表示します。 Finance and Operations をインストールする前に、このステップが適切な場合、作業しているシステムがネットワーク、ハードウェア、およびソフトウェアの最小要件を満たしているか、または超えているかを検証します。

サポートされている Web ブラウザー

Web アプリケーションは、指定されたオペレーティング システムで実行される次のすべての Web ブラウザで実行できます。

  • Windows 10 の Microsoft Edge (公開されている最新のバージョン)
  • Windows 10、Windows 8.1、または Windows 7 の Internet Explorer 11
  • Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、または Google Nexus 10 タブレットの Google Chrome (公開されている最新のバージョン)
  • Mac OS X 10.10 (Yosemite)、 10.11 (El Capitan) または 10.12 (Sierra)、または Apple iPad の Apple Safari (公開されている最新のバージョン)

各 Web ブラウザの最新版を検索するには、ソフトウェア メーカーの Web サイトに移動します。

注意
  • Task Recorder からスクリーンショットのキャプチャを有効にし、生成された Microsoft Word ドキュメントに含めるには、プレリリース版の Chrome 拡張機能をインストールする必要があります。
  • ワークフロー エディターは ClickOnce アプリケーションとして起動されます。 Microsoft Edge と Internet Explorer (Microsoft Windows のサポートされているバージョン) のみが、ClickOnce アプリケーションをサポートします。 ワークフロー エディター ClickOnce アプリケーションには、64 ビットの互換性のあるオペレーティング システムが必要です。
  • 財務報告のレポート デザイナーは、ClickOnce アプリケーションとして起動されます。 それには 64 ビットの互換性のあるオペレーティング システムが必要です。 Chrome を使用している場合、レポート デザイナーのクライアントをダウンロードするために ClickOnce 拡張機能をインストールする必要があります。 匿名モードで Chrome を使用する場合、ClickOnce の拡張機能が匿名モードに対しても有効化されていることを確認します。
  • PDF ファイルをプレビューするには、Windows 10 の Microsoft Edge (公開されている最新のバージョン)、もしくは Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、または Google Nexus 10 タブレットの Google Chrome (公開されている最新のバージョン) などの最新のブラウザを使用することをお勧めします。

Retail Cloud POS でサポートされている Web ブラウザー

Retail Cloud POS は、指定されたオペレーティング システムで実行される次のすべての Web ブラウザで実行できます。

  • Windows 10 の Microsoft Edge (公開されている最新のバージョン)
  • Windows 10、Windows 8.1、または Windows 7 の Internet Explorer 11
  • Windows 10、Windows 8.1、または Windows 7 の Chrome (公開されている最新のバージョン)

ネットワーク要件

  • Finance and Operations は、待機時間が 250 ~ 300 ミリ秒 (ms) 以下のネットワーク用に設計されています。 これは、ブラウザー クライアントから Finance and Operations をホストする Microsoft Azure データセンターまでの待機時間です。 http://www.azurespeed.com でネットワーク待機時間をテストすることをお勧めします。
  • Finance and Operations の帯域幅の要件はシナリオによって異なります。 最も一般的なシナリオでは、毎秒 50 キロバイト (KBps) 以上の帯域幅が必要です。 ただし、ワークスペースや大がかりなカスタマイズを含む高度な伝送データ要件があるシナリオには、帯域幅を増やすことを勧めます。

一般に、Finance and Operations は、インターネットに最適化されます。 ブラウザー クライアントから Azure データセンターへのラウンド トリップの数は非常に小さく、全伝送データは圧縮されます。

警告

ユーザー数に帯域幅要件の最小値を掛けて、クライアントの場所からの帯域幅要件を計算しないでください。 特定の場所の同時使用は非常に計算が困難です。 帯域幅の要件について懸念する顧客は、Finance and Operations のプレビュー バージョンを使用するべきです。

.NET Framework 要件

Finance and Operations では、ドキュメント回覧エージェントなどのすべての ClickOnce アプリケーション用として、Microsoft NET Framework バージョン 4.6.2 が必要です。 インストール手順については、.NET Framework のインストール を参照してください。

サポートされている Microsoft Office アプリケーション

次の Microsoft Office アプリケーションは、Finance and Operations のクラウドおよびオンプレミス配置でサポートされています。

  • Microsoft Excel と Word のアドインを実行するには、Windows か Mac 用の Microsoft Office 2016 をインストールしておく必要があります。 バージョン要求の詳細については、Office 統合トラブルシューティング を参照してください。
  • [Excel にエクスポート] または [Word にエクスポート] 機能によって生成されたドキュメントを表示するには、Microsoft Office 2007 以降をインストールしておく必要があります。

Retail Modern POS 要件

注意

Retai Modern POS でオフライン データベースを使う場合、コンピューターは Microsoft SQL Server のすべてのシステム要件を満たす必要があります。 Retail Modern POS オフライン データベースは、Service Pack 3 またはそれ以降と Microsoft SQL Server 2012、Service Pack 2 またはそれ以降と Microsoft SQL Server 2014 、そして Microsoft SQL Server 2016 で動作します。 常に利用可能な最新のバージョンを使用し、すべての最新サービス パックをインストールすることをお勧めします。

サポートされるオペレーティング システム

  • Retail Modern POS は 32 ビット アプリケーションですが、x86 と x64 アーキテクチャの両方で動作します。
  • Retail Modern POS は Windows 10 Pro、Enterprise、また Enterprise Long Term Servicing Branch (LTSB) エディションでのみサポートされています。

最少システム要件

  • 最少のサポートされている解像度は 1280 × 1024 です。
  • Retail Modern POS を実行するコンピュータは以下の要件を満たす必要があります。

    • 最低でも、2 ギガヘルツ (GHz) で動作するデュアルコア プロセッサが必要です。
    • 最低でも、3 ギガバイト (GB) の ランダム アクセス メモリー (RAM) が必要です。
    • インターネットにアクセスできる必要があります。

Retail hardware station 要件

サポートされるオペレーティング システム

  • Retail hardware station は 32 ビット アプリケーションですが、x86 と x64 アーキテクチャの両方で動作します。
  • Retail hardware station は、以下のオペレーティング システムでサポートされます。

    • Windows 7 Professional、Enterprise、また Ultimate エディション

      注意

      Windows 7 は、Internet Explorer 11 が手動でシステムにインストールされている場合にのみサポートされます。

    • Windows 8.1 Update 1 Professional、Enterprise また Embedded エディション

    • Windows 10 Pro、Enterprise、また Enterprise LTSB エディション

最少システム要件

コンピュータは、以下の項目をインストールし使用するためのすべてのシステム要件を満たす必要があります。

  • インターネット インフォメーション サービス (IIS)
  • サード パーティのハードウェア

Retail Store スケール ユニット要件

サポートされるオペレーティング システム

  • Retail Store スケール ユニットは 32 ビット アプリケーションですが、x86 と x64 アーキテクチャの両方で動作します。
  • Retail Store スケール ユニットは、以下のオペレーティング システムでサポートされます。

    • Windows 7 Professional、Enterprise、また Ultimate エディション
    • Windows 8.1 Update 1 Professional、Enterprise また Embedded エディション
    • Windows 10 Pro、Enterprise、また Enterprise LTSB エディション

最少システム要件

  • 4 GB の RAM
  • コアごとの CPU 最大処理スピード 1.6 GHz (最少 2 コア)
  • 少なくとも 10 GB の空き領域 (チャンネル データベースが大量の領域を必要とする場合があります。)
  • 6 GB の RAM
  • コアごとの最大処理スピード 2.4 GHz i7 (または同等のもの) (推奨 4 コア)
  • 少なくとも 10 GB の空き領域 (チャンネル データベースが大量の領域を必要とする場合があります。)

コネクタの要件

サポートされるオペレーティング システム

  • Connector for Microsoft Dynamics AX には、Async Server Connector service と Real-time service for Dynamics AX 2012 R3 の 2 つの独立したインストーラーがあります。
  • どちらのコンポーネントも 32 ビット アプリケーションですが、x86 と x64 アーキテクチャの両方で動作します。
  • 次のオペレーティング システムでは、両方のコンポーネントがサポートされています。

    • Windows 7 Professional、Enterprise、また Ultimate エディション
    • Windows 8.1 Update 1 Professional、Enterprise また Embedded エディション
    • Windows 10 Pro、Enterprise、また Enterprise LTSB エディション
    • Microsoft Windows Server 2012 R2 と Microsoft Windows Server 2016

最少システム要件

  • 2 GB の RAM (4 GB の RAM を推奨)。
  • コアごとの CPU 最大処理スピード 1.6 GHz (最少 2 コア)
  • 少なくとも 10 GB の空き領域 (チャンネル データベースが大量の領域を必要とする場合があります。)

ローカル VM の開発要件

ローカル仮想マシン (VM) の開発要件については、オンプレミス実行の VM を参照してください。

参照

Dynamics 365 for Finance and Operations, Enterprise Edition の評価版を取得