人事管理の概要

人事管理は、多くの日常的な記録タスクを合理化し、組織の多数のスタッフ配置に関連するプロセスを自動化します。 また、人事スタッフが監督すべき領域を管理するためのフレームワークも提供します。 これらの領域には、従業員の採用およびつなぎ留め、給付金管理、トレーニング、勤務評価、変更管理が含まれます。

人事管理を使用して、次のタスクを実行できます。

  • 組織構造の管理。
  • 雇用から退職までの作業者の包括的情報の管理。
  • 給付金計画の定義と管理、作業者の登録、被扶養者の補償の割り当て、および受益者の指定。
  • 休暇ポリシーの確立および監視。
  • プロファイル ベースの時間管理の実装および追跡と、給与システムにエクスポートする支払情報の生成。
  • 作業者の能力の管理。
  • パフォーマンスの確認および作業者の目標の実装。
  • 日程表、セッション、コース編成を含むトレーニング コースの設定、提供、および分析。
  • 作業者の採用および申請者の追跡。

人材戦略の作成

人事管理の仕事では、部門、職務、職位などの要素を使用して、組織の構造を設計する必要があります。 これらの要素は、人事管理において構成する基本要素に含まれます。 個々の従業員は、ジョブに関連付けられている職位に割り当てられます。

従業員の募集、雇用、および動機付け

採用プロジェクトでは、空いている職位の広告に使用するコンテンツの管理や、空いているジョブへの応募を管理します。 これらを使用して、特定の採用プロジェクトの人材募集に対する反応、または特定の申請者を追跡し、オープンな職位の状態を更新します。 また、個別の応募者の雇用や、季節的なビジネス ニーズに合わせて複数の作業者の雇用を行うような大量雇用プロジェクトの管理ができます。

スタッフを雇用した後、計画を作成して効率良く公平に報酬を管理し、組織が従業員に貸与するコンピューターや電話などの品目を管理します。 固定報酬と変動報酬の計画を作成でき、また、その計画の基準に適合する報酬プランを適用するルールを定義できます。

従業員の開発とトレーニング

重要なビジネスニーズを提供しながら、従業員のキャリア目標を達成するために、目標を設定し、パフォーマンスレビューを作成し、フィードバックを追跡することができます。 従業員が必要なスキルを身につけるため、講師をコースに割り当てたり誰かをコースに登録する前に、講師、コースのタイプ、コースの説明、議事録、追跡、およびセッションを設定することもできます。 講師は、作業者、申請者、または連絡先として既に存在する必要があります。

福利厚生の作成と維持

賃金、給与、賞与といった従業員への報酬のほかに、健康保険、退職後の計画などの福利厚生プログラムを作成できます。 また、貸与プログラムなど、会社が従業員にコンピューターや電話などのアイテムを貸与する福利厚生を管理することもできます。

職場の安全性とコンプライアンスの管理

Microsoft Dynamics AX は、アメリカ障害者法 (Americans with Disabilities Act)、移民帰化に関する法律を始めとする法律に準拠した、安全な作業環境の維持に役立ちます。 たとえば、特定の職務への身体的要件の管理や、職場でのスキルを組織が最適化できるよう調整するための要望を追跡できます。

アンケートによる情報の収集

アンケートをデザインおよび管理して、さまざまな目的のために情報を収集できます。 アンケート機能では、アンケートをデザインおよび作成できます。 アンケートの準備ができたら、広範囲または特定の回答者のセットに配布して回答をもらいます。 回答者から回答を受け取ったら、結果を確認して分析できます。