ワークフローの自動化タスクのコンフィギュレーション

このトピックでは、自動化タスクのプロパティをコンフィギュレーションする方法について説明します。

ワークフロー エディターで自動化タスクをコンフィギュレーションするには、タスクを右クリックし、[プロパティ] をクリックして、[プロパティ] ページを開きます。 それから次の手順に従って、自動化タスクのプロパティをコンフィギュレーションします。

タスクに名前を付ける

自動化タスクの名前を入力するには、次の手順に従います。

  1. 左ウィンドウで [基本設定] をクリックします。
  2. [名前] フィールドに、タスクの固有名を入力します。

いつ通知を送信するかを指定する

自動化タスクが実行されたときまたはキャンセルされたときに、ユーザーに通知を送信できます。 通知の送信条件と送信先のユーザーを指定するには、次の手順に従います。

  1. 左ウィンドウで、[通知] をクリックします。
  2. 通知の送信するイベントの横にあるチェック ボックスをオンにします。

    • [実行] – タスクが実行されたときに通知が送信されます。
    • [キャンセル済] – タスクがキャンセルされたときに通知が送信されます。
  3. ステップ 2 で選択したイベントの行を選択します。

  4. [通知テキスト] タブのテキスト ボックス内で、通知のテキストを入力します。
  5. 通知を個人向けのものにするには、プレースホルダーを挿入します。 プレースホルダーは、通知がユーザーに表示されるときに、適切なデータに置き換えられます。 次の手順に従って、プレースホルダーを挿入します。

    1. テキスト ボックス内で、プレースホルダを表示する場所をクリックします。
    2. [プレースホルダーの挿入] をクリックします。
    3. 表示されるリストで、挿入するプレースホルダーを選択します。
    4. [挿入] をクリックします。
  6. 通知の翻訳を追加するには、次の手順に従います。

    1. [翻訳] をクリックします。
    2. 表示されるページで、[追加] をクリックします。
    3. 表示される一覧で、テキストを入力する言語を選択します。
    4. [翻訳テキスト] フィールドで、テキストを入力します。
    5. テキストをカスタマイズする場合は、ステップ 5 の説明に従い、プレースホルダーを挿入します。
    6. [閉じる] をクリックします。
  7. [受信者] タブで、通知の送信先ユーザーを指定します。 次の表のいずれかのオプションを選択し、オプションの追加ステップを実行してから、ステップ 8 に進みます。

    オプション 通知の受信者 追加手順
    参加者 特定のグループまたはロールに割り当てられたユーザー
    1. [参加者のタイプ] 一覧の [ロール ベース] タブの、[参加者] を選択したのち、通知の送信先のグループまたはロールのタイプを選択します。
    2. [参加者] の一覧で、通知の送信先のグループまたはロールのタイプを選択します。
    ワークフロー ユーザー 現在のワークフローに参加しているユーザー
    • [ワークフロー ユーザー] 一覧の、[ワークフロー ユーザー] タブの、[ワークフロー ユーザー] を選択したのち、ワークフローに参加するユーザーを選択します。
    ユーザー 特定の Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations ユーザー
    1. [ユーザー] を選択したのち、[ユーザー] タブをクリックします。
    2. [利用可能なユーザー] 一覧には、すべての Finance and Operations ユーザーが含まれます。 通知の送信先のユーザーを選択して、それらのユーザーを [選択されたユーザー] リストに移動します。

  8. ステップ 2 で選択したイベントごとに、ステップ 3~7 を繰り返します。