行項目ワークフローのコンフィギュレーション

このトピックでは、行項目ワークフローの要素をコンフィギュレーションする方法を説明します。

行項目ワークフローの要素をコンフィギュレーションするには、ワークフロー エディターで要素を右クリックし、[プロパティ] をクリックして、[プロパティ] ページを開きます。 次の手順に従って、行項目ワークフローの要素をコンフィギュレーションします。

行項目ワークフロー要素に名前を付ける

行項目ワークフロー要素の名前を入力するには、次の手順に従います。

  1. 左ウィンドウで [基本設定] をクリックします。
  2. [名前] フィールドに、行項目ワークフロー要素の名前を入力します。

同じワークフローですべての行項目を処理するかどうかを指定する

ドキュメントのすべての行項目の処理に、同じワークフローを使用するかどうかを指定するには、次の手順に従います。

  1. 左ウィンドウで [基本設定] をクリックします。
  2. ドキュメントのすべての行項目を同じワークフローで処理する場合は、[すべての品目に対して単一のワークフローを呼び出す] をクリックします。 その後、行項目の処理に使用するワークフローを選択します。
  3. ある特定の条件セットを満たす行項目を特定のワークフローで処理する場合は、[それぞれの品目に対してワークフローを呼び出す] をクリックします。 次に条件セットを定義するには、次の手順に従います。

    1. [追加] をクリックします。
    2. テーブル内の条件を選択します。
    3. [条件名] タブで、定義する条件セットの名前を入力します。
    4. [条件の追加] をクリックして、条件を入力します。
    5. 必要に応じて、追加条件を入力します。
    6. 入力した条件セットが正しく構成されていることを検証するには、[テスト] をクリックします。 [ワークフロー条件のテスト] ページの、[条件の検証] 領域で、レコードを選択して、[テスト] をクリックします。 システムによってレコードが評価され、定義した条件を満たすかどうかが判定されます。 [OK]、または [キャンセル] をクリックして、[プロパティ] ページに戻ります。

    [ワークフロー] タブで、定義した条件セットを満たす行項目の処理に使用するワークフローを選択します。