ワークフローでの手動決定のコンフィギュレーション

このトピックでは、手動決定のプロパティをコンフィギュレーションする方法について説明します。

ワークフロー エディターで手動決定をコンフィギュレーションするには、手動決定を右クリックし、[プロパティ] をクリックして、[プロパティ] ページを開きます。 その後、手動決定のプロパティをコンフィギュレーションするには、次の手順に従います。

判断名の設定

手動決定の名前を入力するには、次の手順に従います。

  1. 左ウィンドウで [基本設定] をクリックします。
  2. [名前] フィールドに、手動決定の一意の名前を入力します。

件名行と指示を入力する

この手動決定に割り当てられるユーザーに対して件名行と指示を入力する必要があります。 たとえば、購買要求の決定をコンフィギュレーションする場合には、その決定に割り当てられるユーザーに対して、[購買要求] ページの件名行と指示が表示されます。 件名行はページのメッセージ バーに表示されます。 ユーザーは、その後、メッセージ バーのアイコンをクリックして、指示を表示できます。 次に手順に従って、件名行と指示を入力します。

  1. 左ウィンドウで [基本設定] をクリックします。
  2. [作業項目の件名] フィールドの [指示] タブで、件名行を入力します。
  3. 件名行をカスタマイズするには、プレースホルダーを挿入します。 プレースホルダーは、件名行がユーザーに表示されるときに、適切なデータに置き換えられます。 次の手順に従って、プレースホルダーを挿入します。

    1. テキスト ボックス内で、プレースホルダを表示する場所をクリックします。
    2. [プレースホルダーの挿入] をクリックします。
    3. 表示されるリストで、挿入するプレースホルダーを選択します。
    4. [挿入] をクリックします。
  4. 件名行の翻訳を追加するには、次の手順に従います。

    1. [翻訳] をクリックします。
    2. 表示されるページで、[追加] をクリックします。
    3. 表示される一覧で、テキストを入力する言語を選択します。
    4. [翻訳テキスト] フィールドで、テキストを入力します。
    5. テキストをカスタマイズする場合は、ステップ 3 の説明に従い、プレースホルダーを挿入します。
    6. [閉じる] をクリックします。
  5. [作業項目の指示] フィールドで、指示を入力します。

  6. 指示を個人向けのものにするには、プレースホルダーを挿入します。 プレースホルダーは、指示行がユーザーに表示されるときに、適切なデータに置き換えられます。 次の手順に従って、プレースホルダーを挿入します。

    1. テキスト ボックス内で、プレースホルダを表示する場所をクリックします。
    2. [プレースホルダーの挿入] をクリックします。
    3. 表示されるリストで、挿入するプレースホルダーを選択します。
    4. [挿入] をクリックします。
  7. 指示行の翻訳を追加するには、次の手順に従います。

    1. [翻訳] をクリックします。
    2. 表示されるページで、[追加] をクリックします。
    3. 表示される一覧で、テキストを入力する言語を選択します。
    4. [翻訳テキスト] フィールドで、テキストを入力します。
    5. テキストをカスタマイズする場合は、ステップ 6 の説明に従い、プレースホルダーを挿入します。
    6. [閉じる] をクリックします。

決定の可能な結果を指定する

通常、ドキュメントが意思決定者に割り当てられると、その意志決定者に質問が行われます。 この質問に対する回答は、通常 [はい] または [いいえ] または [True] または [False] です。 手動決定の結果の候補を指定するには、次の手順に従います。

  1. 左ウィンドウで [基本設定] をクリックします。
  2. [結果 1] フィールドの [結果] タブに、結果の名前またはオプションを入力します。
  3. 結果の翻訳を追加するには、次の手順に従います。

    1. [翻訳] をクリックします。
    2. 表示されるページで、[追加] をクリックします。
    3. 表示される一覧で、テキストを入力する言語を選択します。
    4. [翻訳テキスト] フィールドで、テキストを入力します。
    5. [閉じる] をクリックします。
  4. [結果 2] フィールドに、結果の名前またはオプションを入力します。

  5. 結果の翻訳を追加するには、次の手順に従います。
    1. [翻訳] をクリックします。
    2. 表示されるページで、[追加] をクリックします。
    3. 表示される一覧で、テキストを入力する言語を選択します。
    4. [翻訳テキスト] フィールドで、テキストを入力します。
    5. [閉じる] をクリックします。

いつ通知を送信するかを指定する

決定の実行、委任、またはエスカレーションが行われたときに、ユーザーに通知を送信できます。 通知の送信条件と、通知の送信先のユーザーを指定するには、次の手順に従います。

  1. 左ウィンドウで、[通知] をクリックします。
  2. 通知を送信するイベントの横にあるチェック ボックスをオンにします。

    • [選択 1] – 割り当てられたユーザーは [選択 1] を選択しました。
    • [選択 2] – 割り当てられたユーザーは [選択 2] を選択しました。
    • [委任] – 割り当てられたユーザーは別のユーザーに決定を割り当てました。
    • [エスカレート] – 割り当てられたユーザーは割り当てられた時間内に決定を行いませんでした。
  3. ステップ 2 で選択したイベントの行を選択します。

  4. [通知テキスト] タブのテキスト ボックス内で、通知のテキストを入力します。
  5. 通知を個人向けのものにするには、プレースホルダーを挿入します。 プレースホルダーは、通知がユーザーに表示されるときに、適切なデータに置き換えられます。 次の手順に従って、プレースホルダーを挿入します。

    1. テキスト ボックス内で、プレースホルダを表示する場所をクリックします。
    2. [プレースホルダーの挿入] をクリックします。
    3. 表示されるリストで、挿入するプレースホルダーを選択します。
    4. [挿入] をクリックします。
  6. 通知の翻訳を追加するには、次の手順に従います。

    1. [翻訳] をクリックします。
    2. 表示されるページで、[追加] をクリックします。
    3. 表示される一覧で、テキストを入力する言語を選択します。
    4. [翻訳テキスト] フィールドで、テキストを入力します。
    5. テキストをカスタマイズする場合は、ステップ 5 の説明に従い、プレースホルダーを挿入します。
    6. [閉じる] をクリックします。
  7. [受信者] タブで、通知の送信先ユーザーを指定します。 次の表のいずれかのオプションを選択し、オプションの追加ステップを実行してから、ステップ 8 に進みます。

    オプション 通知の受信者 追加手順
    参加者 特定のグループまたはロールに割り当てられたユーザー
    1. [参加者のタイプ] 一覧の [ロール ベース] タブの、[参加者] を選択したのち、通知の送信先のグループまたはロールのタイプを選択します。
    2. [参加者] の一覧で、通知の送信先のグループを選択します。
    ワークフロー ユーザー 現在のワークフロー内のユーザー
    • [ワークフロー ユーザー] 一覧の、[ワークフロー ユーザー] タブの、[ワークフロー ユーザー] を選択したのち、ワークフローに参加するユーザーを選択します。
    ユーザー 特定の Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations ユーザー
    1. [ユーザー] を選択したのち、[ユーザー] タブをクリックします。
    2. [利用可能なユーザー] 一覧には、すべての Finance and Operations ユーザーが含まれます。 通知の送信先のユーザーを選択して、それらのユーザーを [選択されたユーザー] リストに移動します。

  8. ステップ 2 で選択したイベントごとに、ステップ 3~7 を繰り返します。

決定の割り当て

手動決定の割り当て先のユーザーを指定するには、次の手順に従います。

  1. 左ウィンドウで、[割り当て] をクリックします。
  2. [割り当てタイプ] タブで、次の表のいずれかのオプションを選択し、オプションの追加手順を実行してから、手順 3 に進みます。

    オプション 決定の割り当て先のユーザー 追加手順
    参加者 特定のグループまたはロールに割り当てられたユーザー
    1. [参加者のタイプ] 一覧の [ロール ベース] タブの、[参加者] を選択した後、決定の割り当て先のグループまたはロールのタイプを選択します。
    2. [参加者] の一覧で、決定の割り当て先のグループまたはロールを選択します。
    階層 特定の組織階層内のユーザー
    1. [階層タイプ] 一覧の [階層選択] タブの、[階層] を選択したのち、決定の割り当て先の階層タイプを選択します。
    2. システムは、一定範囲のユーザー名を階層から取得する必要があります。 これらの名前は、決定を割り当てることができるユーザーを表します。 システムで取得するユーザー名の範囲について、その開始点と終了点を指定するには、次の手順に従います。
      1. 開始点を指定するには、[開始] 一覧から人物を選択します。
      2. 終了点を指定するには、[条件の追加] をクリックします。 次に、階層のどこで名前の取得を止めるかを示す条件を入力します。
    3. [階層オプション] で、決定を割り当てる範囲内のユーザーを指定します。
      • [取得したすべてのユーザーに割り当てる] – 決定は範囲内のすべてのユーザーに割り当てられます。
      • [取得した最後のユーザーのみに割り当てる] – 決定は、範囲内の最後のユーザーのみに割り当てられます。
      • [次の条件のユーザーを除外します] – 決定は、特定の条件に該当する範囲内のどのユーザーにも割り当てられません。 条件を指定するには、[条件の追加] をクリックします。
    ワークフロー ユーザー 現在のワークフロー内のユーザー
    • [ワークフロー ユーザー] 一覧の、[ワークフロー ユーザー] タブの、[ワークフロー ユーザー] を選択したのち、ワークフローに参加するユーザーを選択します。
    ユーザー 特定の Finance and Operations ユーザー
    1. [ユーザー] を選択したのち、[ユーザー] タブをクリックします。
    2. [利用可能なユーザー] 一覧には、すべての Finance and Operations ユーザーが含まれます。 決定を割り当てるユーザーを選択し、そのユーザーを [選択されたユーザー] リストに移動します。
    キュー 作業項目キュー
    1. [キュー] を選択した後、[キュー ベース] タブをクリックします。
    2. 決定を特定のキューに割り当てるには、次の手順に従います。:
      1. [キュー タイプ] 一覧で、[作業項目キュー] を選択します。
      2. [キュー名] の一覧でキューを選択します。
    3. 決定を割り当てるキューを特定の条件で決める場合は、次の手順に従います。
      1. [キュー タイプ] 一覧で、[条件付き作業項目キュー] を選択します。
      2. [キュー名] の一覧で、[条件付きキュー] を選択します。
    注: このオプションは、ケース管理などのいくつかのワークフローのみで使用されます。

  3. [期限] タブの、[期間] フィールドで、ユーザーが決定をしなければならない期限を指定します。 次のいずれかのオプションを選択します。

    • [時間数] – ユーザーが決定を行わなければならない期限を時間数で入力します。 続いて、組織で使用しているカレンダーを選択し、組織の週間労働時間に関する情報を入力します。
    • [日数] – ユーザーが決定を行わなければならない期限を日数で入力します。 続いて、組織で使用しているカレンダーを選択し、組織の週間労働時間に関する情報を入力します。
    • [週数] – ユーザーが決定を行わなければならない期限を週数で入力します。
    • [] – ユーザーが決定を行わなければならない期限を曜日および週で選択します。 たとえば、当月の第 3 週の金曜日までに決定を行うよう設定できます。
    • [] – ユーザーが決定を行わなければならない期限を曜日、週、および月で選択します。 たとえば、12 月の第 3 週の金曜日までに決定を行うよう設定できます。

    割り当てられている時間内にユーザーが決定を行わなかった場合、その決定は期限超過になります。 期限超過の決定は、このページの [エスカレーション] 領域で選択したオプションに基づいて、エスカレートされます。

決定が期限超過の場合の処置を指定する

割り当てられている時間内にユーザーが決定を行わなかった場合、その決定は期限超過になります。 期限超過した決定は、別のユーザーにエスカレートする (自動的に割り当てる) ことができます。 期限超過した決定をエスカレートするには、次の手順に従います。

  1. 左ウィンドウで、[エスカレーション] をクリックします。
  2. [エスカレーション パスを使用] チェック ボックスをオンにし、エスカレーション パスを作成します。 決定は、エスカレーション パスにリストされるユーザーに自動的に割り当てられます。 たとえば、次の表に、エスカレーション パスを示します。

    順番 エスカレーション パス
    1 割り当て先: 奈緒美
    2 割り当て先: 悦子
    3 最終アクション: [選択 1]

    この例では、奈緒美に、期限超過の決定が割り当てられます。 割り当てられた時間内に奈緒美が決定を行わない場合は、悦子に決定が割り当てられます。 割り当てられた時間内に悦子が決定を行わない場合は、[選択 1] が決定として選択されます。

  3. エスカレーション パスにユーザーを追加するには、[エスカレーションの追加] をクリックします。 次の表のいずれかのオプションを選択し、そのオプションの追加ステップを実行してから、ステップ 4 に進みます。

    オプション 決定のエスカレート先のユーザー 追加手順
    階層 特定の組織階層内のユーザー
    1. [階層タイプ] 一覧の [階層選択] タブの、[階層] を選択したのち、決定をエスカレートする先の階層グループを選択します。
    2. システムは、一定範囲のユーザー名を階層から取得する必要があります。 これらの名前は、決定のエスカレート先にすることできるユーザーを表します。 システムで取得するユーザー名の範囲について、その開始点と終了点を指定するには、次の手順に従います。
      1. 開始点を指定するには、[開始] 一覧から人物を選択します。
      2. 終了点を指定するには、[条件の追加] をクリックします。 次に、階層のどこで名前の取得を止めるかを示す条件を入力します。
    3. [階層オプション] で、決定をエスカレートできる範囲内のユーザーを指定します。
      • [取得したすべてのユーザーに割り当てる] – 決定は範囲内のすべてのユーザーにエスカレートされます。
      • [取得した最後のユーザーのみに割り当てる] – 決定は、範囲内の最後のユーザーのみにエスカレートされます。
      • [次の条件のユーザーを除外します] – 決定は、特定の条件に該当する範囲内のどのユーザーにもエスカレートされません。 条件を指定するには、[条件の追加] をクリックします。
    ワークフロー ユーザー 現在のワークフロー内のユーザー
    • [ワークフロー ユーザー] 一覧の、[ワークフロー ユーザー] タブの、[ワークフロー ユーザー] を選択したのち、ワークフローに参加するユーザーを選択します。
    ユーザー 特定の Finance and Operations ユーザー
    1. [ユーザー] を選択したのち、[ユーザー] タブをクリックします。
    2. [利用可能なユーザー] 一覧には、すべての Finance and Operations ユーザーが含まれます。 決定をエスカレートするユーザーを選択し、そのユーザーを [選択されたユーザー] リストに移動します。

  4. [期限] タブの、[期間] フィールドで、ユーザーが決定をしなければならない期限を指定します。 次のいずれかのオプションを選択します。

    • [時間数] – ユーザーが決定を行わなければならない期限を時間数で入力します。 続いて、組織で使用しているカレンダーを選択し、組織の週間労働時間に関する情報を入力します。
    • [日数] – ユーザーが決定を行わなければならない期限を日数で入力します。 続いて、組織で使用しているカレンダーを選択し、組織の週間労働時間に関する情報を入力します。
    • [週数] – ユーザーが決定を行わなければならない期限を週数で入力します。
    • [] – ユーザーが決定を行わなければならない期限を曜日および週で選択します。 たとえば、当月の第 3 週の金曜日までに決定を行うよう設定できます。
    • [] – ユーザーが決定を行わなければならない期限を曜日、週、および月で選択します。 たとえば、12 月の第 3 週の金曜日までに決定を行うよう設定できます。
  5. エスカレーション パスに追加するユーザーごとに、ステップ 3~4 を繰り返します。 ユーザーの順序は、変更できます。

  6. エスカレーション パスに含まれるユーザーが、割り当てられた時間内に決定を行わない場合、システムによって決定が行われます。 システムによるオプションを指定するには、[アクション] 行を選択し、[アクションの終了] タブでオプションを選択します。

期限の設定

特定の時間内に決定を行わなければならないようにするには、次の手順に従います。 注: この手順で選択するオプションは、このページの [割り当て]、および [エスカレーション] 領域で選択されたオプションよりも優先されます。

  1. 左ウィンドウで [詳細設定] をクリックします。
  2. [ワークフロー要素の期限の設定] を選択し、チェック ボックスをオンにします。
  3. [期間] フィールドで、決定を行う必要がある期間を指定します。 次のいずれかのオプションを選択します。

    • [時間数] – 時間数を入力します。 続いて、組織で使用しているカレンダーを選択し、組織の週間労働時間に関する情報を入力します。
    • [日数] – 日数を入力します。 続いて、組織で使用しているカレンダーを選択し、組織の週間労働時間に関する情報を入力します。
    • [週数] – 週数を入力します。
    • [] – 決定の実行期限を曜日、週で選択します。 たとえば、当月の第 3 週の金曜日までに決定を実行する必要があるように設定できます。
    • [] – 決定の実行期限を曜日、週、月で選択します。 たとえば、12 月の第 3 週の金曜日までに決定を実行する必要があるように設定できます。
  4. 時間制限を超過した場合は、システムによって決定が行われます。 [アクション] の一覧から、システムで選択するオプションを選択します。