勘定配布

この記事は、勘定配布についての情報を提供し、それらを処理するために使用できるオプションについて説明します。 勘定配布は特定の勘定科目に元伝票の金額を割り当てるのに使用されます。

勘定配布は、発注書、仕入先請求書、経費精算書および自由書式の請求書などの各元伝票によって、使用され、拡張されるプログラム全体にわたる機能です。 既定では、既定の勘定配布は、各元伝票明細行と金額に対して生成され、条件付きで変更が有効になります。

注意

一部のドキュメントでは、注文と請求書の請求などのヘッダー ドキュメントの金額もサポートされます。

一般的な勘定配布機能では、勘定配布を処理するため次のオプションを提供します。

  • [金額の配分] – 個別のドキュメント ヘッダーおよび税または請求金額などの明細行と子行の、勘定配布を表示または変更します。
    • 上位の金額配分 (親配分) では、主勘定と財務分析コードは、グリッド内のセグメント化エントリ コントロールで直接編集できる場合があります。 拡張価格は、親配分の一般的な例です。
    • 配分金額はドキュメントの通貨条件に基づいています。 通常、この通貨は、トランザクション通貨です。 会計通貨金額とレポート通貨金額は、補助元帳の一部として生成されます。
    • 配分には、会計日および会計イベントが表示されます。 通常、会計イベントはドキュメントが転記/仕訳入力されるまで [なし] に設定されます。 その時点で、会計イベントはになります。 配分が転記された後は、配分を変更できません。
    • [分割] ボタンにより、親配分が有効になる場合があります。 [分割] は、新しい勘定配布を生成します。また、分割は、割合、金額、または数量に基づくことができます。
    • [均等な配分] ボタンを [分割] ボタンと共に使用することにより、すべての配分に均等に金額を割り当てることができます。
    • [リセット] ボタンは、複数の配分が存在する場合は親配分を有効にすることができます。 [リセット] は、すべての既存の配分を削除し、既定の配分を再生成することにより、配分への手動の変更を取り消します。
    • 割引、請求金額、売上税などのすべての子配分は、親配分に常に従います。 [参照] > [親情報] で、親/子関係を表示できます。
    • 主勘定と財務分析コードは、子も編集できる場合があります。
    • 勘定配布の財務分析コードは、ドキュメントを拡張できる既定パターンに従います。 詳細については、関連する記事を参照してください。
    • 差異の配分は、仕入先請求書と発注書間のマッチングなどのマッチング シナリオで生成される場合があります。 [参照] > [ドキュメント情報] で、勘定配布間のマッチング関係を表示できます。
    • [修正] ボタンは、修正をサポートするドキュメントに対して表示され、有効になります。 [修正] で新しい配分を作成します。 最初に、元の配分を取り消す配分が作成されます。 これらの配分を変更することはできません。 次に、新しく正しい勘定配布が作成されます。 これらの配分は、元の配分を変更できる場合、変更できます。
    • [プロジェクトの詳細] ボタンは、明細行がプロジェクトに関連付けられる場合に機能拡張として有効になります。 プロジェクトの勘定配布により、資金調達ソースおよび明細行プロパティなどの詳細を変更できます。
    • [参照] で現在のドキュメントの口座の状態を表示できます。 状態は、ドキュメント全体に対してドキュメントが処理中または完了しているかどうかを示します。
  • [** 配分の表示**] – ドキュメントのすべての明細行と金額の勘定配布を表示します。 このビューでは、勘定配布は変更できません。

詳細については、「自由書式の請求書の勘定配布と補助元帳仕訳」を参照してください。