仕入先請求書の勘定配布と補助元帳仕訳

勘定配布は、仕入先請求書における経費、税金、または手数料などの計上方法など、金額をどのように計上するかを定義します。 仕入先請求書を仕訳入力するときに計上しなければならない金額にはいずれも一つ以上の勘定配布があります。

勘定配布

[仕入先請求書] ページでは、次のボタンで、仕入先請求書の各金額の勘定配布を表示したり、場合によっては変更できます。

  • [金額の配分] – 税または請求金額などの明細行と子行の勘定配布を表示または変更します。 売上税トランザクション ページまたは諸費用トランザクション ページから子明細行の勘定配布を直接表示または変更することもできます。
    • 手数料や通貨の丸め金額など、仕入先請求書のヘッダー金額を変更します。
    • 仕入先請求書明細行金額を変更します。
  • 配分の表示 – すべての伝票の明細行の勘定配布を表示します。 このビューで勘定配布を変更できません。
    • 表示のヘッダーと明細金額。

仕入先請求書で発注書を参照する場合、在庫がない品目が含まれる明細行では、勘定配布の分割や変更ができます。 仕入先請求書明細行が発注書明細行を参照しない場合、勘定を削除できます。 手数料、税金、行割引の明細行は、分割や削除ができません。 勘定科目は変更できますが、金額や割合は変更できません。

注意

親行に在庫されていない品目が含まれ、勘定配布が分割されている場合、子の明細行は親行の財務分析コードに合わせて自動的に分割されます。 子の行の勘定配布は追加的に分割または削除できませんが、子明細行の設定に応じて、子の行の勘定配布の勘定科目を変更できる場合があります。

金額の配分

仕入先請求書を入力するとき、各金額は以下のように配置されます。

仕入先請求書明細行のタイプ 表示する主勘定のソースを決定する優先順位 表示される既定の財務分析コードを決定する優先順位
在庫製品
  1. 発注書明細行の勘定配布。
  2. [転記] ページで [製品の購買支出] が選択されている場合の [主勘定] フィールド。
  1. 請求書明細行が発注書明細行を参照する場合、発注書明細行の勘定配布を使用します。
  2. 仕入先請求書では既定の財務分析コード値を使用します。
調達カテゴリまたは在庫にない製品
  1. 発注書明細行の勘定配布、仕入先請求書明細行が発注書明細行を参照する場合。
  2. [転記] ページで [支出の購買支出] が選択されている場合の [主勘定] フィールド。
  1. 請求書明細行が発注書明細行を参照する場合、発注書明細行の勘定配布を使用します。
  2. 主勘定が配賦勘定の場合、配賦勘定定義の既定値を使用します。
  3. 仕入先請求書では既定の財務分析コード値を使用します。
  4. 仕入先請求書明細行の財務分析コード値を使用します。
  5. [勘定科目表] ページで、主勘定の既定の財務分析コードの値を使用します。
固定資産
  1. 発注書明細行の勘定配布、仕入先請求書明細行が発注書明細行を参照する場合。
  2. [仕入先請求書] フォームの [トランザクション タイプ] フィールドで [取得] を選択した場合は、[固定資産の転記プロファイル] ページで [取得] が選択されているときの [主勘定] フィールド。
  3. [トランザクション タイプ] フィールドで [取得原価調整] を選択した場合は、[固定資産の転記プロファイル] ページで [取得原価調整] が選択されているときの [主勘定] フィールド。
  1. 請求書明細行が発注書明細行を参照する場合、発注書明細行の勘定配布を使用します。
  2. 仕入先請求書明細行の財務分析コード値を使用します。
  3. [勘定科目表] ページで、主勘定の既定の財務分析コードの値を使用します。
仕入先請求書明細行で定義したプロジェクト。
  1. 請求書明細行が発注書明細行を参照する場合、発注書明細行の勘定配布を使用します。
  2. [プロジェクト グループ] ページで [原価の転記 - 品目] に [残高] を選択している場合は、[元帳転記の設定] ページで [原価] を選択しているときの [主勘定] フィールド。
  3. [プロジェクト グループ] ページで [原価の転記 - 品目] に [損益] を選択している場合は、[元帳転記の設定] ページで [原価 - 品目] を選択しているときの [主勘定] フィールド。
  1. 請求書明細行が発注書明細行を参照する場合、発注書明細行の勘定配布を使用します。
行割引
  1. 請求書明細行が発注書明細行を参照する場合、発注書明細行の勘定配布を使用します。
  2. [転記] ページで [割引] を選択しているときの [主勘定] フィールド。
  3. 割引の主勘定が転記プロファイルで定義されていない場合、発注書明細行の拡張価格の勘定配布。
  1. 請求書明細行が発注書明細行を参照する場合、発注書明細行の勘定配布を使用します。
  2. 仕入先請求書明細行の拡張価格の勘定配布にある財務分析コードを使用します。
  3. 仕入先請求書明細行の財務分析コード値を使用します。
  4. [勘定科目表] ページで、主勘定の既定の財務分析コードの値を使用します。
発注書明細行の [価格と割引] タブで入力する購買請求金額
  1. 請求書明細行が発注書明細行を参照する場合、発注書明細行の勘定配布を使用します。
  2. 発注書明細行の拡張価格の勘定配布。
  1. 請求書明細行が発注書明細行を参照する場合、発注書明細行の勘定配布を使用します。
  2. 仕入先請求書明細行の拡張価格の勘定配布にある財務分析コードを使用します。
明細行手数料
  1. 請求書明細行が発注書明細行を参照する場合、発注書明細行の勘定配布を使用します。
  2. [雑費コード] フォームの [借方タイプ] フィールドで [勘定科目] を選択した場合、[雑費コード] ページの [借方勘定] フィールド。
  3. [雑費コード] フォームの [借方タイプ] フィールドで [品目] を選択した場合、発注書明細行の拡張価格の勘定配布。
  4. [雑費コード] フォームの [借方タイプ] フィールドで [顧客/仕入先] を選択した場合、[雑費コード] ページの [貸方勘定] フィールド。
  1. 請求書明細行が発注書明細行を参照する場合、発注書明細行の勘定配布を使用します。
  2. 仕入先請求書明細行の拡張価格の勘定配布にある財務分析コードを使用します。
  3. 仕入先請求書明細行の財務分析コード値を使用します。
  4. [勘定科目表] ページで、主勘定の既定の財務分析コードの値を使用します。
次の条件の税:
  • [米国課税ルールの適用] オプションが [総勘定元帳パラメーター] ページで選択されています。
  1. 請求書明細行が発注書明細行を参照する場合、発注書明細行の勘定配布を使用します。
  2. 拡張価格または請求金額の勘定配布。
  1. 請求書明細行が発注書明細行を参照する場合、発注書明細行の勘定配布を使用します。
  2. 仕入先請求書明細行の拡張価格の勘定配布にある財務分析コードを使用します。
  3. 仕入先請求書明細行の財務分析コード値を使用します。
次の条件の税:
  • [米国課税ルールの適用] オプションが [総勘定元帳パラメーター] ページで選択されていません。
  • 売上税グループの [利用税] フィールドが、[売上税グループ] ページで選択されていません。
  1. 税額が回収可能な場合は、[元帳転記グループ] ページの [売上税収入] フィールド。
  2. 税金を回収できない場合、請求金額の拡張価格または勘定配布。
  1. 請求書明細行が発注書明細行を参照する場合、発注書明細行の勘定配布を使用します。
  2. 仕入先請求書明細行の請求金額の拡張価格または勘定配布にある財務分析コードを使用します。
  3. 仕入先請求書明細行の財務分析コード値を使用します。
  4. [勘定科目表] ページで、主勘定の既定の財務分析コードの値を使用します。
次の条件の税:
  • [米国課税ルールの適用] オプションが [総勘定元帳パラメーター] ページで選択されていません。
  • 売上税グループの [利用税] フィールドが、[売上税グループ] ページで選択されています。
  1. 税額が回収可能な場合は、[元帳転記グループ] ページの [売上税収入] フィールド。
  2. 税額が回収不能な場合は、[元帳転記グループ] ページの [使用税経費] フィールド。
  1. 請求書明細行が発注書明細行を参照する場合、発注書明細行の勘定配布を使用します。
  2. 仕入先請求書明細行の請求金額の拡張価格または勘定配布にある財務分析コードを使用します。
  3. 仕入先請求書明細行の財務分析コード値を使用します。
  4. [勘定科目表] ページで、主勘定の既定の財務分析コードの値を使用します。
ヘッダー請求金額
  1. [雑費コード] フォームの [借方タイプ] フィールドで [勘定科目] を選択した場合、[雑費コード] ページの [借方勘定] フィールド。
  2. [雑費コード] フォームの [借方タイプ] フィールドで [顧客/仕入先] を選択した場合、[雑費コード] ページの [貸方勘定] フィールド。
  1. 請求書明細行が発注書明細行を参照する場合、発注書明細行の勘定配布を使用します。
  2. 主勘定が配賦勘定の場合、配賦勘定定義の既定値を使用します。
  3. 仕入先請求書ヘッダーにある財務分析コードの既定のテンプレートの値を使用します。
  4. 仕入先請求書明細行の財務分析コード値を使用します。
  5. [勘定科目表] ページで、主勘定の既定の財務分析コードの値を使用します。
ヘッダー割引
  1. [自動トランザクションの勘定] ページの、仕入先請求書の割引転記のタイプについての [主勘定] フィールド。
  1. 請求書明細行が発注書明細行を参照する場合、発注書明細行の勘定配布を使用します。
  2. 仕入先請求書明細行の拡張価格の勘定配布にある財務分析コードを使用します。
  3. 仕入先請求書明細行の財務分析コード値を使用します。
  4. [勘定科目表] ページで、主勘定の既定の財務分析コードの値を使用します。

税の配分

税金の勘定配布は、税金が計算されるまで作成できません。 売上税を計算するには、[仕入先請求書] ページで次の作業のいずれかを完了する必要があります。

  • 請求金額の合計を表示する。
  • 売上税を表示する。
  • 補助元帳を表示する。
  • 全仕入先請求書の勘定配布を表示します。
  • 仕入先請求書を保留にします。
  • 仕入先請求書の転記

仕入先請求書の関連会社の補助元帳仕訳帳

仕入先請求書を転記する前に、請求書が正しい勘定に転記されていることを確認するため、借方と貸方がある請求書の全勘定項目を表示できます。 全勘定項目の表示は補助元帳と呼ばれます。

仕入先請求書に仕訳入力する前に、プレビューした結果、補助元帳仕訳が正しくない場合、補助元帳仕訳は変更できません。 代わりに、勘定配布または転記プロファイルを変更する必要があります。 勘定配布は、勘定項目の借方または貸方のいずれか一方を定義するために使用されます。 相殺補助元帳仕訳勘定項目は、仕入先勘定または税などの転記プロファイルから作成します。