仕入先支払を使用して仕入先請求書を作成

このトピックでは、支払提案オプションの概要および支払提案の機能を示す例をいくつか提供します。 多くの場合、支払提案は仕入先支払の作成に使用されます。これは、クエリを使用すると、支払の仕入先請求書を期日および現金割引などの基準に基づいて支払の仕入先請求書を素早く選択することができるためです。

多くの組織では、仕入先支払の作成に支払提案を使用します。これは、支払提案のクエリを使用すると、支払の仕入先請求書を期日、現金割引、その他の基準に基づいて素早く選択することができるためです。

支払提案のクエリにはさまざまなタブが表示され、それぞれに支払する請求書を選択するためのさまざまなオプションがあります。 [パラメーター] タブには、大半の組織で最も頻繁に使用されるオプションが含まれています。 [対象に含めるレコード] クイック タブでは、さまざまな特性の範囲を定義することにより、支払に含める請求書または仕入先を指定できます。 たとえば、特定の仕入先範囲についてのみ支払いを行う場合は、仕入先の範囲を指定するフィルターを定義できます。 この機能は主に、特定の支払方法の請求書を選択するのに使用します。 たとえば、支払方法 = 小切手のフィルターを定義すると、クエリで指定された他の基準も同時に満たす、この支払方法の請求書のみが選択されます。 詳細パラメーター タブには、追加オプションが含まれます。一部の組織には関連しない場合があります。 たとえば、このタブには、集中支払の請求書の支払オプションが含まれています。

パラメーター

  • 請求書の選択基準 – [開始日] および [終了日] フィールドによって指定される日付範囲の請求書は、期日、現金割引の日付、または両方によって選択できます。 現金割引日を使用する場合、システムは最初に、開始日と終了日の間に現金割引日がある請求書を検索します。 その後システムにより、セッションの日付を使用して現金割引日が過ぎていないことが確認され、現金割引の適用対象となるかどうか判断されます。
  • 開始日終了日 – この日付範囲内に期日または現金割引日を持つ請求書が支払のために選択されます。
  • 支払日 – 支払方法の [期間] フィールドが [合計] と設定されている場合にのみ使用します。 日付が定義されている場合、すべての支払いはこの日付に作成されます。 最短支払期日フィールドは無視されます。
  • 最短支払期日 – 最短支払期日を入力します。 たとえば、[開始日] および [終了日] フィールドは 9 月 1 日から 9 月 10 日の範囲を指定し、最短支払期日は 9 月 5 日を指定します。 この場合、9 月 1 日から 9 月 5 日までの支払期限を持つすべての請求書は、9 月 5 日の支払期日になります。 しかし、9 月 5 日から 9 月 10 日までの支払期限を持つすべての請求書は、それぞれの請求書にある支払期限と同じ支払期限になります。
  • 金額限度 – すべての支払についての最大合計金額を入力します。
  • 請求書をプレビューせずに支払を作成する – このオプションが [はい] のとき、仕入先支払ページの支払はただちに作成されます。 支払提案ページはスキップされます。 したがって、支払はより迅速に作成されます。 支払は、仕入先支払ページから変更できます。 また、選択した支払の請求書を編集ボタンを使用して、支払提案ページに戻ることができます。

詳細オプション

  • 仕入先残高の確認 – このオプションがありに設定されている場合、請求書の支払が行われる前に、仕入先に借方残高がないことがシステムによって確認されます。 仕入先に借方残高がある場合、支払は作成されません。 たとえば、仕入先はクレジット メモか、転記はされて決済されていない支払がある場合があります。 このような場合、仕入先に対する支払は行いません。 代わりに、未払の請求書に対してクレジット メモまたは支払を決済する必要があります。
  • 負の支払の削除 – このオプションは、支払が個別の請求書に対して行われたか、支払の基準を満たす請求書の合計に対して行われたかによって機能が異なります。 この動作は支払方法で定義されます。
  • 各請求書の支払負の支払の削除オプションでありが選択され、かつ仕入先に未決済の請求書や支払がある場合、請求書のみが支払対象として選択されます。 既存の支払は、請求書に対して決済されません。 負の支払の削除オプションでなしが選択され、請求書と支払が未決済の場合、請求書と支払の両方が支払対象として選択されます。 支払は、その支払に対して作成され、払戻 (負の支払) はその支払に対して作成されます。
  • 請求書の合計の支払負の支払の削除オプションでありが設定され、仕入先に未決済の請求書や支払がある場合、未決済の請求書や支払が支払対象として選択され、金額を合算して合計支払額にします。 唯一の例外は、合計が払戻になった場合に発生します。 この場合、請求書も支払も選択されません。 [負の支払の削除] オプションで [なし] が選択され、請求書や支払が未決済の場合、請求書と支払の両方が選択され、金額を合算して合計支払額にします。
  • レポートの印刷のみ – このオプションをありに設定すると、支払提案の結果を表示するのみで、支払は作成しません。
  • 他の法人からの仕入先請求書を含める – 組織に支払の集中支払提案プロセスがあり、検索基準に含まれる他の法人からの請求書を支払提案に含める必要がある場合は、このオプションをありに設定します。
  • 法人ごとに個別の仕入先支払を提案 – このオプションがありに設定されている場合、仕入先ごとに各法人に対して個別の支払が作成されます。 支払にある仕入先は、各法人からの請求書の仕入先です。 このオプションでなしが設定され、同じ仕入先に複数の法人の請求書がある場合は、選択された請求書の合計金額について単一の支払が作成されます。 支払の仕入先には、現在の法人の仕入先が使用されます。 現在の法人に仕入先勘定が存在しない場合は、支払対象の最初の請求書の仕入先勘定が使用されます。
  • 支払通貨 – このフィールドは、作成されるすべての支払の通貨を指定します。 通貨が定義されていない場合、各請求書は、請求書通貨で支払われます。
  • 支払が行われる平日 – 支払を行う曜日を入力します。 このフィールドは、特定の曜日に支払う請求書を合計する支払方法が設定されている場合にのみ使用されます。
  • 相手勘定タイプ相手勘定 – これらのフィールドを選択して、特定の勘定タイプ (元帳銀行など) や、相手勘定 (特定の銀行口座など) を定義します。 請求書の支払方法では、既定の相手勘定タイプや相手勘定を定義します。また、これらのフィールドで既定値を上書きすることができます。
  • 追加のフィルター対象に含めるレコード クイック タブでは、基準の範囲を追加で定義することができます。 たとえば、仕入先範囲についてのみ支払いを行う場合は、仕入先の範囲を指定するフィルターを定義できます。 この機能は主に、特定の支払方法の請求書を選択するのに使用します。 たとえば、支払方法 = 小切手のフィルターを定義すると、クエリで指定された他の基準も同時に満たす、この支払方法の請求書のみが選択されます。

シナリオ

ベンダー 請求書 請求日 請求金額 期日 現金割引日 現金割引金額
3050 1001 6 月 15 日 500.00 7 月 15 日 6 月 29 日 10.00
3050 1002 6 月 20 日 600.00 7 月 20 日 7 月 4 日 12.00
3075 1003 6 月 15 日 250.00 6 月 29 日 0.00
3100 1004 6 月 17 日 100.00 7 月 17 日 7 月 1 日 1.00

7 月 1 日に、エイプリルは仕入先に支払います。 彼女は、このタスクをより効率的に完了するために役立つ支払提案を使用します。

オプション 1: 現金割引適用

エイプリルは現金割引を提案タイプとして選択します。 日付の範囲に、6 月 26 日から 7 月 10 日までを入力します。 次の請求書が提案に含まれます。

  • 1002、7 月 4 日の割引日が支払日の範囲内にあるためです。
  • 1004、7 月 1 日の割引日が支払日の範囲内にあるためです。

次の請求書は提案に含まれません。

  • 1001、6 月 29 日の割引日が既に期限切れで、この請求書は現金割引の対象外になっているためです。
  • 1003、請求書に割引日がないためです。

オプション 2: 期日別

エイプリルは 期日別 を提案タイプとして選択します。 日付の範囲に、6 月 26 日から 7 月 10 日までを入力します。 次の請求書が提案に含まれます。

  • 1003、6 月 29 日の期日が支払日の範囲内にあるためです。

次の請求書は提案に含まれません。

  • 1001、7 月 15 日の期日が支払日の範囲外にあるためです。
  • 1002、7 月 20 日の期日が支払日の範囲外にあるためです。
  • 1004、7 月 17 日の期日が支払日の範囲外にあるためです。

オプション 3: 期日別および現金割引

エイプリルは 期日および現金割引 を提案タイプとして選択します。 日付の範囲に、6 月 26 日から 7 月 10 日までを入力します。 次の請求書が提案に含まれます。

  • 1003、6 月 29 日の期日が支払日の範囲内にあるためです。
  • 1002、7 月 4 日の割引日が支払日の範囲内にあるためです。
  • 1004、7 月 1 日の割引日が支払日の範囲内にあるためです。

次の請求書は提案に含まれません。

  • 1001、6 月 29 日の割引日が既に期限切れで、この請求書は現金割引の対象外になっていて、7 月 15 日の期日もこの日付範囲の外にあるためです。

国固有の考慮事項

ノルウェー

分析コードのコントロール

分析コードのコントロールは支払提案によって生成された明細行のグループ化を制御し、また請求書に適用する財務分析コードに基づいて既定の分析コードを設定することができます。 支払方法ごとのノルウェーの国コンテキストで、分析コードのコントロールの有効および各分析コードのグループ化を有効にする財務分析コードタブがあります。 選択できるオプションは次のとおりです。

  • [分析コードのコントロール] フィールドは無効になります。 支払提案は他の国と同じように機能します。
  • [分析コードのコントロール] フィールドは、詳細な分析コードを定義しなくても有効になります。 支払提案は、分析コードを考慮しなくても作成されます。 作成されたトランザクションは適用されるエントリから分析コードを継承しません。
  • [分析コードのコントロール] フィールドは有効化されており、詳細な分析コードも有効になっています。 ここでは、分析コードが仕訳帳にコピーされる方法を定義します。 例: • 支払方法の事業単位ごとに支払提案を作成するには、[BusinessUnit] チェック ボックスをオンにします • 支払方法の原価部門ごとに支払提案を作成するには、[CostCenter] チェック ボックスをオンにします。

注記: 3 番目のオプションで複数の分析コードを選択すると、分析コードの組み合わせに対して支払提案が作成されます。

銀行口座の選択

国コンテキストに関係なく、支払方法ごとに標準の借方支払勘定を定義できます。 これは、提案によって生成された支払明細行で設定されます。 銀行口座機能を使用すると、分析コードおよび通貨で、または異なる借方銀行口座を使用するこれらの組み合わせでその組み合わせに応じて、複数の借方銀行口座の管理を定義できます。 転記勘定タイプ = 銀行を使用したそれぞれの支払方法で有効な [銀行口座] ボタンを使用して支払方法ページでこれらの組み合わせを設定できます。