前払請求書と前払

この記事は、組織が事前の支払 (前払) に使用できる 2 つの方法に関する説明と対比を提供します。 ひとつは、発注書に関連付けられている前払請求書を作成します。 もう 1 つの方法では、仕訳入力を作成し、前払仕訳伝票としてマークすることによって前払仕訳伝票を作成できます。

組織は、商品またはサービスが履行される前に、仕入先へ前払を払出す場合があります。 仕入先に前払を払出す場合に 2 つの方法を使用できます。 リスクを最小限にするには、発注書の前払を定義して前払を追跡できます。 この方法では、発注書に関連付けられている前払請求書を作成する必要があります。 この方法は前払請求と呼ばれます。 細部まで前払を追跡しない、または仕入先からの前払請求書を受信しない組織は、前払請求方法に代わって前払仕訳伝票を使用できます。 仕訳入力を作成し、前払仕訳伝票としてマークすることによって、前払仕訳伝票を作成できます。 この方法では、どの発注書に対してどの前払を仕入先に行ったかは追跡できません。 しかし、決済する転記済の前払を発注書に対してマークすることができます。

前払請求と前払を使用する場合

前払請求 前払
発注書に前払の値を定義します。 発注書には前払の値が定義されていません。
キー: 前払請求書および最終請求書を転記する必要があります。 前払請求書を転記できません。
前払の負債は、AP 勘定ではなく、前払勘定に保持されます。 前払の負債は、AP 勘定ではなく、前払勘定に保持されます。
仕入先残高にはプロセス全体における前払の値が反映されません。 仕入先残高にはプロセス全体における前払の値が反映されます。
前払請求は、買掛金勘定でのみ使用できます。 買掛金勘定および売掛金勘定で前払を処理します。

前払プロセスの概要

顧客からの前払や仕入先への前払は、多くの国や地域で、顧客や仕入先の通常の集計勘定に転記しないのが会計の慣行になっています。 これらは代わりに、前払のための特殊な勘定科目に転記されます。 販売注文または発注書が作成されると、顧客または仕入先に請求書が発行されます。 請求書が支払われると、前払勘定科目の前払と売上税の前払伝票が振り戻され、請求金額が自動的に通常の集計勘定に転記されます。 前払を作成するには、次の手順に従います。

  1. 前払用に転記プロファイルを設定します。
  2. 売掛金勘定パラメーターおよび買掛金勘定パラメーターでは、元帳と売上税前払と前払伝票支払仕の転記プロファイル パラメーターを使用して、新しい転記プロファイルを選択します。
  3. 支払仕訳帳を作成し、新しい支払を作成します。
  4. 支払を前払としてフラグを設定できます。 支払が前払としてフラグが設定されている場合、支払は、手順 1 および 2 で設定した転記プロ ファイルで定義された勘定科目に転記されます。 さらに、支払いに前払いとしてフラグが立てられている場合、税金が計算されます。 一部の政府は、請求書がなくても前払が記録されると、税の支払いを必要とします。
  5. 前払を転記します。
  6. オプション: 請求書を作成する前に、前払いを発注書または販売注文に対して決済することができます。 販売注文または発注書ページのアクション ペインで、[トランザクションの決済] を使用します。
  7. 仕入先が商品やサービスを提供すると、請求を記録します。 発注書または手順 6 の販売注文にを決済した場合は、前払は、作成した請求書に対して自動的に決済されます。 発注書または販売注文に対して前払を決済しなかった場合、顧客または仕入先のページのトランザクションの決済を使用して、請求書に対して前払を手動で決済できます。 前払金額は AP/AR 勘定科目から、一時的に取り消されます。 また、税を計算する場合は、請求書に実際の税があるため、取り消されます。

前払請求プロセスの概要

前払請求書は一般的なビジネス慣行です。 仕入先は、発注書が履行される前に購買の預金を要求する前払請求書を発行します。 たとえば、一部の仕入先がカスタム商品やサービスに対して前払を要求することがあります。 仕入先が前払を要求する請求書を発行する場合、前払請求の機能を使用できます。 前払の値は発注書に定義でき、前払請求書は記録され支払われ、その後、前払請求書は最終請求書に適用されます。 前払を作成するには、次の手順に従います。

  1. 購買担当者は、仕入先が前払いを依頼している発注書を作成し、確認した後に送信します。 前払の値は、契約の一部として発注書で定義されます。
  2. 仕入先は前払請求書を送信します。
  3. 買掛金勘定コーディネーターは、発注書に対して前払請求書を記録し、前払請求書の支払いが行われます。
  4. 仕入先が商品やサービスを提供し、関連する仕入先請求書を受領したら、買掛金勘定コーディネーターは請求書に対して既に支払われた前払金額を適用します。
  5. 買掛金勘定コーディネーターは、請求書の残余金額を支払い、決済します。