プロジェクト請求

この記事では、時間/実費払プロジェクトおよび固定価格プロジェクトでの、プロジェクト請求の概要を説明します。 ここには、仮発行請求書 (仮請求書)、請求の管理、分割払請求、仕入先請求、および貸方票に関する情報が含まれます。

適用される請求手順はプロジェクト タイプによって決まります。 時間/実費払プロジェクトと固定価格プロジェクトの 2 つの外部プロジェクト タイプのみ請求できます。 時間/実費払プロジェクトと固定価格プロジェクトは、常にプロジェクト契約に関連付けられます。

  • 固定価格プロジェクト – 顧客請求書金額は、請求書の請求スケジュールに基づきます。 請求は分割払設定 (請求スケジュールとも呼ばれます) を介して実行されます。 固定価格プロジェクトは、プロジェクトごと、またはプロジェクト契約ごとに請求できます。
  • 時間/実費払プロジェクト – 顧客請求書金額は、プロジェクトに入力されるトランザクション明細行に基づきます。 トランザクションは、プロジェクトごと、またはプロジェクト契約ごとに請求できます。

時間/実費払プロジェクトと固定価格プロジェクトは、3 つの方法で請求プロジェクトに関連付けることができます。

  • 分割払請求 – 時間/実費払プロジェクトと固定価格プロジェクトを分割払で請求できます。 それぞれのプロジェクト タイプに 1 つずつ、2 つのタイプの分割払設定が必要です。
  • 定期セクションでの請求 – 定期機能によって、複数のプロジェクトにまたがってトランザクションを請求できます。 定期機能は、請求する必要があるトランザクションの概要を提供します。
  • 請求での訂正票の使用 – 訂正票は、時間/実費払プロジェクトと固定価格プロジェクトの両方に対して作成できます。

仮発行請求書

プロジェクトの顧客請求書を作成する前に、仮請求書または仮発行請求書を作成できます。 仮発行請求書で、プロジェクト請求書に含めるプロジェクト トランザクションを選択できます。 プロジェクト請求書を転記して顧客や他の資金調達ソースに送付する前に、請求書の詳細を確認できます。

仮発行請求書の作成

指定したプロジェクトのトランザクションの一覧から手動で選択することにより、仮発行請求書を作成できます。 自動的に仮発行請求書を作成するタイミングを指定する請求ルールを設定することもできます。 たとえば、プロジェクトの作業が 25%、50%、75%、100%完了したときに、仮発行請求書を作成するという請求ルールを作成できます。

仮発行請求書は次のトランザクションに対して作成できます。

  • 時間、経費、および他のプロジェクト トランザクション
  • 前のプロジェクト請求書について顧客が保留している金額
  • 訂正票
  • プロジェクトの開始前に顧客から支払われた金額

仮発行請求書の手数料トランザクションを作成できます。 また、時間、経費、品目、手数料トランザクションの販売価格を変更できます。 仮発行請求書を転記すると、更新された価格とトランザクションはプロジェクト レポートおよびトランザクション履歴に追加されます。

プロジェクトの複数の顧客請求書を作成するには、各請求書の仮発行請求書を作成する必要があります。 たとえば、トランザクション タイプに基づいて請求書を作成できます。 1 つの顧客請求書で時間を指定し、別の請求書で品目を指定するには、時間トランザクションと手数料トランザクションに別の仮発行請求書を作成する必要があります。

1 つ以上の資金調達ソースがあるプロジェクトの場合、資金調達ソースごとに別の仮発行請求書を作成できます。 [資金調達ルール配賦] ページで、丸め誤差を転記するソースと各資金調達ソースに配賦するトランザクション金額の割合を定義できます。

仮発行請求書からの顧客請求書の作成

仮発行請求書を作成し転記すると、顧客請求書は、仮発行請求書に含まれるトランザクションに対して自動的に作成されます。

仮発行請求書を転記する前に、その仮発行請求書のトランザクションを追加または削除できます。 たとえば、プロジェクトに転記された経費トランザクションを削除できますが、顧客は変更できません。

転記前に仮発行請求書の確認が組織で必要な場合、転記する前に仮発行請求書は "プロジェクトの仮発行請求書を確認" ワークフローを介して承認される必要がある場合があります。

分割払い請求書発行

プロジェクトの分割払い請求書で入力した量は、タイミング、完成率、および関係するプロジェクト契約で指定された他の請求基準に基づいています。 その量は、時間、品目、経費、またはプロジェクトに転記された費用に基づいては計算されません。

プロジェクト請求書に分割払いトランザクションを追加するには、まず時間/実費払いプロジェクトまたは固定価格プロジェクトの、分割払いトランザクションを作成する必要があります。 分割払いトランザクションでは、顧客に送る請求書の量を入力します。 その量でプロジェクト請求書を作成するには、仮請求書 (仮発行請求書) を作成します。 仮発行請求書で、分割払いトランザクションを選択します。 そのプロジェクト請求書を作成する前に、分割払い情報を仮発行請求書で確認できます。

固定価格プロジェクト

固定価格プロジェクトの場合、分割払いトランザクションは、マイルストーンの合意、出荷単位、またはプロジェクト契約で指定された分割請求に基づいています。 1 行は、プロジェクトの顧客から受け取る必要がある各支払に対して作成されます。 控除は不要です。

時間/実費払プロジェクト

時間/実費払プロジェクトの場合、内金請求書の申請を使用して、事前支払額の顧客または他の資金調達ソースに請求できます。 分割払トランザクションを 1 行で入力します。 必要に応じて、顧客が既に行った前払を相殺するための控除として、追加の行を入力できます。 控除の行を作成するには、金額の前にマイナス記号を付加します。

請求の管理

請求の管理を使用して、請求済トランザクションと未請求トランザクションを追跡し、これらのトランザクションを、見積ステージから完了までのプロジェクトのエンドツーエンドのビューの見積と照合して分析できます。 特定のプロジェクトに請求されたトランザクションや、どの明細行が請求されているかを確認できます。 個々のトランザクションを表示し、それらのトランザクションを転記後に調整することもできます。

固定価格プロジェクトの請求

固定価格プロジェクトの請求では、請求スケジュールを定義して請求手順を実行します。

請求スケジュール

固定価格プロジェクトは、請求スケジュールで請求できます。 請求スケジュールは、プロジェクトの 1 つマイルストーンまたは複数のマイルストーンを単位として定義します。 各マイルストーンに対して、特定の日付、販売通貨、販売価格、および活動を定義できます。

たとえば、請求スケジュールを次のように設定できます。

  • プロジェクトの契約時に 20%
  • 初回納品時に 30%
  • 2 回目の納品時に 15%
  • 最終納品時に 35%。

請求手順

マイルストーン支払の請求を行う準備が整ったら、分割払金額を請求するための手順を使用します。

仕入先請求

ある品目を仕入先に注文してその品目をプロジェクトに割り当てると、品目の発注書明細行に対して選択した明細行プロパティにより、購買品目を顧客に請求するかどうかが決まります。 既定の明細行プロパティを設定する場合、発注書明細行上の品目のための既定の明細行プロパティが表示されます (明細行の詳細 > プロジェクト > 明細行プロパティ)。 明細行プロパティを変更する 2 つの方法があります。

  • 品目のためにプロジェクトの顧客に請求書を発行: 発注書の請求可能金額に品目の明細行プロパティを設定し、適切なプロジェクトの請求方法を使用して顧客に請求します。
  • 品目のためにプロジェクトの顧客に請求書を発行しない: 品目の発注書明細行の [課金対象] 明細行プロパティを選択しません。 これにより、発注書に対する請求書を発行でき、その後のアクションは必要ありません。

訂正票

顧客請求書の金額の値が負の場合、請求書は訂正票に分類します。 ドキュメントを印刷するとき、"訂正票" というタイトルになります。

過去に請求された金額を貸方に転記する貸方票を作成する場合は、最初に貸方転記の対象となる請求額を選択する必要があります。 そこで、通常の顧客請求書を作成するのと同じ手順で訂正票を作成します。 つまり、過去に請求された金額を貸方に転記するには、過去に顧客請求書に転記した取引を選択して、訂正票提案を作成して転記する必要があります。

貸方転記の対象として選択した取引、貸方取引、および請求に転記された取引を同じドキュメントに含めることができます。 ドキュメントは、合計金額が正か負かに応じて、請求書または訂正票のいずれかに分類されます。

請求金額を貸方に転記するには、最初に貸方転記の対象となる請求額を選択してから貸方票を作成します。 顧客請求書を作成する場合と同じ手順に従って貸方票を生成します。

貸方票に分類される、負の金額が記載された請求書を作成できます。 貸方票を作成および印刷するには、過去に顧客請求書に転記したトランザクションを選択してトランザクションを変更する必要があります。 基本住所がドイツ以外の法人は、請求書のタイトルは "修正請求書" です。