SEPA 口座振替の概要

この記事では、ISO 20022 口座振替に関する一般情報を提供します。これは単一ユーロ支払地域 (SEPA) 口座振替および仕入先に対するそのほかの電子支払を含みます。 SEPA 口座振替は、1 つの会社または個人から別の会社または個人に対する、ユーロでの特定のタイプの支払です。 このトピックは、口座振替の支払ファイルを設定して送信する方法も説明します。

口座振替メッセージとは何ですか。

口座振替メッセージとは、開始側 (会社) が自身の口座から債権者に資金移動を送信する要求です。 口座振替メッセージの国/地域固有のおよび銀行固有の実装が数多くあります。 そのいくつかは 1 つの国/地域内で使用され、いくつかは標準となります。 1 つの確立されているグローバル基準は、口座振替などの ISO 20022 およびその起動開始メッセージです。 次の図は、選択された口座振替メッセージの関係と補償を示します。 口座振替 口座振替メッセージ

ISO 20022 および SEPA 支払とは何ですか。

単一ユーロ支払地域 (SEPA) は欧州委員会によって設定され、個人、事業または組織および銀行がどの国または地域にあるかに関係なく、すべての電子支払は国内と見なされます。 国内支払と国境を越えた支払の間に違いはありません。 SEPA には、28 の欧州連合 (EU) の加盟国とアイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイス、およびモナコとサンマリノが含まれます。 SEPA により、欧州経済領域 (EEA) 内の支払トランザクションの単一市場が形成されます。 最終的に、SEPA により、銀行、事業、および個人が扱う支払形式の数を減らすと予想されます。 指令への支払サービス ディレクティブ (PSD) を介した SEPA 支払の法的根拠は欧州委員会が設定しました。 欧州決済協議会 (EPC) は、次の活動で SEPA をサポートしています。

  • これは、ISO 20022 の統合的な金融業務に関する通信メッセージ規格の XML 形式を使用して、SEPAの電子支払の標準を設定します。
  • これはユーロ支払処理に関するルールとガイドラインを設定します。

ヨーロッパの銀行から構成される EPC は SEPA 支払手段の商業的、技術的フレームワークを開発します。 3 つのタイプの SEPA 支払が使用されます。

  • 口座振替
  • 口座引落
  • カード

SEPA 口座振替とは何ですか。

SEPA 口座振替は、個人または 1 つの会社から別の会社または個人に対する支払です。 支払はユーロで、国際銀行番号 (IBAN) および両方の当事者の銀行識別コード (BIC) を含む必要があります。 (BIC は、国際銀行間通信協会 [SWIFT] とも呼ばれます。) また、トランザクション原価は両方の当事者間で共有する必要があります。 当事者間で発生する口座振替は、ISO 20022 支払処理標準に準拠した XML ファイル、EPC によって指定されている XML 形式を使用する必要があります。

口座振替はどのように実装されますか。

欧州諸国の口座振替の支払形式は、Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations, Enterprise edition の 電子申告 および [支払方法] 機能を使用して実行されます。 ほかの地域で使用されるいくつかの口座振替の形式は、レガシ支払フレームワークを使用します。 ほかの複数のフォームの間で、使用可能な 12 の ISO 20022 口座振替のファイル形式があります。 これらのエクスポート形式は、SEPA ISO 20022 XML 標準に準拠します。 それらが使用されている国/地域の非ユーロの支払振替、および EPC がリリースする SEPA 口座振替設定ルールブックのバージョン 8.2 で指定されたユーロ支払を生成するのに使用されます。 口座振替を実装する前に、電子銀行決済のファイルをアップロードするために必要なソフトウェアを取得するために、銀行にお問い合わせください。 銀行に対する支払指図を含む XML ファイルの転送にそのソフトウェアを使用します。

Finance and Operations で現在サポートされている口座振替の形式は何ですか。

必要に応じていつでも Microsoft Dynamics Lifecycle services (LCS) の共有アセット ライブラリに移動して、GER コンフィギュレーション資産タイプのある利用可能なファイルで最新の一覧を表示する必要があります。 次のセクション、"何を設定する必要がありますか。"では、利用可能なコンフィギュレーションおよびインポート選択されているコンフィギュレーションを表示するための LCS リポジトリの作成方法について説明するトピックへのリンクを提供します。

何を設定する必要がありますか。

  • 口座振替ファイルを作成する前に、少なくとも 1 つの有効な口座振替コンフィギュレーションを、ER コンフィギュレーションにインポートする必要があります。 手順については、Lifecycle Services の電子申告コンフィギュレーションのダウンロードを参照してください。
  • 支払の買掛金勘定の方法をコンフィギュレーションするときに、一般的な電子申告 チェック ボックスをオンにし、エクスポート形式のコンフィギュレーションとして適切な口座振替形式 (たとえば、ISO 20022 口座振替 (AT)) を選択します。
  • Finance and Operations で法人および銀行口座情報を設定する必要があります。
  • 銀行口座番号、IBAN、および時にはSWIFT コード (BICs) または他の ID が、有効な口座振替の支払を作成するため必要になります。 したがって、仕入先の銀行口座および振込を要求する組織の銀行口座用にそれらを設定する必要があります。
  • 口座振替メッセージで参照される関係者の付加価値税 (VAT) 番号など、追加情報が必要になるかもしれません。 この情報は、必要時に仕入先と法人用に設定される必要があります。
  • いくつかの買掛金勘定支払方法、ほとんど支払の ISO 20022 基準メソッドは、サービス タイプ = SLEVなどの 支払フォーマット コード セットの追加設定を要求するかもしれません。 これらのコードは、支払処理中に支払トランザクションに対する追加のタグ付けとして使用されます。 支払コードの既定値では、カテゴリ目的手数料負担者ローカル支払方法 および サービス レベル などが 2 箇所に設定されます。 1 箇所は 買掛金勘定支払仕訳帳ヘッダー および 2 箇所目は 買掛金勘定支払方法です。 支払仕訳帳明細行の作成時に、支払仕訳帳ヘッダーで設定された支払コードの値が仕訳帳明細行に転送されます。設定されていない場合は、支払方法が使用されます。

口座振替支払の生成にどのパラメーターが使用できますか。

特定のパラメータの一覧は、口座振替形式によって異なります。 次の表は、仕入先支払仕訳帳のドイツの ISO 20022 口座振替の支払ファイルを生成するときに使用可能なパラメーターを示します。 [バックグラウンドで実行] タブで使用できるオプションを使用して、支払の生成をバッチ モードで実行できます。

フィールド 説明
バッチ記帳 XML ファイルにバッチ記帳タグを含める場合は、このチェック ボックスをオンにします。
処理日 銀行が支払を処理する日付を入力します。
書式設定 国/地域または銀行の条件に応じて送金情報の形式を選択します。
  • [Strd] – 1 つの支払明細行が 1 つの請求書に対して決済されるときに構造化された形式を使用する場合は、このオプションを選択します。 このオプションは、フランス、ドイツ、またはオランダの国/地域固有のエクスポート形式では使用できません。
  • [Ustrd] – 支払が複数の請求書に対して決済されるときに構造化されていない形式を使用する場合は、このオプションを選択します。 決済された請求書の請求書番号が送金情報として連結して使用されます。 ISO 20022 のガイドラインに準拠するために、構造化されていない送金情報は 140 文字に限定されます。
請求書の数 支払通知 レポートが印刷される請求書の数を入力します。
順序番号 ファイルを識別する順序番号を入力します。 順序番号が [出席メモ] レポートに表示されます。
出席メモの印刷 [出席メモ] レポートを印刷するには、このチェック ボックスをオンにします。
管理レポートの印刷 支払情報を含むレポートを印刷するには、このチェック ボックスをオンにします。
送付状の印刷 [支払通知] レポートを印刷する場合は、このチェック ボックスをオンにします。

IBAN や BICs とは何ですか。

国際銀行番号が (IBAN) および銀行識別コード (BIC) は世界中の多くの国/地域の口座を識別するために使用されます。 これらには 34 の SEPA 国/地域が含まれます。 SWIFT コード フィールドに BIC を入力し、IBAN フィールドに IBAN を入力します。 これらのフィールドは債権者の銀行口座および顧客の銀行口座の両方に対して、[銀行口座] ページの [銀行口座] タブの [銀行口座] クイック タブにあります。 SEPA の支払に対する BIC の使用は現在適用されません。

支払ファイルはどのように銀行に送信しますか。

支払を生成すると、支払ファイルが生成され、Web ブラウザから使用可能な場所に保存するよう求められます。 次の手順として、銀行へ XML ファイルを送信します。 このプロセスは、銀行によって異なります。 銀行の指示に従って、処理用のファイルを銀行に送信します。