売掛金勘定の貸方転記と取立

売掛金勘定回収情報は、Finance and Operations のコレクションのページを使用して 1 つの中央ビューで管理されます。 貸方および取立マネージャが回収を管理するには、この中央ビューを使用できます。 回収代行業者は、定義済の回収基準または [顧客] ページを使用して生成された、顧客リストから回収プロセスを開始することができます。

回収を設定または作業を開始する前に、次の概念を理解する必要があります:

  • 顧客の経過期間スナップショットには、ある時点でのエイジングした残高の情報が含まれます
  • 回収の顧客プールを使用して、作業を整理することができます
  • 回収代行業者は、独自の顧客ループを使用できます。
  • リスト ページには、回収の顧客、活動、およびケースが記載されます
  • 顧客の回収情報はすべて、1 つのページにまとめられ、そのページから操作を行うことができます
  • ワン ステップで、利息や手数料を免除、再開、または取消をします
  • ワン ステップで、損金処理トランザクションを作成できます
  • ワン ステップで、預金不足 (NSF) の支払を処理できます

次のセクションでは、それぞれの概念について説明します。

顧客エイジングのスナップショット

経過期間スナップショットには、ある時点での顧客の計算済のエイジングされた残高が含まれます。 この情報は、[エイジングした残高リスト] ページと [取立] ページに表示されます。 経過期間スナップショットは、[回収リスト] ページの情報を表示する前に、作成する必要があります。

顧客ごとに、経過期間スナップショットには、エイジング期間の定義の各エイジング期間に対応する経過期間スナップショットのヘッダーと詳細レコードが含まれます。

経過期間スナップショットのヘッダーには、合計金額の期限、与信限度額、梱包明細金額、販売注文金額、争議トランザクション数、顧客 ID の争議トランザクションの総額が含まれます。 顧客のトランザクションすべてがこの金額の計算に含まれます。 合計金額の期限、与信限度額、梱包明細金額、および販売注文金額が、[回収] ページの [与信情報] 情報ボックスに表示されます。

エイジング期間定義のエイジング期間ごとに、経過期間スナップショットの詳細レコードが作成されます。 各経過期間スナップショットの詳細レコードには、エイジング期間の日付を持つトランザクションのエイジング期間の ID と合計金額が含まれます。 トランザクションは 30 日期日経過など、エイジング期間に割り当てられます。 日付は、経過期間スナップショットを作成するとき指定された [エイジング] の日付に相対します。 この情報は、[エイジングした残高リスト] ページと [回収] ページの [指定の期間に達している残高] 情報ボックスに表示されます。

回収の顧客プール

顧客プールとは、回収またはエイジング プロセスで表示および管理できる顧客レポートのグループを定義するクエリです。 [指定の期間に達している残高] ページ、[回収活動] ページ、[回収ケースのリスト] ページで、顧客プールを使用して情報をフィルタ処理します。 経過期間スナップショットの作成時に含まれている顧客 ID をフィルタ処理するのにも、顧客プールを使用できます。

回収代行業者

既定では、Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations のユーザーには、回収リスト ページのすべての顧客情報を表示できます。 回収代行業者のレコードを使用して、回収リスト ページと [回収] ページの情報をフィルタ処理して使用できる顧客プールを決定できます。

回収代行業者とは、回収が時間通りに行われるように顧客ために動く担当者です。 Finance and Operations では、回収代行業者は、[ユーザー設定] ページでユーザーに割り当てられている作業者です。

回収リストのページ

次のリスト ページでは、回収情報を整理することができます。

  • 指定の期間に達している残高 – リスト ページの列には、顧客残高とエイジングした金額がエイジング期間ごとに表示されます。 この情報は、経過期間スナップショットに保存されます。 エイジング期間は、使用するエイジング期間の定義によって決まります。 エイジング期間の定義は、プール クエリに指定されていれば顧客プールから取得されます。 プールにエイジング期間の定義がない場合、[売掛金勘定パラメーター] ページで指定されている既定のエイジング期間の定義が使用されます。 既定のエイジング期間の定義が指定されていない場合、[エイジング期間定義] ページの最初のエイジング期間の定義が使用されます。
  • [回収活動] – リスト ページの列に回収活動として識別される活動が表示されます。 これらの活動は [回収] ページを使用して作成されます。 活動は、選択したグループに関連する作業の追跡に使用します。
  • [回収ケース] – リスト ページの列には、[回収] ケース タイプのケース カテゴリがあるケースの情報を表示します。
注意

経過期間スナップショットは、これらのリスト ページの情報を表示する前に、作成する必要があります。 経過期間スナップショットが作成されている顧客に対してのみ、情報が表示されます。リスト ページで表示されるレコードは、次のようにしてさらにフィルタ処理できます。

  • 既定では、Finance and Operations のユーザーは、経過期間スナップショットのあるすべての顧客にアクセスできます。
  • 顧客プールが存在する場合、ユーザーは回収代行業者として設定され、プールを使用して回収リスト ページの情報をフィルタ処理する必要があります。 情報は、選択した顧客プールに含まれる顧客に限定されます。
  • ユーザーが回収代行業者として設定されている場合、その回収代行業者に選択したプールのみがリスト ページで使用できます。 回収代行業者について、[回収代行業者] ページで [エージェントがすべての顧客プールを表示できるようにする] の切り替えを選択した場合、すべてのプールがその業者で使用できます。
  • 回収ページ

    回収情報、活動を表示および管理し、顧客のケースに対するアクションを実行するには [回収] ページを使用します。

    選択した顧客のケースが上部ウィンドウに表示されます。 顧客のトランザクションが中央のウィンドウに表示されます。 下部ウィンドウには、顧客活動を表示します。 一つ以上のトランザクションと活動の回収情報を追跡するには、回収ケースを作成できます。 上下ウィンドウの情報はケースでフィルター処理できます。

    情報ボックスは、選択した顧客のエイジングした残高および与信限度額の情報を表示します。 この情報は、経過期間スナップショットに保存されます。 必要に応じて、現在の情報を含む経過期間スナップショットを更新できます。

    アクション ウィンドウには選択した顧客、ケース、トランザクション、または活動の関連情報を表示するボタンが含まれます。 トランザクションの回収ステータスを変更して、電子メール プロバイダーとの統合を介して電子メールの通信を送信し、顧客に払い戻し、NSF 支払を処理し、未回収残高を損金処理するという、一般的なアクションも行うことができます。

    利息または手数料の免除、再開、および取り消し

    すべての利子計算書、または計算書の一部である手数料およびトランザクションの利息を免除、再開、または取消します。 この処理は、[すべての顧客] リスト ページの [アクション] ペインの [回収] タブで、[利子計算書]、[トランザクションの利息] または [手数料] をクリックして行うことができます。

    これらの調整は、利子計算書とその利息および手数料にのみ影響します。 「一つのステップで、損金処理トランザクションを作成する」のセクションの手順で、顧客が負っている課金の損金処理を行います。

    詳細については、「範囲のある利息コードを作成 および 利息の処理」を参照してください。

    損金処理トランザクションの作成

    [回収] フォームで [損金処理] をクリックして貸倒損失を損金処理できます。[エイジングした残高]、[顧客]、[未処理の顧客請求書] のリスト ページでも行うことができます。

    顧客のトランザクションを損金処理すると、顧客のすべてのトランザクションは決済として自動的にマークされています。 損金処理された金額は、マークされたトランザクションの正味金額によって異なります。 損金処理トランザクションは、一般仕訳帳で作成され、仕訳帳明細行を最大 3 種類含めることができます。

    • 仕訳帳明細行の最初のタイプには、顧客損金処理のエントリが含まれます。 マークした取引に、通貨コード、分析コード、転記プロファイルの複数の組み合わせがある場合、組み合わせごとに独立した仕訳明細行が作成されます。
    • 仕訳帳明細行の 2 番目のタイプは、一般会計の損金処理のエントリが含まれます。 マークした取引に、通貨コード、分析コード、転記プロファイルの複数の組み合わせがある場合、組み合わせごとに独立した仕訳明細行が作成されます。
    • 仕訳帳明細行の 3 番目のタイプには、売上税の一般会計の損金処理の情報が含まれます。 この仕訳帳明細行は、[売掛金勘定パラメーター] ページで [売上税を分離する] の切り替えが選択されている場合にのみ作成されます。 マークしたトランザクションに、支払い売上税勘定、分析コード、売上税コードの複数の組み合わせが含まれる場合、組み合わせごとに独立した仕訳明細行が作成されます。

    損金処理トランザクションがトランザクション通貨で作成されます。

    詳細については、「顧客の損金処理仕訳帳の作成」を参照してください。

    預金不足 (NSF) 支払の処理

    [回収] ページで NSF 支払をクリックして、NSF 支払を処理できます。 このボタンをクリックすると、支払をキャンセルします。 NSF 手数料を顧客に適用する場合は、費用トランザクションが支払仕訳帳で作成されます。 手数料の金額は、自動請求の設定に基づきます。 NSF 支払に適用される自動請求は、当該銀行口座の [銀行口座] ページで選択した費用グループで指定します。