SEPA の口座引落の委任状の設定

顧客が債権者に署名済み委任状を付与した場合、単一ユーロ支払地域 (SEPA) の口座引落により、債権者は顧客の銀行口座から資金を収集することができます。 債権者が支払を回収することを承認する委任状に顧客が署名し、顧客の銀行に支払の回収を指示します。 このトピックは、SEPA 口座引落の委任状を設定するプロセスを表示するためにまとめられています。

必要条件

次の表に、開始する前に準備が整っている必要のある前提条件を示します。

カテゴリ 前提条件
国/地域 法人の基本住所は、オーストリア、ベルギー、ドイツ、スペイン、フランス、イタリア、またはオランダである必要があります。
  1. 口座引落の委任状の番号順序を設定します。各口座引落の委任状には固有の番号が必要になります。 番号順序ページを使用して、口座引落委任状の番号順序を作成します。 この識別子を使用して、売掛金勘定パラメーター ページの口座引落委任状システムに番号順序を割り当てます。

  2. 口座引落の委任状の売掛金勘定パラメータを設定します。口座引落の委任状のパラメータを設定するため 売掛金勘定パラメータ ページを使用します。 パラメータを設定するには、口座引落 タブで、必要に応じて既定のパラメーターを変更します。 その後、番号順序 タブで、以前に設定した番号順序で 口座引落の委任状 ID フィールドを更新します。

  3. 口座引落委任状の支払方法を設定します。口座引落委任状の支払方法を設定する必要があります。 この支払方法を使用して、口座引落支払を生成する請求書をクエリします。 支払方法ページを使用して、支払方法を設定します。 口座引落委任状の支払方法を設定するには、支払い方法に関する次の追加手順に従う必要があります。

  • [支払タイプ] フィールドで、[電子支払] を選択します。
  • オプション: 顧客のそれぞれに複数の委任状があると予測される場合、期間 フィールドで 請求書を選択します。 各請求書ごとの個別の支払を作成し、支払ごとに各請求書に指定された委任状が使用されます。
  • 口座引落の委任状を使用して支払を作成するには、[委任状の要求] オプションを選択します。 [委任状の要求] オプションは、[支払タイプ] フィールドで [電子支払] を選択している場合にのみ使用できます。

口座引落の概要も参照してください