貸方転記および取立の設定

この品目では、コレクション機能の設定方法が説明されます。

エイジング期間の定義の設定

エイジング期間の定義の設定 エイジング期間の定義は、[エイジングした残高]、[回収活動]、および [回収ケース] リスト ページで表示される列で定義します。 また、[コレクション] ページに表示される期間を定義します。 顧客プールを設定する場合、プールのエイジング期間の定義が使用されます。 プールが設定されていない場合、[売掛金勘定パラメーター] ページで指定されている既定のエイジング期間の定義が使用されます。 既定のエイジング期間の定義が指定されていない場合、[エイジング期間の定義] ページの最初のエイジング期間の定義が使用されます。

経過期間スナップショットの作成

すべての顧客または顧客プール内の顧客に対して経過期間スナップショット レコードを作成します。 経過期間スナップショットの情報は、[エイジングした残高] リスト ページと [コレクション] ページに表示されます。 リスト ページを使用する前に、経過期間スナップショットを作成する必要があります。 リスト ページでは、経過期間スナップショットを作成した顧客に対してのみ情報が表示されます。

オプション: 顧客プールの設定

顧客グループを表すための顧客プールを設定できます。 [回収] ページで、または経過期間スナップショットを作成するとき、[回収] リスト ページに表示される顧客情報のフィルターとして顧客プールを使用できます。

オプション: コレクション チームの作成

組織内の複数の回収作業を行う場合、回収チームを設定できますします。 [売掛金勘定パラメーター] ページでチームを選択できます。 回収チームを作成しない場合、[回収代行業者] ページで回収代行業者を設定するとき、チームが自動的に作成されます。

コレクション ケース カテゴリの設定

ケースを使用して回収作業を整理する場合は、[回収] カテゴリ タイプがあるケース カテゴリを設定します。 この設定は、[回収] ページのケース機能を使用する場合に限られます。

仕訳帳名 (決済、損金処理、および NSF) の設定

回収ページでトランザクションが処理されるときに使用する仕訳帳名を設定します。 この処理には、トランザクションの決済、トランザクションの損金処理、預金不足 (NSF) 支払の処理が含まれます。

説明 仕訳帳タイプ
居住地 顧客支払
損金処理 毎日
NSF 顧客支払

損金処理トランザクションの理由コードの設定

[回収] ページでトランザクションが損金処理されているときに使用する既定の理由コードを設定します。 損金処理プロセス中にコードを変更できます。

電子メール添付ファイルのフォルダの設定と、電子メール テンプレートの作成

[回収] ページから Microsoft Excel の添付ファイルを持つ電子メール メッセージを送信する場合、これらのメッセージのオプションの電子メール テンプレートを作成できます。

コレクションの売掛金勘定モジュール パラメーターの設定

[回収] タブに表示される売掛金勘定パラメーターを設定します。

オプション: 回収代行業者の設定

組織内の複数の者が回収作業を行う場合、回収代行業者を設定できます。 回収代行業者は、[ユーザー関係] ページでユーザーとして設定されている作業者です。 顧客プール (顧客クエリ) を回収代行業者に割り当てて、代行業者の作業の整理を容易にすることができます。 回収代行業者は、[売掛金勘定パラメーター] ページで選択されたチームに追加されます。 チームがそのページで選択されていない場合、[回収] という名前の新しいチームが自動的に作成され、回収代行業者はそのチームに追加されます。

損金処理勘定の設定

トランザクションの損金処理時に一般会計の損金処理エントリに対して使用される損金処理勘定を設定します。 この勘定は、顧客転記プロファイルに保存されます。

銀行口座の NSF 情報の設定

NSF 支払が [回収] ページで指定される時に、正しい仕訳が含まれるように銀行口座を更新します。 [通貨管理] タブの [NSF 支払仕訳帳] フィールドで、支払仕訳帳を選択します。

回収ページのユーザーの Outlook 設定のセットアップ

[回収] ページを使用して作業者が活動を作成したり、電子メール メッセージを送信する前に、[Microsoft Outlook の同期] コンフィギュレーション キーが選択されていることと、Outlook の同期がこれらの作業者に対して設定されていることを確認する必要があります。

回収の顧客連絡先の電子メールとアドレスの設定のセットアップ

[回収] ページから顧客連絡先に電子メール メッセージを送信する場合は、それらの連絡先の電子メール アドレスを設定します。 回収連絡先は、[回収] ページで既定の連絡先として使用されます。 明細書の住所を基本住所以外の住所にする必要がある場合は、顧客の明細書の住所を設定できます。

顧客の [貸方および取立] クイック タブの [回収連絡先] フィールドで回収代行業者を使用する顧客の組織の従業員を選択します。 この担当者は、[回収] ページで既定の連絡先として使用され、電子メール メッセージの送信先となります。

注意

顧客の回収連絡先が指定されていない場合、顧客の基本連絡先が使用されます。 基本連絡先が指定されていない場合は、電子メール メッセージは、[連絡先] ページに記載されている最初のアドレスに送信されます。

販売担当者の電子メール設定のセットアップ

[回収] ページから販売担当者に電子メール メッセージを送信する場合は、販売担当者の電子メール アドレスを設定します。 各コミッション売上グループの各販売担当者の電子メール アドレスを設定します。 [連絡先] オプションで選択されている販売担当者は、電子メール メッセージが送信される既定の販売担当者です。

販売担当者が指定されていない場合、顧客の組織の主要販売担当者が使用されます。 主要販売担当者が指定されていない場合は、電子メール メッセージは、ページに記載されている最初の販売担当者に送信されます。