予算作成の概要

Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations, Enterprise Edition の財務機能を使用するほとんどすべての会社は、実績対予算のレポートを作成できなければなりません。 この記事では、Finance and Operations 予算で作成したり、サード パーティ製プログラムから読み込むために必要な最低限のコンフィギュレーションを説明します。

概要

法人の承認済の予算は、予算登録エントリとして知られるドキュメントで管理されます。 予算登録エントリのドキュメント明細行は、予算勘定エントリとして知られ、承認済の予算の財務分析コード情報、日付、および金額が含まれます。 予算登録エントリのドキュメントは、予算金額の元帳の実際の金額を比較した基本的な財務レポートや照会のページに統合されます。

Finance and Operations の予算登録エントリを作成するための方法は複数あります。

  • 予算登録エントリページで、ドキュメント情報を手動で入力します。
  • 予算登録エントリページの、Excel で開くボタンをクリックして開くことができる Microsoft Excel テンプレートを使用します。
  • 予算登録エントリをインポートする場合、データ管理の予算勘定項目データ エンティティを使用します。 システムに多くの予算勘定項目をインポートする必要がある場合、この方法を使用し、セット ベース処理パラメーターを有効にすることを考慮する必要があります。
  • 会社が予算データの準備に予算計画機能を使用する場合、予算登録エントリの生成定期処理を使用できます。

予算登録エントリは、予算残高が更新されると完了と見なされます。 予算登録エントリページで、選択された予算登録エントリ、あるいは複数のエントリの [予算残高の更新] をクリックします。 予算残高を更新した後、予算登録エントリの状態を完了に変更します。 完了した予算登録エントリは、編集用に再度開くことはできません。 したがって、予算データを調整する必要がある場合、完了した予算登録エントリのデータを修正する代わりに、新しい予算登録エントリを作成する必要があります。

構成

予算をコンフィギュレーションする場合、予算作成パラメーターページで開始します。 このページで、ワークスペースでの、予算登録エントリの予算仕訳帳、番号順序、および既定の動作を定義する必要があります。

次に、予算タイプ (たとえば、転送あるいはリビジョン) に基づいて予算登録エントリの承認を制御するポリシーがある場合、予算作成ワークフローページで予算登録エントリのワークフローを作成する必要があります。 転送がワークフロー承認なしで許可されるシナリオがある場合、これらのシナリオをサポートする予算振替ルールを定義できます。

予算作成用の分析コードページで、勘定科目表に使用される分析コードに基づいて、割り当てに使用する財務分析コードを選択する必要があります。 予算作成用にすべての財務分析コードまたはサブセットを選択できます。

予算すべて、または一部に対応する予算モデルを定義します。 すべての予算登録エントリに対して 1 つの予算モデルを使用できます。 また、予算分類できる予算タイプ、地理的な場所、または他の方法に基づく他のモデルを作成できます。

注意

予算管理を使用すると、特定の予算サイクル期間ごとに 1 つの予算モデルに関連付けることができます。

レコード、および関連するワークフローの予算トランザクションタイプを識別する予算コードを作成します。 予算コードは次の予算タイプをサポートできます:

  • 元の予算
  • 移動
  • リビジョン
  • 債務
  • 事前債務
  • 繰越予算

予算コードにより、予算サイクルの過程全体で、承認済の予算の変更の監査証跡が可能になります。 ワークフローが予算コードと関連付けられる場合、その予算コードを使用するすべての予算登録エントリに対して有効になるワークフローとワークフロー ステップは、予算登録エントリが完了ステージに達する前に完了する必要があります。

また、必要に応じて予算振替ルールを設定します。 予算振替ルールを使用するには、予算パラメーター ページで [予算振替のルールを使用] を選択します。 予算振替ルールが使用される場合、ユーザーが転送タイプの予算コードを使用してドキュメントを作成すると、予算振替ルールに違反している場合に予算残高は更新されません。 たとえば、販売の主勘定とマーケティング部門の間で転送される経費予算の予算振替ドキュメントを許可することができますが、そのタイプの予算勘定項目のワークフロー承認が付与されていない部門からの、あるいは部門への転送を禁止することもできます。

実績対予算を追跡するワークスペースおよび照会ページの使用

予算マネージャで、元帳予算および予測ワークスペースの予算の現在の状態を確認できます。 予算超過の経費および予算以内の収益タブは、目標予算が実現されていない、あるいは、しきい値に近づいていない財務分析コードの組み合わせをすばやく表示します。 自分のワークスペースのコンフィギュレーションをクリックして、これらのタブで使用される財務分析コード セットと予算しきい値の割合をカスタマイズできます。 単位マネージャをクリックして、これらのタブで選択した特定の財務分析コードの組み合わせを担当する作業者を表示できます。 たとえば、業務部門の経費の予算がしきい値を超過していることが表示される場合、この点について話し合うため、業務部門のマネージャーを簡単に検索し、連絡できます。

注意

組織単位ページの、[部門マネージャー] フィールドで、どのマネージャーが特定の財務分析コードの組み合わせをサポートするかが決まります。 タブの下部にある詳細情報をクリックすると、予算金額と実績金額の詳細についての実績対予算照会ページが開きます。

実績対予算照会ページは、予算と実績金額の詳細を表示します。 照会ページの明細行を選択し、期間残高をクリックすると、予算と実績金額の会計年度期間の分布を表示します。 予算勘定項目ページで予算登録エントリの予算金額の詳細のドリルスルーが提供されます。 一般仕訳入力ページで、計算された実績金額を含む元帳トランザクションが開かれます。

予算計画機能を使用している会社は、元帳予算および予測ワークスペースで、予算予測を作成、および使用できます。