他のモジュールとの予算計画の統合

予算計画はいくつかの異なるリソースから生成することができます。 定期的なプロセスの基本要素は、すべてのリソースと同じです。

予算計画を生成するための定期的なプロセス

予算計画は次のリソースから生成することもできます:

  • 総勘定元帳トランザクション
  • 固定資産
  • 予測職位
  • プロジェクト予測
  • 供給予測
  • 需要予測
  • 予算登録エントリ
  • その他の予算計画

定期的なプロセスの基本要素は、すべてのプロセスと同じです。 タブで、バッチ処理として背景プロセスを実行するように、データ ソース、ターゲット (予算計画) の属性、オプションを定義できます。 この項目の次のセクションでは、各プロセスで表されない場合がある品目について説明します。

アクション

各生成プロセスに対して、3 つのアクションを使用できます:

  • [新規予算計画の作成] は、[ターゲット] セクションで選択した属性を持つ新しい計画を作成します。 これらの属性は一意である必要はありません。 したがって、二つの計画で同じ名前および値などを設定できます。
  • 既存の予算計画シナリオを置き換え、選択された予算計画シナリオの予算計画のすべてのデータを削除し、選択したソース データを使用して新しい行を作成します。
  • 既存の予算計画シナリオを更新し、新しいデータを追加、ソース行に一致する計画の既存の明細行を更新し、新しい明細行を新しいデータに追加します。 照合は、勘定科目、日付、予算クラスなどのさまざまなフィールドに基づきます。 たとえば、予測の職位からの予算計画を生成する場合、位置番号が重要なフィールドです。 ソースの位置番号に一致する位置番号があるすべての明細行は、ソースからの新しい明細行に置き換えられます。

配賦元

すべてのプロセスに対して、[ソース] タブで、[フィルター] ボタンを使用してデータをフィルタ処理することができます。 既定では、特定のフィールドは各プロセスのフィルタに追加されます。 たとえば、一般会計から予算計画を生成プロセスに対して、勘定科目および主勘定カテゴリが使用でき、生成ページに表示されます。 フィルタに追加したフィールドも、追加の基準とともにページに追加されます。

ターゲット

ターゲットタブの、履歴オプションで、予算計画の有効日のデータ ソースからの日付を使用することができます。 通常、有効日は計画の予算サイクル内である必要があります。 履歴オプションを、ありに設定すると、ソースの日付 (年も) を使用でき、比較基準として過去のデータを使用できます。 予算計画の履歴データは変更できず、計画は承認済みのワークフロー ステータスに設定されます。 ただし変更を要求する計画の他のシナリオがない場合、ステータスをリセットできます。

ページ上部の総計の単位フィールドでも使用される日を決定します。 このフィールドは金額を合計し、必要に応じて会計年度または会計期間の最初の日に有効日を設定します。

ターゲットタブのフィールドの多くは、選択したアクションによって編集可能または読み取り専用になります。 新規予算計画の作成から既存の計画の更新に変更すると、予算計画名フィールドは使用できなくなり、既存の計画に関連付けられるフィールドが使用可能になります。 選択した予算計画プロセスによって値が決定されるため、[ターゲット] タブと [ソース] タブの両方で、[元帳] フィールドは常に利用できません。

予算クラスフィールドには、予算計画が経費トランザクションまたは収益トランザクションとして表示設定できます。 通常、収益トランザクションは勘定科目に貸方で、したがって負の金額として保存されます。 通常、これらのトランザクションは、予算計画金額にも負の金額として表示されます。 ただし、計画のレイアウトでフィールドとして予算クラスを追加すると、売上を有効にし正の金額として表示できます。

生成ルール

3 つのフィールドが追加機能を提供します: 係数最小、および 丸めルール

係数フィールドの値は、元金額に予算計画で設定する金額を掛けた値です。 予算計画明細行の作成時に、調整を行うことができます。 たとえば、3% の増額は1.03と入力できます。 係数には正の数を指定してください。

最小フィールドで、予算計画明細行を作成するためのしきい値を設定できます。 元金額がこの数より少ない場合は、予算計画明細行は作成されません。 0.00 値はすべての金額に割り当てられますが、明細行を正の金額に制限しません。 (値なしは明細行を正の金額に制限します。 負の金額は、常に含まれ、通常は貸方項目を表します)。

丸めルールフィールドで、作成される予算計画明細行の精度を設定できます。 通貨の金額を、最も近い 1.00 単位、10.00 単位、100.00 単位などに丸めることができます。

特定のプロセスのメモ

一般会計から予算計画を生成

履歴オプションがいいえに設定されている場合、総勘定元帳データから予算計画を生成するとき、総計の単位フィールドを会計年度に設定する必要があります。 ソースの期間および日付がターゲットの日付の期間に一致しない場合があります。 プロセスにこれらの値をマップする信頼できる方法はないので、年の最初にプロセスを制限する必要があります。

ターゲットの予算クラスフィールドは、経費または収益に設定されます。 明細行の主勘定が収益または経費タイプでない場合、作成された明細行の予算タイプ属性を選択するためにこの設定が使用されます。

固定資産から予算計画を生成

固定資産から予算計画を生成プロセスに期間または日の集計オプションはありません。 計画を履歴として設定するオプションもありません。 予算計画で、固定資産に対する推定トランザクションを含めるために、この定期的なプロセスを使用できます。

予測職位から予算計画を生成

予測職位から予算計画を生成プロセスは、予算計画明細行にソース予測の職位を割り当てます。 予算計画レイアウトで予測職位を行として追加して、あるいは予算計画明細行照会を使用して、職位を表示できます。 予算計画明細行に予測職位を割り当てない場合は、予算計画明細行に職位を含めるオプションをなしに設定します。

予算計画明細行は、勘定科目および職位別に集計されます。 ただし、明細行が勘定科目だけで集計されるように、位置番号を除外できます。 ターゲットタブで、予算計画明細行に職位を含めるオプションをなしに設定します。

予算計画 FTE シナリオフィールドで、予算計画にフルタイム担当 (FTE) の数を含めるためのシナリオを選択できます。 このフィールドは、ターゲット予算計画のレイアウトに含まれる数量タイプのシナリオに限定されます。 FTE のシナリオを選択した場合、FTE の主勘定を選択する必要があります。 この勘定は数量の予算計画明細行を作成しても使用されます。

ソースで選択した予算計画プロセスおよび予算計画シナリオでは、ターゲットのシナリオの予算計画プロセスとシナリオを設定します。 これらの属性は、予測職位に割り当てられるため、予算計画に一致している必要があります。 したがって、これらの属性は、ターゲットで変更することはできません。

プロジェクト予測から予算計画を生成

プロジェクト予測から予算計画を生成プロセス、予測職位から予算計画を生成プロセスなどには、数量シナリオでプロジェクト数量を含めるオプションがあります (時間、経費、および品目)。 2 つのプロセスに、予算計画レイアウトの列のための同様のフィルタがあります。

ソースタブ、明細書を含めるセクションの 3 つのオプションで、どの予算計画明細行が作成されるかが決まります。 これらのオプションは、プロジェクト予測から予算登録エントリを直接作成する場合に使用可能なオプションと同じです。 原価と収益の明細行を作成するために損益オプションをありに設定します。 仕掛品のエントリを作成するために、仕掛品オプションをありに設定します。 時間トランザクションの給与相殺勘定に明細行を作成するために、給与配賦オプションをありに設定します。

予算クラス (経費あるいは収益) はソースによって決定されるため、予算クラスフィールドはありません。

プロジェクト予算金額を含む予測モデルをソースとして選択してプロジェクト予算を使用できます。 承認されるとプロジェクト予算でプロジェクト予測エントリが作成されることに注意してください。

予算計画明細行の原価または収益のみを選択するには、予算の更新: 金額のタイプ = 原価を選択するフィルタを使用します。 予測のタイプを 1 つだけ選択するには、予算の更新: トランザクション タイプ = *xxx*を選択するフィルタを使用します。

予算計画シナリオを生成する場合、予測モデルを 1 つだけ使用できます。 1 つの予測モデルにプロセスを実行して更新し、別のモデルを指定しようとすると、同じプロジェクト、および勘定科目が適用される場合、最初のモデルは上書きされます。 複数の予測モデルの予算計画シナリオを生成するには、各種の予算計画シナリオに生成し、別のシナリオにそれらを一緒に追加するために配賦オプションを使用します。

プロジェクト予測から予算計画を生成プロセスも、予算計画明細行にソースプロジェクトを割り当てます。

供給予測から予算計画を生成

プロセスと機能が類似しているため、供給予測から予算計画を生成プロセスのソースフィルターオプションは、仕入予算元帳の移動機能のオプションの後にモデル化されます。

需要予測から予算計画を生成

需要予測から予算計画を生成プロセスに対して、予算計画で収益明細行を作成する場合は、販売注文オプションをありに設定します。経費明細行を作成する場合は、消費ありに、あるいは両方をありに設定します。

予算登録エントリから予算計画を生成します

予算登録エントリから予算計画を生成プロセスに対して、ソースは、1 つの下位モデル、1 つの予算コード、および 1 つのエントリ番号を指定する必要があります。 つまり、予算登録エントリに一度に 1 つだけ予算計画明細行を作成できます。 同じ予算計画の各ソースエントリにプロセスを一度実行して追加エントリーを使用できます。

予算計画から予算計画を生成

予算計画から予算計画を生成プロセスに対して、ターゲットタブの一連の追加のオプションで、新しい財務分析コードを割り当てることができます。 財務分析コードを選択した場合、その値はすべての予算計画明細行に使用されます。 したがって、他の予算計画の基礎として一つの予算計画を使用することができますが、新規予算計画に、たとえば、別の部門または原価部門を割り当てることもできます。

予算計画から遡って確認

分析コード セット別予算計画照会

分析コード セット別予算計画照会には予算計画のデータのソースを識別するのに役立つクエリを実行できるように、複数のオプションが含まれています。

行を選択し、予算計画明細行ボタンをクリックして、予算計画明細行クエリを実行します。 結果は選択された明細行の分析コード値をフィルタ処理します。 その後、追加のパラメータを適用できます。

供給予測需要予測ボタンを使用してクエリを実行します。 どちらの場合も、クエリは、予算計画明細行を作成する可能性がある予測明細行を検索します。

予算計画別予測職位レポートを含む追加のレポートが使用できます。 このレポートは、職位が予算計画に正しく割り当てられたどうかを特定する場合に特に役立ちます。