[買掛金勘定] および [売掛金勘定] の外貨再評価

為替レートの変動は、外貨での未処理トランザクションの計算上の金額 (簿価額) が時間の経過と共に変化する原因になります。 この記事は、[買掛金勘定] および [売掛金勘定] の未処理トランザクションの値を更新するために実行する外貨再評価プロセスに関する情報を提供します。

外貨での未処理トランザクションの計算上の金額、つまり簿価額は、為替レートの変動によって時間の経過と共に変化します。 [買掛金勘定] および [売掛金勘定] の未処理トランザクションの値を更新するには、外貨再評価プロセスを実行します。 外貨再評価は、[買掛金勘定] および [売掛金勘定] の両方に実行できます。 プロセスでは、新しい為替レートを使用して、指定した日付にオープン、つまり未決済だった金額を再評価します。 転記された元の金額と再評価された金額との差異によって、未処理トランザクションに対する未実現差益または差損が生じます。 [買掛金勘定] および [売掛金勘定] の補助元帳を更新して、未実現差益または差損を反映すると、簿記入力が [総勘定元帳] に転記されます。

外貨再評価のシミュレーション

未処理トランザクションの外貨金額を再評価する前に、同じ日付と方法で外貨再評価のシミュレーション レポートを実行することができます。 シミュレーション レポートを実行するには、外貨再評価ページで [シミュレーション] ボタンをクリックします。 レポートには、シミュレーションに対して定義されているパラメータに基づいた未実現差益または差損のプレビューが示されます。

外貨再評価のプロセス

[定期処理のタスク] の外貨再評価ページを使用して、未処理トランザクションを再評価します。 リアル タイムでプロセスを実行したり、バッチを使用して実行されるようにスケジュールしたりできます。 再評価プロセスの設定を定義するときに、結果のレポートを印刷するかどうかを確認してください。 プロセスが完了すると、再評価レポートを再印刷できません。 外貨再評価レポートを生成する場合、顧客または仕入先のレベルおよび通貨のレベルでさまざまな残高が表示されます。

  • 再評価された外貨トランザクションが存在する顧客または仕入先の残高。 次の残高が示されます。
    • 元外貨の合計残高。
    • 前回の再評価時点の会計通貨での合計外貨金額。
    • 現在の再評価時点の会計通貨での合計外貨金額。
    • 前回と現在の再評価の差額。 この差額は追加の未実現差益または差損です。
  • 各通貨の合計未実現差益または差損。

外貨再評価を実行するたびにレコードが保持されます。 外貨再評価ページのレコードから、[トランザクション] を選択して再評価によって作成されたトランザクションの詳細な一覧を表示します。 各伝票トランザクションは再評価した未処理トランザクションを表します。 未処理トランザクションが 2 回以上再評価された場合、同じ伝票を使用する 2 つのレコードが表示されます。 1 つは、前回の未実現差益または差損の取消であり、もう 1 つのレコードは新しい未実現差益または差損です。 再評価プロセスを実行するには、[外貨再評価] ボタンをクリックします。 次のパラメーターに適切な設定を定義します。

  • 方法 – 選択された外貨再評価ジョブに使用される方法。
    • 標準 – 結果が利益か損失であるかに関係なく、外貨再評価ジョブが転記されます。
    • 最小 – 結果が損失の場合にのみ、外貨再評価ジョブが転記されます。
    • 請求日 – トランザクションの元の為替レートを使って外貨再評価ジョブが実行され、会計通貨における元の値に再評価されます。 以前の外貨再評価の効果はキャンセルされます。
  • 検討日 – 未処理 (未決済) 金額のあるすべてのトランザクションが検索される日付。 外貨金額は、通貨為替レート ページに入力した検討日の為替レートを使用して再評価されます。 外貨金額が検討日に再評価されると、この日付は調整されるトランザクションの最新の外貨再評価日になります。 既に調整済のトランザクションについて、最新の外貨再評価日よりも前の検討日を指定して外貨金額を再評価する場合、以前の検討日には未処理であっても最新の外貨再評価日がそれよりも新しいトランザクションは、定期処理ジョブでは調整されません。
  • レートの日付 – 外貨再評価に使用される為替レートを決定する日付。
  • 使用する転記プロファイル – 外貨再評価トランザクションの勘定項目に [売掛金勘定] または [買掛金勘定] の既定の主勘定を入力するために使用される転記プロファイル。
    • 転記 – 顧客トランザクションの転記プロファイルが使用されます。
    • 選択 – [転記プロファイル] フィールドに転記プロファイルを入力します。
  • 転記プロファイル – [使用する転記プロファイル] フィールドで [選択] を選択した場合、外貨再評価トランザクションの転記プロファイルは、このフィールドに入力する転記プロファイルによって決定されます。
  • 財務分析コード – 外貨再評価トランザクションの勘定項目に転記される財務分析コード。
    • なし – 転記される財務分析コードがありません。 勘定構造に必要な財務分析コードが含まれる場合、再評価プロセスは実行され、財務分析コードがない勘定項目を作成します。 再評価をキャンセルできるように、最初に警告メッセージが表示されます。
    • テーブル – 顧客勘定または仕入先勘定の財務分析コードが外貨再評価トランザクションに転記されます。
    • 転記 – 再評価されるトランザクションの財務分析コードが外貨再評価トランザクションに転記されます。 既定では、元のトランザクションの AR/AP の勘定科目の財務分析コードが、再評価トランザクションの AR/AP の主勘定に使用され、元のトランザクションの経費/資産/収益の勘定科目の財務分析コードが、再評価トランザクションの未実現利益/損失の主勘定に使用されます。