信用状および輸入取立

この記事は、信用状および輸入取立に関する一般情報を提供します。 どちらのタイプの銀行ドキュメントも、国境をまたぐ商品売買によく使用されます。

信用状

信用状は国際取引に使用され、支払が確実に行われるようにします。 信用状は銀行が発行する契約であり、銀行は、買主と売主の契約が満たされた場合に買主に代わって確実に支払を行うことに同意します。 信用状は荷為替信用状 (DC) と呼ばれることもあります。

輸入信用状の場合、法人は信用状の購入者または申請者です。 輸出信用状の場合、法人は信用状の販売者または受益者です。 以下の関係者が信用状にかかわります。

  • 商品に対する支払の意志がある申請者 (買主)
  • 支払を受ける受益者 (売主)
  • 信用状を発行する発行銀行
  • 申請者に代わって取引を実行する通知銀行

信用状には、商品の説明、必要な書類、船積日、およびその日を過ぎると支払が行われない有効期限が記載されます。 発行銀行は信用状の委託証拠金を受け取ります。

信用状は 取消可能 または 取消不可 のいずれかです。 信用状の種類は、譲渡可譲渡付加、または リボルビング のいずれかです。 一般に、信用状は取消不能な確定契約であり、完全で正確な船積書類が提出されたときに、特定の受益者に支払がなされます。

輸入取立

輸入取立は、船積書類を銀行を通じて国際輸入者 (買主) に届ける、銀行の同意に基づく、銀行と輸出者 (売主) との間の契約です。 銀行は、出荷された商品に対する支払を、現金または支払に対する署名済手形で受け取ったときに、船積書類を届けることになります。

輸入取立は、輸入された商品を受け取るための船積書類を買主が受領したときに、売主に確実に支払が行われることを保証します。