先日付小切手

この記事では、Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations、Enterprise エディションの先日付小切手のサポートについて説明します。 先日付小切手とは、将来の日付で支払を履行または受け取るために発行される小切手です。 したがって、小切手は、特定の日付まで清算できません。

Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations では、次の表に示すように、売掛金勘定と買掛金勘定の両方の先日付小切手の完全な管理サイクルをサポートします。

シナリオ 細目
先日付小切手の設定 新しい支払方法を設定し、発行された小切手、受領済みの小切手および源泉徴収税の精算勘定の支払業務を指定します。
仕入先からの先日付小切手を登録および転記 仕入先に発行した先日付小切手の詳細を登録します。 支払を転記すると、仕入先負債が認識されますが、銀行口座は、貸方とは見なされません。 代わりに、精算勘定がこの目的に使用されます。
顧客の先日付小切手の登録と転記 顧客から受け取った先日付小切手の詳細を登録します。 支払を転記すると、顧客売掛金が貸方と見なされますが、銀行口座は、借方とは見なされません。 代わりに、精算勘定がこの目的に使用されます。
顧客または仕入先からの交換先日付小切手を登録および転記します。 仕入先への、または顧客からの元の小切手が紛失または破損した場合、代替先日付小切手を発行することもできます。 小切手の詳細を登録するときに、元の小切手への参照を提示し、新しい小切手が元の小切手の代替であることを示します。 代替小切手の転記もできます。
顧客の先日付小切手を仕入先に転送 顧客から先日付小切手を受け取ったら、支払として仕入先にその小切手を転送できます。
顧客または仕入先の先日付小切手を決済 小切手が最終的に満期になったとき、顧客または仕入先のつなぎ勘定に転記された先日付小切手を決済します。 小切手を決済すると、銀行が先に使用した精算勘定に対して最終的に借方または貸方となります。
仕入先の先日付小切手をキャンセル これらの状況では、先日付小切手のキャンセルを取り消すことができます: - 小切手は銀行から返されます。

  • 小切手が誤った請求書に適用された場合。
  • 小切手に対して現金が支払われた場合。
先日付小切手の支払を停止する 仕入先に発行した先日付小切手に対する支払は、資金不足、仕入先との契約条件の変更、仕入先による欠陥品目の供給、または仕入先への品目の返品などの理由で停止することができます。 支払の停止は、クリアされていない小切手に対してのみ行えます。