集中支払の設定

ある 1 つの法人で組織内の他の法人に代わって支払を処理するように準備するには、次の手順に従います。 始める前に、次の設定を完了する必要があります。

  • 法人を作成します。
  • 総勘定元帳パラメーターおよび勘定科目表を設定します。
  • 買掛金勘定パラメーターおよび売掛金勘定パラメータ (集中支払を使用するモジュールに応じて) を設定します。
  • 会社間勘定を設定します。

集中支払用の組織階層の設定

集中支払用の組織階層を設定する必要があります。 同一の組織階層を使用して、集中仕入先支払と集中顧客支払を処理できます。 注: 集中支払では、階層の構造は重要ではありません。 階層内のすべての法人が、階層内のその他の任意の法人に代わって、支払を処理できます。 組織階層 ページで、新しい組織階層を作成できます。 [目的] フィールドで、[集中支払] を選択する必要があります。

集中支払用の会社間勘定の設定

現在の法人の支払トランザクションが別の法人の請求書に対して決済される場合は、適切な借トランザクションと貸トランザクションが法人ごとに作成されます。 現金割引、実現利益、または実現損失が転記される法人を指定する必要があります。 始める前に、仕入先と顧客支払の処理に使用する法人を決定します。 1 つの法人が仕入先支払を処理する場合に、別の法人が顧客支払を処理すると、それぞれの法人を切り替える必要があります。 [会社間会計] ページで、代わりに支払を処理する法人の会社間関係レコードを選択できます。

[集中支払] タブで、現金割引の支払法人への転記 (または仕入先勘定の残高を減額するその他のトランザクション)、または請求法人への転記 (または仕入先勘定の残高を増額するその他のトランザクション) のいずれを行うかを選択できます。 この選択は、買掛金勘定パラメータ ページと 売掛金勘定パラメータ ページの [現金割引管理] フィールドと共に使用します。 過剰支払と少額の許容誤差については、支払の法人の設定が使用されます。 過少支払と少額の許容誤差については、請求書の法人の設定が使用されます。

ある法人から仕入先に支払を行っているときに、その仕入先の請求書を別の法人で選択する場合は、該当する仕入先勘定が、各法人ですべて同じアドレス帳 ID を使用していることを確認する必要があります。 複数の法人で請求書を支払う顧客から支払を受け取る場合、該当する顧客勘定がすべての法人で同じアドレス ブック ID を使用していることを確認する必要があります。

集中支払用の転記プロファイルの設定

ある法人の中で、他の法人の請求書を決済する支払を作成する場合は、両方の法人の転記プロファイル ID が同じである必要があります。 支払が正常に作成されることを保証するために、支払の法人で使用されている転記プロファイルに対応する転記プロファイルを、各請求法人に設定します。 最初の請求書の法人に切り替えてから、[仕入先転記プロファイル] ページで、新しい転記プロファイルを作成するか、または既存の転記プロファイルを編集できます。 請求書の法人の転記プロファイルで行う選択は、支払の法人に設定された転記プロファイルに一致させる必要はありません。

集中支払用の支払方法の設定

ある法人の中で、他の法人の請求書を決済する支払を作成する場合は、両方の法人の支払方法 ID が同じである必要があります。 支払が正常に作成されることを保証するために、支払の法人で使用されている支払方法に対応する支払方法を、請求書の各法人に設定します。 最初の請求書の法人に切り替えてから、支払方法 ページで、新しい支払方法を作成するか、または既存の支払方法を編集できます。 請求書の法人の支払方法で行う選択は、支払の法人に設定された支払方法の設定方法と一致させる必要はありません。

既定の説明を設定

会社間決済伝票用の既定の説明を定義できます。 この既定の説明は、会社間決済プロセス中の借トランザクションと貸トランザクションに含まれます。 既定の説明 ページで、言語を選択しテキストを入力することにより、[会社間顧客決済] および [会社間仕入先決済] の両方で新しい説明を作成できます。