原価オブジェクト コントローラーのアクセス権

原価管理ワークスペースは、マネージャーが原価オブジェクトのパフォーマンスを表示できる中心点です。 このワークスペースでは、マネージャーが原価経理担当者でない場合でも原価会計データを使用できます。 セキュリティ上の理由から、マネージャは自分が担当する特定の原価オブジェクトに関連付けられている原価計算データのみの参照が許可されます。

原価計算には、次の 4 つの固有のロールがあります。

ロール名 ライセンス
原価会計マネージャー 活動
原価経理担当 Operations
原価経理担当係 Operations
原価オブジェクト コントローラー チーム メンバー

ここでは原価オブジェクト コントローラー ロールをマネージャーに割り当てる方法について説明します

原価オブジェクト コントローラー ロールがマネージャーに割り当てられると、マネージャーは次の作業を実行できます。

  • 原価管理ワークスペースにアクセス (クライアントで)。

    • ドリルスルー経験をサポートするページへのドリルスルーおよび表示アクセス。
  • 原価管理ワークスペースにアクセス (モバイル アプリケーションで)。

注意

原価オブジェクト コントローラーロールは、ユーザーがどの原価オブジェクトへのアクセスや表示ができるかを制御しません。 行レベル セキュリティは、分析コード階層とアクセス リスト階層によって提供されます。

アクセス権の付与

次の例は、分析コード階層がどのように見えるかを示します。

分析コード階層の詳細

分析コード階層名 分析コード 分析コード階層タイプ名 アクセス リスト階層
組織 コスト センター 分析コード分類階層

階層デザイナーの [ユーザー] クイック タブで、各ノードに 1 つまたは複数のユーザー ID を挿入できます。

ユーザー 分析コード メンバーの範囲
ノード ユーザー ID 移動元分析コード メンバー 移動先分析コード メンバー
組織 ベンジャミン、クレア
  管理者 4 月
    財務 アリシア CC002 CC003
CC007 CC007
    HR アーニー CC001 CC001
  生産 デビッド
    梱包業 エレン CC005 CC005
    組み立て クリス CC006 CC006
注意

原価計算のすべてのエントリを表示できるように、原価経理担当者は階層の最上部に割り当てられる必要があります。

アクセス リスト階層およびセキュリティ設定を適用する前に、[原価会計パラメーター] ページの [一般] タブにある [原価オブジェクト分析コード メンバーに対する表示アクセスの有効化] オプションを [はい] に設定する必要があります ([原価会計] > [設定] > [パラメータ])。

アクセス リスト階層の設定は、次の領域に表示されるデータを制御するために使用されます。

  • 原価管理ワークスペース (クライアント内):

    • ドリルスルーに使用されるページのデータ
  • 原価管理ワークスペース (モバイル アプリケーション内):

    • カードの残高
  • Microsoft Power BI:

    • Power BI ビジュアル化に表示されるデータ
    • Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations, Enterprise Edition、クライアントに埋め込まれている Power BI ビジュアル化データ
重要
  • アクセス リスト階層が Power BI のデータに影響を及ぼす前に、アクセス リスト階層と Power BI の行レベルのセキュリティがペアリングされる必要があります。 詳細については、「原価会計コンテンツ パックのセキュリティ設定」を参照してください。
  • このトピックでは、原価管理ワークスペースを使用するための前提条件を説明します。

参照