原価オブジェクト分析コード

原価を分析する際、原価要素分析コードを使用して、原価がどこに流れるかを決定します。 原価オブジェクト分析コードを使用して、原価を割り当てる場所を決定します。 このトピックでは、原価オブジェクト分析コードについて説明します。

原価オブジェクトは、見積、原価の割り当て、または直接測定するオブジェクトのタイプがあります。 標準的な原価のオブジェクトには、製品、プロジェクト、リソース、部門、原価部門、および地理的領域が含まれます。 管理は、原価を定量化するのに原価オブジェクトを使用し、収益性分析を推進します。

原価オブジェクト分析コードと原価オブジェクト分析コード メンバー

原価オブジェクトは、原価オブジェクト分析コードとして知られています。 原価オブジェクト分析コードが参照するエンティティを決定した後、個々の分析コード値を指定するか、またはそれらを他のソース システムから原価オブジェクトにインポートする必要があります。 これらの個別の分析コード値は原価オブジェクト分析コード メンバと呼ばれます。 たとえば、原価オブジェクト分析コードとして原価部門として知られる財務分析コードを使用するとします。 個々の原価部門にどのように原価が流れるかを確認するには、原価オブジェクト分析コード メンバをインポートする必要があります。 この場合、原価オブジェクト分析コード メンバは、販売、生産、管理、地理的な場所などの実際の原価部門です。 次のスクリーン ショットは、原価オブジェクト分析コード メンバーとしての実際の原価部門である原価オブジェクト分析コードとしての原価部門の例を示しています。

原価オブジェクト分析コード

データ コネクタを使用して原価オブジェクト分析コード メンバーをインポートする

原価オブジェクト分析コードメンバーのインポートを容易にするために、データ コネクタを使用して、原価オブジェクト分析コードとして使用するエンティティから値を取得します。 ビルド済のデータ コネクタ、または構築するカスタム データ コネクタを使用できます。