調達によって取得される資産の取得

この記事は、固定資産と買掛金の統合を設定して、発注書または仕入先請求書からの固定資産の自動作成、または固定資産の取得および取得原価調整トランザクションの自動転記を実行する方法を説明します。

固定資産と買掛金を統合するために使用できる次の方法があります。すべての固定資産で同一の方法を使用する必要があります。:

  • 発注書または仕入先請求書の明細行に固定資産番号を追加する前に、固定資産を手動で作成します。 仕入先請求書の転記時に、資産取得トランザクションが資産に自動的に転記されます。 既定では、この方法が選択されます。
  • 発注書または仕入先請求書の明細行に固定資産番号を追加する前に、固定資産を手動で作成します。 仕入先請求書の転記時に、資産取得トランザクションは資産に転記されません。
  • [新しい固定資産の作成] チェック ボックスがオンになっている製品受領書または仕入先請求書の転記時に、固定資産が自動的に作成されます。 仕入先請求書の転記時に、資産取得トランザクションが資産に自動的に転記されます。
  • [新しい固定資産の作成] チェック ボックスがオンになっている製品受領書または仕入先請求書の転記時に、固定資産が自動的に作成されます。 仕入先請求書の転記時に、資産取得トランザクションは資産に転記されません。

固定資産を手動で作成する場合は、前半の 2 種類の方法のいずれかを選択し、発注書または仕入先請求書に固定資産番号を割り当てます。 より柔軟なアプローチを使用する場合は、後半の 2 種類の方法のうち 1 を選択します。たとえば、ある時は固定資産を手動で作成することも、別な時には明細行品目情報に基づいて自動的に固定資産を作成することもできます。

固定資産を手動で作成する場合でも、より柔軟なアプローチを使用する場合でも、取得トランザクションを固定資産だけに転記できるか、仕入先請求書の転記時に転記できるかを決定する必要があります。 一部の組織は、手動による仕訳帳入力または提案の使用によって、ユーザーが固定資産に取得および取得トランザクションを手動で作成することを選択しています。

このトピックでは、それぞれの方法について、詳しく説明します。

固定資産を手動で作成する方法

明細行に入力された固定資産番号が含まれている仕入先請求書を転記するときに、固定資産パラメーター ページで [購買からの資産の取得を許可する] オプションが選択されている場合は、取得が自動的に転記され、資産のステータスが [未解決] に変更されます。

取得を転記できない場合は、[固定資産] に取得トランザクションを手動で入力するか、固定資産仕訳帳で取得提案を使用して、複数の取得トランザクションをまとめて作成できます。

注意

固定資産が取得トランザクションの転記を特定のユーザー グループに制限するように設定されている場合、請求書から取得トランザクションを転記するには、そのユーザー グループのメンバである必要があります。

固定資産を自動で作成する方法

明細行の [新しい固定資産の作成] オプションが選択された製品受領書を転記すると、新しい固定資産が、[未取得] ステータスで作成されます。 この後、新しい固定資産が含まれている仕入先請求書を転記するときに、固定資産が買掛金からの資産の取得を許可するように設定され、ユーザーが取得トランザクションを転記できるユーザー グループのメンバーであれば、その新しい資産の取得トランザクションが転記され、資産のステータスが [未解決] に変更されます。

製品受領書を転記するときに購買注文明細行で [新しい固定資産?] オプションは選択されていなかったが、仕入先請求書を転記するときには選択されていた場合は、固定資産が資産の作成と取得を許可するように設定されていれば、新しい固定資産が作成され、ステータス [未解決] で取得されます。 製品受領書の転記時に資産が既に作成されている場合は、仕入先請求書の転記時に別の資産が作成されることはありません。

資本化のしきい値

資産の作成と取得が自動的に行われる方法を使用する場合は、固定資産の購入金額が、資産を減価償却するために指定された資本化のしきい値に適合していることを検証するようにシステムを設定できます。 これを行う場合は、買掛金を作成するときに、資産の帳簿で [減価償却] オプションが選択されます。

資本化のしきい値は、資産が指定された金額に適合する場合に、減価償却を行うかどうかを決定する金額です。 たとえば、資産を購入したが、その購入金額が資本化のしきい値よりも小さい場合は、資産が減価償却の対象になりません。購入金額がしきい値以上の場合は、資産が減価償却されるように指定されます。

資本化のしきい値は、固定資産グループ ページで設定できます。

シナリオ

次のシナリオは、固定資産と買掛金の統合のすべてのサイクルを説明しています。 設定例を示し、取得提案の使用方法についても説明します。

このシナリオでは、システムは次のように設定されています。

  • 資産は、製品受領書または仕入先請求書の転記時に自動的に作成されますが、固定資産は、買掛金からの取得トランザクションの転記を禁止するように設定されています。
  • 勘定は品目グループ ページの [固定資産受入] と [固定資産払出] 勘定タイプに対して [勘定タイプ] フィールドで指定されます。
  • コンピュータ グループ (COMP) に対する資本化のしきい値は 1,500 です。
  • 実行する作業は、従業員が使用する新しいラップトップ コンピュータの発注書の入力、その発注書の転記、入庫担当が製品受領書を転記したことの確認、仕入先請求書の転記、および経理担当がラップトップ資産のステータスを [未解決] に更新したことの確認です。

始めに、発注書ページを使用して、ラップトップの詳細を入力します (価格は 1,600 です)。 発注明細行の [固定資産] クイック タブの [新しい固定資産?] オプションを選択し、固定資産グループとして [COMP] を選択した後に、この発注書を保存します。

ラップトップが入荷すると、入庫担当が製品受領書の入力と転記を行って、ラップトップの受入を記録します。 このラップトップ資産は、ステータス [未取得] で作成されます。 金額が資本化のしきい値を超えています。 したがって、ラップトップ資産の帳簿の [減価償却] オプションが選択されます。 次のトランザクションが発生します。

説明 勘定 借方 貸方
購買、製品受領書の購買 未請求入庫 1,600.00
購買、製品受領書仕入相殺 未払購買 1,600.00

次に、ラップトップの仕入先請求書を転記します。 固定資産が、仕入先請求書の転記時の資産取得トランザクションの転記を禁止するように設定されているため、ラップトップのステータスは変更されません。 仕入先請求書を転記するときに、[新しい固定資産の作成] オプションが選択されました。 したがって、[固定資産] 入庫勘定が使用されました。 取得の転記がなかったので、[固定資産払出] 勘定は使用されません。この勘定は、組織の経理担当が取得提案を使用して [固定資産] の取得トランザクションを転記するときに使用されます。

次のトランザクションが発生します。

説明 勘定 借方 貸方
購買、製品受領書仕入相殺 未払購買 1,600.00
仕入先残高 買掛金勘定 1,600.00
購買、固定資産受入 コンピュータ費 1,600.00
購買、製品受領書の購買 未請求入庫 1,600.00

最後に、経理担当は [未取得] ステータスを持つすべての固定資産を確認します。 したがって、新しいラップトップの資産も見直されます。 経理担当は、[固定資産] 仕訳帳明細行から取得提案ページを開き、請求書は存在するが、ステータスが依然として [未取得] であるすべての資産の取得トランザクションを作成します。 仕訳帳を転記すると、ラップトップ資産のステータスが[未解決] に変更されます。 固定資産払出勘定は貸方に転記され、資産取得勘定は借方に転記されます。

次のシナリオは、上のシナリオのバリエーションです。

  • 固定資産が仕入先請求書の転記時に資産取得トランザクションの転記を許可するように設定されている場合、取得トランザクションが既に作成されているため、経理担当は固定資産の取得提案を使用する必要はありません。 また、さまざまな勘定は、仕入先請求書の転記時に更新されます。 コンピュータ費の代わりに、[固定資産受入] 在庫勘定が借方に転記され、2 種類の追加トランザクションが発生します。つまり、資産取得勘定が借方に転記され、[固定資産払出] 在庫勘定が貸方に転記されます。
  • 製品受領書の転記時に [新しい固定資産の作成] オプションを選択しない場合、資産はその時点で作成されません。 仕入先請求書を転記する前に [新しい固定資産の作成] オプションを選択すると、[未取得] ステータスの資産が生成されるか、仕入先請求書の転記時に取得トランザクションを転記する場合、ステータスが [未解決] になります。
  • ラップトップの価格が 1,600 の代わりに 1,400である場合、資本化のしきい値には達しません。 このため、資産が作成され、[減価償却] オプションがオフになっています。
  • 仕入帳を使用している場合、仕入帳の転記後に請求書承認仕訳帳ページを使用して伝票を取得し、発注書を仕入先と関連付け、[新しい固定資産の作成] オプションを選択し、仕入先請求書を転記します。 取得トランザクションを作成できるユーザー グループのメンバーは、取得が作成され、資産に [未解決] ステータスがあります。
  • 数量の一部だけが入荷された場合は、ユーザー グループの制限により、最初の仕入先請求書では資産の取得が作成されません。 発注数量を満たす 2 番目の仕入先請求書に対して取得を転記できるのは、最初の仕入先請求書で取得トランザクションが入力されており、ユーザーが、取得を転記することができるユーザー グループのメンバである場合に限られます。

詳細については、「固定資産の統合」を参照してください。