特別償却

この記事は、特別償却機能の概要を示します。

特別減価償却に関しては、資産を利用し始め、償却を開始した最初の年に追加の減価償却額または特別減価償却額を適用できます。 特別減価償却は、他の減価償却計算の前に実行される必要があります。 したがって、総勘定元帳の機能への転記が無効となった帳簿との特別償却の使用をお勧めします。 [総勘定元帳に転記されないトランザクションの削除] オプションを使用して、総勘定元帳に転記しない帳簿のトランザクション履歴を削除できます。 それから以前に転記された減価償却トランザクションを消去することにより、特別減価償却トランザクションに対応できます。

提案プロセスを使用して特別償却を計算することも、手動特別償却トランザクションを作成することもできます。 該当する固定資産帳簿に対し、減価償却トランザクションまたは減価償却調整トランザクションが存在する場合には、特別償却トランザクションは作成できません。

特別償却の計算に提案プロセスを使用すると、既存のすべての特別償却トランザクションに基づいて計算されます。 この計算には、資産に対して手動で入力する以前の特別減価償却も含まれます。

資産に適用される特別減価償却が複数ある場合には、優先順位が考慮されます。 特別償却はそれぞれ次の特別償却の資産基準を低下させます。 救済価格は特別償却計算の資産基準と見なされず、特別償却には減価償却方法が適用されません。

現在米国では、いくつかの資産がセクション 179 資産とみなされます。 セクション 179 控除を使用して、上限までいくつかの資産の原価の全体または一部を回収できます。 資産の供用年度の控除によって、コストを回収できます。

次の特別償却は固定資産却簿に関連付けられています。

  • セクション 179: 1,000.00、優先順位 1
  • リバティ ゾーン: 30%、優先順位 2

固定資産取得原価は 5,000.00 です。 特別減価償却を計算した場合、セクション 179 控除に対する最初の特別償却額は $1,000,00 となります。

次のリバティ ゾーン控除に対する特別減価償却額は、次の計算結果を使用して計算されます。

取得原価 : $1,000 (セクション 179 控除) x 30% = $1,200

特別償却額が残存取得原価より大きい場合、特別償却額は、特別償却計算額または残存取得原価のうち小さい方です。

残存取得原価がゼロまたはマイナスの場合、特別償却トランザクションは生成されません。

提案プロセスを使用して特別償却を計算する場合は、固定資産帳簿に関連付けられた適用可能なすべての特別償却レコードに対して特別償却トランザクションが作成されます。

特別償却レコードは無数に作成できます。 固定資産グループ帳簿にこのレコードを割り当てた後、これらは固定資産帳簿に適用されます。

特別償却はパーセンテージまたは固定金額として入力します。 減価償却提案を転記すると、特別償却トランザクションが、減価償却トランザクションとは別のトランザクションとして、減価償却簿に転記されます。