固定資産トランザクションのオプション

この記事は、固定資産トランザクションの作成に使用できるさまざまな方法について説明します。

買掛金勘定、売掛金勘定、調達、および一般会計との統合のために、固定資産を設定できます。 また、これらの項目を内部で使用する場合は、在庫管理の品目を固定資産に転送できます。

買掛金勘定

[仕訳伝票] ページで固定資産トランザクションを入力できます。 このページは、[請求仕訳帳] ページから開くことができます。 また、[請求書承認仕訳帳] ページから [仕訳伝票] ページを開くことができます。 [相手勘定タイプ] フィールドで、[固定資産] を選択します。 そして、[相手勘定] フィールドで固定資産番号を選択します。 [固定資産] タブで、[トランザクション タイプ] フィールドと [帳簿] フィールドに値を入力します。

売掛金管理

[自由書式の請求書] ページで固定資産トランザクションを入力できます。 [自由書式の請求書] ページの [請求明細行] グリッドで明細行品目を選択します。 [明細行の詳細] クイック タブをクリックします。 処分トランザクションの固定資産番号と帳簿を入力します。 自由書式の請求書の場合、固定資産トランザクション タイプは常に [処分 - 売却] です。

調達

[発注書] ページで固定資産トランザクションを入力できます。 発注書の作成に必要な情報を入力し、[OK] をクリックします。 [発注書] ページで、[明細行の詳細] クイックタブをクリックします。 その後、[固定資産] タブで、固定資産に関する情報を入力します。

既存の固定資産の取得トランザクションを転記するには、固定資産番号、帳簿とトランザクション タイプを指定します。 この情報のいずれかが見つからない場合、固定資産は転記できません。 新しい固定資産の取得トランザクションを転記するには、[新しい固定資産?] オプションを選択し、新しい資産を割り当てる固定資産グループを選択します。 ただし、品目が標準原価在庫モデルを使用する在庫モデル グループにある場合、明細行に対して使用できる固定資産フィールドは存在しません。 また、 [固定資産パラメーター] ページで定義されるオプションにより、購買モジュールから取得トランザクションを転記できるかどうかが決まります。

固定資産の取得に発注書または固定資産の在庫仕訳帳を使用すると、在庫金額に影響が出ます。

総勘定元帳

すべての固定資産トランザクション タイプは [一般仕訳帳] ページで転記できます。 また、固定資産の仕訳帳を使用して、固定資産トランザクションを転記できます。

固定資産トランザクション タイプの入力のためのオプション

トランザクション タイプ モジュール オプション
取得、取得調整 固定資産 固定資産、在庫の固定資産化
総勘定元帳 一般仕訳帳
買掛金勘定 請求仕訳帳、請求書承認仕訳帳
調達 発注書
減価償却 固定資産 固定資産
一般会計 一般仕訳帳
処分 固定資産 固定資産
** ** 一般会計 一般仕訳帳
** ** 売掛金管理 自由書式の請求書

詳細については、「固定資産の統合」を参照してください。