固定資産価値モデルと減価償却簿の結合

以前のリリースでは、固定資産には 2 つの評価概念がありました - 価値モデルおよび減価償却簿。 Microsoft Dynamics 365 for Operations (1611) のリリースでは、価値モデル機能および減価償却簿機能は帳簿と呼ばれる単一の概念に統合されました。

新しい帳簿機能は、以前の価値モデル機能に基づいていますが、前に減価償却簿でのみ提供されたすべての機能も含まれます。 価値モデルと減価償却簿機能の統合の帳簿 この結合のため、すべての固定資産プロセスのためのページ、照会、およびレポートの単一のセットを使用できるようになりました。 このトピックの表は、帳簿の新しい機能とともに、減価償却簿および価値モデルの以前の機能について説明しています。

段取り

既定では、帳簿は総勘定元帳 (GL) および固定資産の補助元帳の両方に転記します。 帳簿には、GL への転記を無効にして固定資産の補助元帳にのみ転記する新しい [総勘定元帳への転記] オプションがあります。 この機能は、減価償却簿の以前の転記の動作に似ています。 仕訳帳名の設定には、「なし」という名前の新しい転記階層があります。 この転記階層は、固定資産トランザクションに対して専用に追加されました。 GL に転記しない帳簿のトランザクションを転記するには、転記階層が [なし] に設定されている仕訳名を使用する必要があります。

減価償却簿 価値モデル 帳簿 (新しい)
GL に転記 なし 常時 GL に転記するオプション
転記階層 適用できません 3: 現在、操作、税金 11: 現在、操作、税金、7 つのカスタム階層、および「なし」
仕訳帳名 減価償却簿仕訳帳名 GL - 仕訳帳名 GL - 仕訳帳名
派生帳簿 不許可 許可 許可
資産レベルでの減価償却プロファイルの上書き 許可 不許可 許可

プロセス

プロセスで共通のページが使用されるようになりました。 一部のプロセスは、帳簿の設定で [総勘定元帳への転記] オプションが [いいえ] に設定されている場合のみ許可されます。

減価償却簿 価値モデル 帳簿 (新しい)
トランザクション エントリ 減価償却簿仕訳帳 固定資産仕訳帳 固定資産仕訳帳
特別償却 許可 許可されていません 許可
履歴トランザクションの削除 許可 許可されていません GL に転記している場合を除き、許可されています
一括更新 許可 許可されていません GL に転記している場合を除き、許可されています

照会およびレポート

照会およびレポートでは、すべての帳簿をサポートしています。 次の表には含まれていないレポートは、以前に減価償却簿と価値モデルの両方をサポートし、現在はすべての帳簿をサポートするようになりました。 [転記階層] フィールドは、レポートにも追加されているため、トランザクションの転記をより簡単に識別できます。

減価償却簿 価値モデル 帳簿 (新しい)
照会 減価償却簿トランザクション 固定資産トランザクション 固定資産トランザクション
固定資産明細書 不許可 許可 許可
固定資産基準 許可 不許可 許可
固定資産への四半期の適用 許可 不許可 許可

アップグレード

アップグレード プロセスは、既存のセットアップと既存のすべてのトランザクションを新しい帳簿構造に移行します。 価値モデルは、現在のように総勘定元帳に転記する帳簿のままになります。 ただし、減価償却簿は、[総勘定元帳への転記] オプションが [いいえ] に設定されている帳簿に移動されます。 減価償却簿の仕訳帳名は、[なし] に設定されている転記階層の総勘定元帳の仕訳帳名に移動されます。