固定資産の設定

このトピックは、固定資産モジュールの設定の概要を示します。

概要

パラメーターで固定資産内の一般動作を制御します。

固定資産グループは、資産をグループ化し、グループに割り当てられているすべての資産の既定の属性を指定することができます。 帳簿を固定資産グループに関連付けます。 帳簿で、減価償却プロファイルで定義されている減価償却コンフィギュレーションを使用して固定資産の資産価値を時間の経過に沿って追跡します。

固定資産は、作成時にグループに割り当てられます。 既定では、固定資産に割り当てられた帳簿は、固定資産グループに割り当てられます。 総勘定元帳に転記するように設定されている帳簿は、転記プロファイルに関連付けられています。 元帳勘定は、転記プロファイルの帳簿ごとに定義され、固定資産取引が転記されるときに使用されます。

固定資産コンポーネント画像

減価償却プロファイル

減価償却プロファイルを最初に設定する必要があります。 減価償却プロファイルでは、資産の価値がどのように償却されるかを設定します。 減価償却方法、減価償却年度(暦年または会計年度)、減価償却頻度を定義する必要があります。 詳細については、減価償却プロファイルの設定および作成 を参照してください。

帳簿

減価償却プロファイルを設定したら、自分の資産に必要な帳簿を作成する必要があります。 各資産の帳簿で、独立した財務上のライフサイクルを追跡します。 関連する取引を総勘定元帳に転記するように帳簿を設定することができます。 このコンフィギュレーションは、会社の財務報告に通常使用されるため、既定の設定です。 総勘定元帳に転記しない帳簿は、固定資産の補助元帳にのみ転記し、通常は税務報告のために使用されます。

基本減価償却プロファイルは、各帳簿に割り当てられます。 プロファイルのこのタイプが適用される場合は、帳簿には、減価償却プロファイルの代替または切り替えがあります。 固定資産帳簿を減価償却の実行に自動的に含めるには、[減価償却の計算] オプションを有効にする必要があります。 このオプションが資産に対して選択されていない場合、減価償却の提案は資産をスキップします。

派生帳簿を設定することもできます。 指定された派生トランザクションは、派生帳簿に対する基本トランザクションの正確なコピーとして転記されます。 したがって、派生トランザクションは、通常、減価償却トランザクションではなく、所得および処分として設定されます。 詳細については、帳簿の設定 を参照してください。

固定資産転記プロファイル

帳簿を設定した後は、転記プロファイルを作成できます。 転記プロファイルは帳簿で定義する必要がありますが、より詳細なレベルで定義することもできます。 たとえば、帳簿と固定資産グループの組み合わせ、または個々の固定資産帳簿の場合でも、転記プロファイルを定義することができます。 既定では、定義されている元帳勘定は固定資産トランザクションに使用されます。

処分プロセス中に使用される勘定科目、処分売却および処分仕損の両方を定義する必要があります。 処分の際に、以前に転記された固定資産トランザクションは元の勘定から取り消され、資産処分の損益に適切な勘定に正味金額を移動します。 適切にトランザクションを取り消すために、業務で使用する各トランザクション タイプの勘定を設定する必要があります。 主勘定は、トランザクション タイプの転記プロファイルに設定する元の勘定とし、相手勘定は、処分勘定の損益にする必要があります。 例外として、正味簿価額があります。 この場合、主勘定と相手勘定を両方とも処分勘定の損益に設定する必要があります。 詳細については、固定資産転記プロファイルの設定 を参照してください。

固定資産グループ

[固定資産グループ] は、固定資産を作成する唯一の必須フィールドです。 このフィールドの値は、資産のいくつかの情報フィールドの既定値を決定します。 帳簿では、グループ内の各資産に既定の帳簿が割り当てられるように設定されます。 そして、[耐用年数] および [減価償却方法] など、資産のグループに指定される帳簿に対して属性を設定できます。

固定資産グループや帳簿の特定の組み合わせの特別減価償却費、または特別償却も定義できます。 帳簿に割り当てられたものが複数ある場合は、減価償却費を計算する順番を指定するために、特別減価償却費に優先順位を割り当てる必要があります。 詳細については、固定資産グループの設定 を参照してください。

固定資産パラメーター

最後のステップは、固定資産パラメーターの更新です。

[資本化のしきい値] フィールドでは、減価償却を行うかどうかを決定します。 購買注文明細行を固定資産として選択しているが指定された資本化のしきい値には達していない場合、固定資産は作成または更新されるものの、[減価償却の計算] オプションが [いいえ] に設定されます。 このため、資産が減価償却提案の一部として自動的に償却されません。

1 つの重要なオプションは、処分と共に減価償却調整額を自動的に作成 です。 このオプションを [はい] に設定した場合、資産処分の際の減価償却の設定に基づいて自動的に資産減価償却を調整します。 別のオプションでは、仕入先請求書を使用して固定資産を取得するときに、取得金額から現金割引を差し引くことができます。

[発注書] FastTab で、資産を購買プロセスの一部として作成する方法をコンフィギュレーションできます。 最初のオプションは、[購買からの資産の取得を許可する] です。 このオプションを [はい] に設定すると、請求書の転記時に資産の取得が行われます。 このオプションを [いいえ] に設定しても、発注書 (PO) と請求書に固定資産を置くことはできますが、取得は転記されません。 固定資産仕訳帳から別のステップとして転記する必要があります。 [製品受領書または請求書の転記時に資産を作成する] オプションは、その場で新しい資産を作成できるため、トランザクションの前に固定資産として設定する必要はありません。 最後のオプション、[行の入力中に固定資産作成を確認] は、購買要求にのみ適用されます。

理由コードは、固定資産に対する変更または特定の固定資産トランザクションに対して要求されるようにコンフィギュレーションできます。

最後に、[番号順序] タブで、固定資産の番号順序を定義します。 固定資産番号順序は、固定資産グループ番号が指定されている場合は、それによって上書きすることができます。

詳細については、固定資産の作成 を参照してください。