監査ポリシー違反およびケース

記事は、監査ポリシー ルール違反からどのように監査ケースが生成されるかを説明します。 また、監査ポリシーがドキュメントの選択の日付範囲を使用する、さまざまな方法に関する情報が含まれます。

監査ケースの生成方法

監査ポリシーが、監査ポリシー ルールとして定義およびコンフィギュレーションしたビジネス ルールに適合しない、経費精算書、発注書、および仕入先請求書の識別に使用されます。

監査ポリシーはバッチ モードで実行されます。 監査ポリシーを実行するとき、そのポリシーの一部であるすべてのポリシー ルールが同時に実行されます。

各ポリシー ルールは、一連のドキュメントを評価します。 ポリシー ルールは、ドキュメント選択の日付の範囲と指定した基準に一致するドキュメントを選択します。 たとえば、ポリシー ルールが 50.00 ドルを超える食事の経費精算書を選択する場合があります。 別のポリシー ルールが、固有の仕入先に支払可能な仕入先請求書を選択する場合があります。 選択したセット内のドキュメントごとに、違反が生成されます。 違反とは、請求書 12345 など、特定のドキュメントがそのがポリシー ルールに適合しないレコードです。

複数の監査違反レコードがグループ化され、監査ケースに関連付けられます。 既定では、各監査ポリシーのケースは、監査ポリシー ルールごとにグループ化されます。 必要であれば、ケースのグループ化基準 ページを使用して他のグループ化基準を選択します。 たとえば、プロジェクト ID で経費ヘッダーを、仕入先 ID で仕入先請求書をグループ化できます。 その場合は、プロジェクト ID が同じすべての経費ヘッダーの違反は同じケースにグループ化され、仕入先 ID が同じすべての仕入先請求書は同じケースにグループ化されます。

注意

[重複] クエリ タイプに基づく監査ポリシー ルールの場合、違反はポリシー ルールまたは ケースのグループ化基準 ページで指定した基準によってグループ化されません。 代わりに、監査ポリシー ルールに組み込まれた基準によってグループ化されます。 たとえば、ポリシー ルールが、金額、商社 ID および日付が同じ重複経費の経費精算書を評価する場合、これらのフィールドの値が同じすべての経費は 1 つのケースとなります。 異なる値を持つすべての経費が別のケースとなります。

監査ケースが生成されると、それらはケース管理の標準的なプロセスを使用して扱われます。

ドキュメントの選択の日付範囲

監査ポリシーを実行すると、各ポリシー ルールは、ドキュメント選択の日付範囲に入る日付が付いている指定されたタイプのドキュメントを選択します。 ドキュメント選択の日付の範囲は、追加のオプションページで指定されます。 多くのドキュメントには、それらのドキュメントに関連付けられている複数の日付があります。 監査ポリシー ルールで使用する日付フィールドは、ポリシー ルール タイプページで指定されます。

監査ポリシーがドキュメント選択日付の範囲に使用する、他の方法を次に示します。

  • このポリシーは、ドキュメント選択の日付の範囲の最終日に、有効な各ポリシー ルールのバージョンを使用します。 監査ポリシー リスト ページで、各ポリシー ルールの有効日を表示できます。
  • このポリシーは、ドキュメント選択の日付の範囲の最終日のポリシーに関連付けられている組織ノードを使用します。 ポリシーに現在関連付けられている組織ノードだけが、監査ポリシー リスト ページに表示されます。
  • [リスト検索] クエリ タイプに基づくポリシー ルールでは、ポリシーは、ドキュメント選択の日付の範囲の最終日に有効な監視対象のエンティティのドキュメントを評価します。

詳細については、「監査ポリシー ルール」を参照してください。