貸借対照表の会計報告書

この記事では、貸借対照表の既定のレポートについて説明します。 また、これらのレポートに関連付けられる構成要素を説明します。

既定の貸借対照表のレポート

2 つの既定の貸借対照表レポートがあります。 1 つのレポートでは、セクションが積み重ねられています。 他のレポートでは、セクションは並べて表示されています。

既定のレポート 目的
貸借対照表 – 既定 年度の組織の財務状態のビューを提供します。
並行表示の貸借対照表 – 既定 年度の組織の財務状態のビューを提供します。 資産および負債、また株主の株主資本は並べて表示されます。

構成要素

貸借対照表の財務レポートは、次の構成要素を使用します。

既定のレポート 行の定義 列の定義
貸借対照表 - 既定 貸借対照表 - 既定 現時点年間累計および差異 - 既定
並行表示の貸借対照表 – 既定 並行表示の貸借対照表 – 既定 年度累計の列 - 既定

行の定義

両方の貸借対照表レポートの行定義には、従来の貸借対照表の各部分のセクションが含まれます。 並べて表示されたレポートには段区切りが含まれます。それで負債、および所有者の株主資本が資産の横に表示されます。 主勘定カテゴリの分析コードが、両方の行定義の構築に使用されます。 したがって、ユーザーは変更しないでをレポートを生成できます。

列の定義

列の定義には、さまざまな詳細なレベルと財務データを提供する列のさまざまなタイプが含まれます。

  • 現時点年間累計および差異 – 既定の列のタイプ:
    • DESC – 行定義の説明
    • FD – 今年度の年度累計の財務データ
    • FD – 昨年度の年度累計の財務データ
    • CALC – 今年度から昨年度を差し引いた差異
  • 年度累計の列 - 既定:
    • DESC – 行定義の説明
    • FD – 今年度の年度累計の財務データ

参照

財務レポート

財務レポートの表示

Dynamics Financial Reporting ブログ