単位間会計のバランス仕訳帳

この記事は、差引勘定する財務分析コードを [元帳] ページで選択したときに仕訳帳がどのように自動的に差引勘定されるかを示します。

会計項目は財務分析コード値のレベルで収支を合わせないため、仕訳帳の収支を合わせるための追加の会計項目が自動的に作成されます。 これらの勘定項目は、自動トランザクションの勘定ページで単位間 - 借方単位間 - 貸方を使用して主勘定を決定します。 たとえば、勘定科目の 2 番目の区分である [事業単位] は、差引勘定する財務分析コードとして選択され、次の勘定項目が作成されます。

6100 – MSP – OU_256 100.00 DR
6100 – NY – OU_249 100.00 DR
2100 – MSP – OU_256 200.00 CR

この場合、次の残高が決定されます:

  • 事業単位MSP = 100.00 CR
  • 事業単位NY = 100.00 DR

したがって、次の勘定項目は、このエントリが財務分析コード値のレベルで仕訳帳を差引勘定するように自動的に作成されます。

(単位間の借方) – MSP – OU_256 100.00 DR
(単位間の借方) – NY – OU_249 100.00 CR