現在の通貨為替レートをインポート

法人が外貨で請求書を受け取った場合は、外貨を国内通貨に変換する必要があります。 これは異なる通貨に対する最新の為替レートが必要であることを意味します。 このトピックでは、ヨーロッパ中央銀行やロシア中央銀行などの為替レート プロバイダーによってインターネット経由で公開されている為替レートをインポートするために必要な設定と処理の概要を説明します。

次のセクションでは、外国為替のレートのインポートを設定して処理するために使用される情報の流れについて説明します。

為替レート プロバイダーの設定

為替レートをインポートする前に、為替レートを提供するプロバイダーに必要な情報を設定する必要があります。 為替レート プロバイダーの設定ページを使用して、為替レート プロバイダーを選択します。 一部の為替レート プロバイダーは、Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations、Enterprise edition のデモ データに含まれています。 次の表に、このページのコントロールの説明を示します。

フィールド 説明
名前 為替レート プロバイダーの名前。
キー プロバイダーで必須となる各コンフィギュレーション情報の固有 ID。 この情報は、[追加] ボタンをクリックしたときに追加する、各為替レート プロバイダーごとに自動的に追加されます。
各キーの情報。 この情報は、[追加] ボタンをクリックしたときに追加する各為替レート プロバイダーごとに追加されます。

現在の通貨為替レートをインポート

為替レートの提供元から為替レートをインポートし、通貨の為替レートページで設定することができます。 現在の通貨為替レートのインポートページを使用して、為替レートをインポートします。 次の表は、インポート プロセスを正常に完了するために必要なフィールドの説明を示します。

フィールド 説明
為替レート タイプ 為替レート タイプ。
為替レート プロバイダー 為替レート プロバイダー。
現在のインポート このパラメーターは今日の日付、または日付範囲でインポートするかを管理します。 日付範囲を使用する場合、開始日と終了日を入力または選択します。
必要な通貨ペアの作成 このチェック ボックスは、インポートされた通貨ペアが存在しない場合、通貨ペアの自動作成を管理します。 このオプションは、一部のプロバイダーでは使用できない場合があります。
既存の為替レートを上書きする このチェック ボックスは、特定の日付の為替レートが既に存在する場合に、通貨ペアの既存の為替レートの更新を管理します。 このチェック ボックスをオフにすると、別の為替レートが既にある場合、特定の日付の為替レートはインポートされません。
祝祭日にはインポートしない このチェック ボックスは祝祭日の日付の為替レートのインポートを管理します。 たとえば、このチェック ボックスを選択し、為替レートのプロバイダーとして、欧州中央銀行を使用すると、現在の法人に関連する祝祭日の為替レートは更新されません。 このオプションは、一部のプロバイダーでは使用できない場合があります。