主勘定タイプ

主勘定タイプにより、勘定科目表での主勘定の使用方法が決まります。

主勘定 - 勘定科目表ページで主勘定を作成する場合には、主勘定タイプを選択する必要があります。

  • [損益]、[収益]、および [経費] – これらの主勘定は転記勘定として使用されます。 損益勘定は、収益と経費の記録に使用されます。 すべての損益勘定、収益勘定、および経費勘定の合計で期末結果が決まります。 [収益] と [経費] の主勘定には、[損益] の主勘定と同じ機能があります。
  • [貸借対照表]、[資産]、[負債]、および [株主資本] – これらの主勘定は、法人が所有するか、支払う金額を記録するために、トランザクション勘定として使用されます。
  • [合計] – これらの主勘定は、勘定指定範囲を追加するために使用されます。 勘定指定範囲ページを使用して、[合計] 主勘定タイプをコンフィギュレーションすると、すべての勘定指定範囲のグループの残高の合計が表示されます。 [合計] 勘定タイプを選択して、[全般] タブの [合計] をクリックすることで、勘定指定範囲ページにアクセスします。
  • [レポート] – これらの主勘定は、ブラジルのみで財務諸表レポートに使用されます。