勘定科目表名の計画

この記事では、組織の勘定科目表を計画する際に役立つ情報を提供します。

組織の財務情報を追跡および管理するには、勘定科目表を設定します。 勘定科目表は、財務フレームワークを定義する勘定の集合です。 これらの勘定のトランザクションをさらに追跡するためには、財務分析コードと呼ばれる区分を追加します。 たとえば、経費勘定には、部門、コスト センター、および目的という財務分析コードが含まれる場合があります。 ユーザー定義のルールは、勘定構造や詳細なルールとも呼ばれ、これらの財務分析コードを主勘定およびその他の財務分析コードに関連付ける方法や、トランザクションを入力する方法を指示します。

勘定科目表は、法人の一般会計科目の構造化された一覧です。 この一覧は、所轄官庁や株主への財務報告を準備するために使用されます。 勘定はタイプごとにグループ化され、さらに大きなカテゴリに集約されます。 最も大きなレベルでは、収益および費用 (営業勘定) と資産および負債 (残高勘定) にグループ化されます。

勘定科目表は、組織のすべての法人によって共有および使用できます。 法人に使用される勘定科目表は、[元帳] ページで定義されます。

組織の勘定科目表の構成を計画するときは、次のようなさまざまな要因を考慮する必要があります。

  • 組織が拠点を置く国または地域の報告要件
  • 自分の法人のレポート要件
  • 外部組織または組織にとって必要な細分化の程度

勘定科目表ページで、勘定科目表を作成します。 主勘定は、勘定科目表ページまたは主勘定ページから作成できます。 自分の主勘定には、勘定科目表の区切り文字として使用される特殊文字を使用しないでください。 勘定科目表の区切り記号と同じ特殊文字を使用した場合、動作が不安定になることがあります。また、勘定と分析コードの組み合わせを入力するとき、常にルックアップまたはポップアップを使用する必要がある場合があります。 詳細については、「主勘定の作成」を参照してください。

主勘定を主勘定カテゴリにリンクし、既定の財務諸表を変更を加えずに使用することをお勧めします。 したがって、より迅速かつ簡単にレポートを作成および管理できます。

勘定構造のコンフィギュレーション ページを使用して、勘定構造を作成します。 勘定構造では、有効な組み合わせを定義します。 組み合わせは、主勘定と共に、勘定科目表を形成します。 詳細については、「勘定構造の作成」を参照してください。

法人の上書き

主勘定には、ある法人に対して有効でないものもあり、特定の期間だけ有効なものもあります。 このシナリオでは、[法人の上書き] セクションを使用して、主勘定を保留にする法人の指定、法人のオーナーの指定、分析コードの有効期間の指定ができます。 共有レベルの上書きを、法人レベルの上書きより強い制限にすることはできません。

詳細については、次のトピックを参照してください。「財務分析コード」 「詳細ルール構造の作成と割当