転記の定義

この記事では、転記の定義に関する情報と、それらを定義およびリンクする方法について説明します。 サポートされている転記タイプと文書については、転記プロファイルの代わりに転記の定義を使用して、勘定項目の主勘定および財務分析コードを分類できます。

サポートされている転記タイプと文書については、転記プロファイルの代わりに転記の定義を使用して、勘定項目の主勘定および財務分析コードを分類できます。 サポートされる文書および転記タイプは、トランザクションの転記の定義ページで表示できます。

転記の定義の使用を開始するには、総勘定元帳パラメーター ページで転記の定義の使用オプションを選択します。 転記の定義を使用する場合でも、元のエントリの転記プロファイルと、サポートされない転記タイプとドキュメントを定義する必要があります。

転記の定義は、発注書の債務会計および購買要求の債務会計をサポートするために使用する必要があります。

転記定義の定義

転記の定義ページを使用すると、照合基準を指定し、一致が発生したときに生成するエントリを定義できます。 照合基準は、勘定配布として元のエントリに対して評価されます。

転記の定義ページで、優先順位番号をエントリ行に割り当てて、行の評価順序を制御することもできます。 最も優先順位の低い番号を持つ行が最初に評価されます。 たとえば、優先順位が 1 であるすべての明細行が評価され、次に優先順位が 2 の行が評価されます。 一致が見つかった場合、他の基準は無視されます。 また、発生元トランザクションに一致するグループの基準のみで生成されたエントリが作成されます。

転記の定義のテスト ウィザードを使用すると、転記の定義を検証できます。 転記の定義に対するサンプルの元のエントリを定義すると、生成されたエントリが表示されます。

転記の定義のバージョンは、有効日と併用することができます。 たとえば、転記の定義の将来のバージョンを作成して、新しい会計年度の別の勘定科目に転記することができます。

トランザクションの転記の定義ページを使用すると、転記の定義をトランザクション タイプに割り当てることができます。

転記の定義のリンク

転記の定義を作成すると、1 つの転記の定義から別の転記の定義にリンクすることができます。 リンクした定義の基準が現在の転記の定義の基準に追加されたと見なされます。 別の定義に対して基準の行を既に入力した場合には、これにより、転記の定義ページのエントリ クイック タブに基準を再入力する必要がなくなるため、時間を節約できます。

図やテーブルに、使用する可能性があるリンクを含めます。 現在の転記の定義との競合を回避するために、リンク先の転記の定義の行がすべて一意であることを確認します。

転記の定義でリンクを作成するときに、次の制限が適用されます。

  • 転記の定義は、他の転記にリンクするか、別の転記の定義からにリンクされるかのいずれかにすることができますが、両方のリンクを設定することはできません。 ただし、転記の定義は、複数の転記の定義にリンクすることができます。
  • 同じモジュールにある転記の定義の間でのみリンクを設定できます。
  • 転記の定義をトランザクション タイプに割り当てることができますが、トランザクション タイプは転記の定義と同じモジュールになければなりません。 トランザクションの転記の定義ページを使用して、トランザクション タイプがどのモジュールにあるのかを確認します。

詳細については、「転記の定義例」を参照してください。