為替手形の裏書による仕入先への支払

日本では、多くの場合、為替手形 (BOEs) は仕入先に裏書きされ、支払方法として使用されます。 Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations, Enterprise Edition の BOE のリスト ページでは、BOE のライフ サイクルの集中管理を提供します。

Finance and Operations の BOE の管理を開始するには、受取手形振出仕訳帳を開きます。 このタイプの仕訳帳を転記すると、BOE ステータスが振出の場合、次のステージの BOE のライフ サイクルを管理できます。

仕入先に対する BOE の裏書

リスト ページには、振り出された顧客の BOE が表示されます。 一つ以上の仕入先に裏書きする BOE を選択できます。 ただし、複数の BOE がオンの場合、それらに裏書きする前に、振出ステータスがすべてに必要です。 会計伝票は裏書きした BOE の勘定と買掛金勘定の残高の変更を記録するために生成されます。

仕入先トランザクションの決済

BOE が裏書きされると 裏書済ステータスに変更されます。 買掛金勘定のユーザーが仕入先請求書に対して、仕入先トランザクションを決済できます。 仕入先トランザクションの決済時に BOE 自体のステータスは変更されません。

裏書済 BOE の決済

BOE のライフ サイクルは、BOE が支払われる、または期限切れになった時点で終了します。 裏書きした BOE の場合、BOE を選択し、裏書を決済できます。 会計伝票は裏書きした BOE の勘定と振出済 BOE の勘定の残高の変更を記録するために生成されます。

裏書の引当

BOE の状態が裏書済の場合、裏書引当を行うことができます。