日本の郵便番号のインポート

日本では、日本郵便局が Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations, Enterprise Edition にインポート可能な郵便番号コード ファイルを提供します。 このトピックでは、郵便番号をインポートするためのプロセスについて説明します。 この例では、デモ データの会社 JPMF を使用します。

郵便番号コード ファイルを準備します。

  1. 日本郵便局のホーム ページからコンマ区切り値 (CSV) ファイルをダウンロードします: http://www.post.japanpost.jp/zipcode/download.html
  2. ファイルを編集するために開き、列見出しのために次の行を追加します。

     LocalAuthCode,OldZipCode,ZipCode,PrefectureName,KanaCity,KanaStreetName,State,City,StreetName,MoreZipCodeFlag,SmallerAreaFlag,StreetChomeFlag,MoreStreetFlag,UpdateFlag,Reason
    
  3. ファイルで、7 桁に満たない郵便番号コードには前にゼロを追加します。 (7 桁に満たない郵便番号コードは認められません。)

データのインポート プロジェクトを作成し、データをインポートします。

  1. [システム管理] > [ワークスペース] > [データ管理] の順に移動します。
  2. [インポート] をクリックしてインポート プロジェクトを作成します。
  3. 名前を入力し、[日本の郵便番号] をエンティティの名前として選択します。
  4. データ ファイルをアップロードします。
  5. [インポート] をクリックします。
  6. インポート プロセスの結果を検証します。