プロジェクトの予測と予算

Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations, Enterprise エディションでは、プロジェクトの予測とプロジェクトの予算作成という 2 種類の方法でプロジェクトの管理と制御が行えます。

組織に運用上の分析視点があり、特定のトランザクションからの収益と費用が重視されている場合は、プロジェクトの予測を使用します。 財務金額が組織で重視されている場合には、プロジェクトの予算作成を使用します。

プロジェクトの予測およびプロジェクトの予算作成では、ともにトランザクションの予測金額を保持する予測モデルを使用します。

それぞれの方法には、利点があります。 ただし、組織の方法を選択する前に、次の点を考慮する必要があります。

プロジェクトの予測 プロジェクトの予算作成
期間割り当て 明示的に会計年度期間にトランザクションを割り当てることはできません。 代わりに、予測および予測の制御はプロジェクトの実施期間に対して行います。 予測は特定の日付に基づいているため、その日付から期間を推測する必要があります。 プロジェクト全体または会計年度期間にトランザクションを割り当てることができます。 期間に割り当てる場合は、残金を次の会計年度期間に繰り越すことができます。
トランザクションの表示 予測トランザクションは、階層に関係なく、すべてのプロジェクトに関する会社全体の予測が表示される予測フォームで確認できます。 特定のプロジェクトを絞り込むには、データをフィルタ処理する必要があります。 1 つのプロジェクト階層に対する予算トランザクションを表示できます。 したがって、親プロジェクトまたは下位プロジェクトのトランザクションの詳細を表示できます。
トランザクションの変数 予測トランザクションを入力するときに、実際のトランザクションに関するすべての属性を使用できます。 そのため、より詳細な予測を入力できます。 たとえば、数量、労働者、品目、または明細行プロパティの詳細を入力できます。 予算の詳細を入力するときに、金額、カテゴリ、および活動のみ使用できます。
セキュリティ 予測は予測フォームに入力するトランザクションに基づいており、プロセス制御メカニズムは関与しません。 予測フォームへのアクセス許可を持つ作業者は、いずれも承認なしで情報を変更できます。 予算作成には、管理の変更と変更履歴の記録が行えるワークフロー システムを使用します。
エントリ タイプ 予測トランザクションは、単位数、コスト、および販売単価に基づいています。 予算の詳細は金額がベースになっており、コストと収益に振り分けられます。
予測モデル 個々の予測はモデルに関連付ける必要があるため、複数の予測モデルを作成して下位モデルも設定できます。 プロジェクトの予算は、予算作成に使用されている予測モデルのみに作成できます。 予測モデルが少ないほど、予想の一貫性を高めることができます。
コストの超過 コストの超過を引き起こすトランザクションの入力を許可するかどうかのみ指定できます。 プロジェクトの予算作成では、ユーザーがさらに管理オプションを使用できます。 警告と超過を許可できます。
制御 予測管理は予測下方修正を使用して実行します。 実際の金額は、監査証跡なしで予測トランザクションの残高から差し引かれます。 このため、実際のトランザクションがどこで行われたかの追跡がさらに困難になります。 プロジェクトの予算管理では、実際の金額は予算残高金額から差し引かれます。 このため、明確な監査証跡が行えます。

プロジェクト予測

プロジェクトの予測を使用すると、各トランザクション タイプの予測フォームに予測トランザクションを入力することができます。 予測トランザクションには、たとえば、明細行の収益性、明細行の属性、作業者、または説明など、実際のトランザクションで使用できる属性をすべて使用できます。 また、コストを負担してから顧客に請求するまでの時間も予測できます。

プロジェクトの予測トランザクションは、単位と金額に基づいています。

各プロジェクト予測を、予測モデルに関連付ける必要があります。 予測トランザクションを入力するときに、予測モデルが自動的に表示されます。 予測モデルは、予測トランザクションのコンテナーとして機能します。

モデルの下位モデルとして予測モデルを指定できます。 これにより、地域、期間、または部門別で予測することができます。 モデル内の予測トランザクションは、コピーして新しいモデルを作成できるほか、一般会計に移動することもできます。 予測とモデルは 1 対 1 の関係にあるため、各予測モデルが個別のプロジェクトの予算となります。

予測モデルでは、プロジェクトの制御メカニズムとして予測下方修正を使用できます。 予測下方修正を使用すると、実際のトランザクションによって予測トランザクションの残高が下方修正されます。 ただし、予測下方修正は階層内の最上位プロジェクトに適用されるため、予測の変更をすべて把握することはできません。 たとえば、作業者が下位プロジェクトに関連付けられている場合、作業者の実際のトランザクションは親プロジェクトに転記されます。 これによって、予測金額を下方修正したトランザクションが、どの下位プロジェクトのどのトランザクションなのか簡単に判断できないため、変更の追跡が難しくなる場合があります。 したがって、使用する予測下方修正の予測モデルのコピーを作成することをお勧めします。 レポートを使用して、元の予測を確認できます。

プロジェクト予測の改訂、コピー、削除、または一般会計の予算への転送が行えます。 ただし、プロセスの制御はありません。 予測フォームへのアクセス許可があれば、すべての作業者が確認なしで改訂できます。

  • 改訂 – 元のエントリを作成したフォームと同じフォームで予測トランザクションを改訂できます。
  • コピーまたは削除 – 予測トランザクションをコピーする場合は、予測モデルのトランザクション明細行を別の予測モデルにコピーします。 予算を削除する場合は、予測モデルから予測トランザクションを削除します。 コピーまたは削除する予測トランザクションを制限するには、特定のトランザクション タイプおよび日付を選択します。 これにより、予測の特定部分のみをコピーまたは削除できます。
  • 転送 – プロジェクト予測を一般会計の予算に転送するには、予測モデルの予測トランザクションを一般会計の予算に転送します。 上書きできるトランザクションは、プロジェクト予測を転送する一般会計で以前に予算に転送したトランザクションです。

プロジェクト予算

プロジェクトの予算作成は、予測モデルとの連携が可能な反面、予測作業より簡単に行える方法です。 プロジェクトの予算作成では、元の予算の詳細および修正用のエントリ フォームを使用し、金額、カテゴリ、または活動のみに基づいて予測が行えます。

プロジェクトの予算作成では、元の予算と修正内容をプロジェクト ワークフローに送って認証を申請する必要があります。 ワークフローを使用すると、プロセスの管理を強化できるうえ、変更履歴レコードを作成できます。

プロジェクトの予算作成は、一般会計の予算作成と似ていますが、設定がより迅速かつ簡単です。 番号順序や通貨など、一般会計の予算作成時の多くのオプションは、プロジェクトごと個別に設定する必要はありません。

プロジェクトの予算作成は、元の予算と残りの予算という 2 つの予測モデルに自動的に関連付けられます。 したがって、予測モデルに基づくレポートで予算データを使用できます。 プロジェクトの予算が作成されると、関連するモデルに基づいた予測トランザクションが作成され、レポートおよび管理業務に使用されます。

予測モデル

予測モデルは単層階層です。 これは、1 つのプロジェクト予測が、1 つの予測モデルに関連付ける必要があることを示します。

プロジェクトの予測を使用すると、下位モデルとしてモデルを特定できます。 これにより、部門、期間、または地域別で予測を作成することができます。 たとえば、1 年間の予測モデルを作成でき、地域の責任者が提出する北東、南東、北西、および南西地区の予測に対して下位モデルを作成できます。 さまざまなオプションを選択することで、合計予測別または下位モデル別の情報を確認できます。