顧客と製品の収益性の評価

重要

このトピックは、Dynamics 365 for Retail、Dynamics 365 for Finance and Operations Enterprise Edition、および Dynamics 365 for Operations に適用されます。

この記事では、アクセスしたり、参照したり、Microsoft Dynamics 365 for Retail データから顧客と製品の収益性についての理解を深めるために、メモリ内およびリアルタイム分析を使用する方法について説明します。

Dynamics 365 for Retail の一部として、ユーザーは、次の基準の 1 つに基づいて、組織階層のさまざまなレベルで上位顧客 (10 ~ 100) の収益性を調査できます。

  • 売上金額
  • 件数
  • 売上総利益率
  • 利益幅の割合

この評価に関しては、次の場所のいずれかから開くことができる、上位の顧客レポートをすぐに使用できます:

  • [小売店舗管理] ワークスペース > [小売] > [チャンネル] > [小売店舗管理] > [レポート] > [上位の顧客レポート]
  • [照会とレポート] セクション > [小売] > [照会とレポート] > [売上レポート] > [上位の顧客レポート]

同様に、ユーザーは次の基準の一つに基づいて、組織階層のさまざまなレベルで上位製品 (10 ~ 100) の収益性を調査できます:

  • 売上金額
  • 件数
  • 売上総利益率
  • 利益幅の割合

この評価に関しては、次の場所のいずれかから開くことができる、[上位製品] レポートをすぐに使用できます:

  • [小売店舗管理] ワークスペース > [小売] > [チャンネル] > [小売店舗管理] > [レポート] > [上位製品レポート]
  • [カテゴリと製品の管理] ワークスペース > 小売 > 製品とカテゴリ > 小売店舗の管理 > レポート > 上位製品レポート
  • [照会とレポート] セクション > [小売] > [照会とレポート] > [売上レポート] > [上位製品レポート]