コール センターのカタログ

重要

このトピックは、Dynamics 365 for Retail、Dynamics 365 for Finance and Operations Enterprise Edition、および Dynamics 365 for Operations に適用されます。

この記事は、Microsoft Dynamics 365 for Retail でのカタログのコール センター固有の機能について説明します。

コール センターで、顧客に提供する製品を識別するために小売製品カタログを使用できます。 コール センターは、通常、印刷したカタログを使用します。 印刷したカタログのデザインと生産は、Dynamics 365 for Retail の範囲外で処理されます。 ただし、オンライン小売カタログの設定で使用するのと同じページを使用して、カタログのデジタル フォームを作成および格納できます。 カタログを作成する前に、製品の品揃えを設定し、コール センターにその品揃えを割り当てる必要があります。 これらの品揃えから製品を選択して、カタログに製品を追加します。 製品がカタログに追加され、カタログが完成したら、カタログを検証してデータを確認する必要があります。 それから、確認および承認のためにカタログを送信する必要があります。 カタログが承認されたら、公開できます。 コール センターのカタログが作成されたら、カタログが発行される時にカタログ データのスナップショットを取ることができます。 このスナップショットの機能により、カタログが後で変更および更新されても、カタログの特定のバージョンにアクセスできるようになります。 コール センターのカタログは、次のオプション機能を含めるように設定できます。

  • [ソース コード] – ソース コードは特定のカタログ メーリングへの顧客の応答を追跡するために使用されます。
  • [無料製品] – 追加料金なしで顧客の注文に含まれる製品です。 これらの製品は、カタログのソース コードが注文に入力されると自動的に注文に追加されます。
  • [スクリプト] – スクリプトは販売注文が作成されるときにコール センターの作業者が顧客に読むテキストです。 スクリプトには、あいさつまたは購買提案を含めることもできます。
  • [ページ レイアウト] – ページのレイアウトは印刷したカタログの製品のページ位置を示します。 この情報は、カタログ領域の分析レポートに使用されます。