コール センターの機能

重要

このトピックは、Dynamics 365 for Retail、Dynamics 365 for Finance and Operations Enterprise Edition、および Dynamics 365 for Operations に適用されます。

この記事は、Microsoft Dynamics 365 for Retail でのコール センターの販売機能の概要を示します。

Dynamics 365 for Retail は、小売チャンネルのタイプとしてコール センターもサポートします。 コール センターでは、作業者が電話で顧客の注文をとり、販売注文を作成します。 コール センター機能には、電話で注文を受け付けて、注文処理プロセス全体の顧客サービスの処理を容易にするための機能が含まれています。 たとえば、コール センターの作業者は、販売注文に支払い情報を直接入力でき、注文を送信する前に請求金額と支払の詳細な集計を表示できます。 作業者は価格決定を制御するための選択肢を持っており、[販売注文] ページの顧客、製品、および価格に関するさまざまなデータにアクセスできます。 また、コール センターには、顧客履歴と注文の状態を追跡するために強化された機能もあります。 各コール センターは、独自のユーザー、支払方法、価格グループ、財務分析コード、配達のモードを使用できます。 コール センターを作成するとき、これらのオプションをコンフィギュレーションできます。 また、[コール センター] ページを使用して、コール センター固有の次の機能グループを有効または無効にできます。

  • [注文完了] – このグループには [販売注文] ページの支払いおよび注文完了に関連する機能が含まれます。
  • [主導販売] – このグループにはソース コード、スクリプト、カタログ要求に関連する機能が含まれます。

コール センターの設定でこれらの機能を有効にすると、コール センターに関連付けられたユーザーは [販売注文] ページを使用できます。 これらの機能の多くは、使用する前に追加の設定が必要です。 ユーザーがコール センターの注文を作成する前に、コール センターのユーザーとしてそのユーザーをコール センターに追加する必要があります。 この手順は、コール センターのチャンネル固有のコンフィギュレーションと機能を有効にします。 次に使用できる機能の例を示します :

  • ガイド販売は、販売員が注文を取る時に手助けになるテレセールスのスクリプトおよび製品画像のコンフィギュレーション オプションを提供します。
  • 販売員が少なくとも 1 つの支払方法をキャプチャするまで注文は完了されません。
  • アップセルおよびクロスセル ルールは、顧客に特定の製品を販売促進するよう販売員を促すようにコンフィギュレーションできます。
  • 販売員は顧客が注文するカタログのソース コードを取得できます。
  • 販売員は、注文に小売業者がクーポンを追加できます。
  • 販売員は連続プログラムを販売できます。
  • 注文が処理される前に追加調査が必要であることを示す場合は、手動または自動で注文を保留にすることができます。