コール センターのカタログ作成

重要

このトピックは、Dynamics 365 for Retail、Dynamics 365 for Finance and Operations Enterprise Edition、および Dynamics 365 for Talent に適用されます。

この記事は、コール センターのカタログを作成するプロセスの概要を提供します。

コール センターで、顧客に提供する製品を識別するために小売製品カタログを使用できます。 コール センターは、通常、印刷したカタログを使用します。 印刷したカタログのデザインと生産は、Microsoft Dynamics 365 for Retail の範囲外で処理されます。 ただし、オンライン小売カタログの設定で使用するのと同じフォームを使用して、カタログのデジタル フォームを作成および格納できます。 カタログを作成する前に、製品の品揃えを設定し、コール センターにその品揃えを割り当てる必要があります。 これらの品揃えから製品を選択して、カタログに製品を追加します。 製品がカタログに追加され、カタログが完成したら、カタログを検証してデータを確認する必要があります。 それから、確認および承認のためにカタログを送信する必要があります。 カタログが承認されたら、公開できます。 コール センターのカタログが作成されたら、カタログが発行される時にカタログ データのスナップショットを取ることができます。 このスナップショットの機能により、カタログが後で変更および更新されても、カタログの特定のバージョンにアクセスできるようになります。 コール センターのカタログは、次のオプション機能を含めるように設定できます。

  • ソース コード – 特定のカタログ メーリングへの顧客の応答を追跡するのに使用するコード。
  • 無料製品 – 追加料金なしで顧客の注文に含まれる製品。 これらの製品は、カタログのソース コードが注文に入力されると自動的に注文に追加されます。
  • スクリプト – 販売注文が作成されるときにコール センターの作業者が顧客に読むテキスト。 スクリプトには、あいさつまたは購買提案を含めることもできます。
  • クロス セリングまたはアップ セリングの品目 - 特定の製品が注文に追加されるときに提案として表示します。

これらのオプションは、カタログの承認前および公開前に設定する必要があります。

必要条件

始める前に、次の設定手順を実行する必要があります。

  • 製品および製品の品揃えを設定します。
  • 小売製品を設定します。
  • 品揃えを設定します。
  • コール センターを作成します。
  • コール センターを設定します。
  • 組織階層にコール センターを追加します。
  • 組織階層を作成または変更します。

カタログの作成

まずカタログを作成し、カタログに製品を追加し、製品の属性を確認し、更新します。

カタログの検証

カタログを設定したら、検証する必要があります。 検証プロセスでは、チャンネル属性および製品属性に必要なデータがすべてそろっており、有効であり、カタログを公開できることを確認します。

レビューと承認のためにカタログを送信

カタログが検証されたら、確認および承認のためにカタログを送信できます。 カタログは、公開する前に承認される必要があります。 カタログが自動的に承認されるか、またはカタログが手動承認を要求するようにワークフローをコンフィギュレーションできます。

オプション: ソース コード、無料製品およびスクリプトを追加する

また、コール センターのカタログに次の項目を追加できます。 これらの項目はオプションです。

  • 印刷カタログを提供する会社は、ソース コードを使用して、個々のカタログに対する顧客の応答を追跡できます。 ソース コードは、多くの場合、カタログの裏面に印刷され、顧客が購買を行うときに販売注文に入力されます。 カタログにソース コードを追加するには、最初にターゲット マーケットを作成する必要があります。 ターゲット マーケットは通常、所有または借用しているメーリング リストにマップされています。
  • 無料製品は、顧客がカタログを参照して注文をするときに無料で含まれる促進品目です。
  • スクリプトは、カタログ内のカタログまたは製品のコンテキストで、作業者から顧客への働きかけを補助するために使用できます。

カタログの公開

コール センターにカタログを公開して、カタログの製品情報を確定します。 公開は、カタログが、実行したい任意の追加アクションへの準備が整っていることを示します。 たとえば、印刷されたカタログを作成できます。 カタログを手動で公開することも、バッチ処理を使用してスケジュールに基づいて公開することもできます。 カタログを公開する前に、カタログが検証され、承認される必要があります。 発行された後にカタログを変更するには、カタログを取り消して再発行できます。